訳アリの食品や日用品を安く買って社会貢献しよう

社会・政治・法

社会・政治・法

前近代の人々は理論家を尊敬し技術者を蔑視していた

前近代の現場 現代の日本では、技術者や臨床医は尊敬されている職業でしょう。しかし、前近代の殆どの社会では、その多くは蔑視されていたと考えられています。 そこには理論や思想を探究・創造するのがエリートの仕事で、現場で作ったり執刀したり...
社会・政治・法

社会の問題か個人の問題か

問題の根源はどちらにあるのか 社会でたびたび起きる事件の動向を科学的な観点から分析するときに必要なのは、根本的には社会(環境や組織など)に問題があるのか、それとも個人(資質や能力)に問題があるのかを見極めることです。 結論から言うと...
社会・政治・法

右翼と左翼の本質をわかりやすく解説

右翼と左翼の本格的な理解へ 右翼と左翼、ニュースでよく聞く言葉ですね。保守派(≒右翼)と革新派(≒左翼、リベラル)の対立もほとんど似たようなものです。 私としては、右翼と左翼についてわかりすいという視点だけでなく本格的に理解してもら...
社会・政治・法

現世の理不尽さは来世の希望になるとしたら経済学は通用しない

効用の意味 経済学では「効用」という語を頻繁に使います。 効用とは、人間が財・サービスから得られる満足度を意味します。 当たり前ですが、この「効用」という概念、通常は現世でこそ通用するものであって来世という極めて不確実な世界の...
社会・政治・法

父子間のDNA鑑定の義務化は公権力の性質を考えると無理がある

父親は子どもとの真の親子関係に確信をもてない ごく当たり前のことですが、女性が子どもを産めば、その女性はその子の血縁上の母親にほかなりません。 代理出産だけは例外です。 しかし、父親にとっては自分と子どもの間では親子関係に確証をもてな...
社会・政治・法

禁酒法のような過剰な正義は害悪の方が大きいという教訓

酒類はすべて禁止 かつてアメリカ全土で施行された禁酒法(ボルステッド法)という法律をご存知でしょうか。 この法律では一定のアルコール分を含む飲料の醸造と販売と運搬がすべて禁止とされました。 禁酒法の制定へと至った動機としては、...
社会・政治・法

陶片追放(オストラシズム)という興味深い制度

独裁者の出現を防止 オストラシズムとは、古代ギリシャで行われていた独裁者の出現を防止する制度です。 具体的には、市民は政治運営にとって危険だと感じる者を陶器のカケラ(陶片)に記し、それを一定数獲得してしまった者は10年間国外を追放さ...
社会・政治・法

民主主義の対義語から民主主義の意味を探る

民主主義の原義 民主主義は「democracy」の訳語とされています。 democracyの元となった言葉はギリシア語のdemokratiaです。demo(s)は「人民」を意味し、kratiaは「権力・支配」を意味します。つまり民主...