筆者が運営する別サイト「株式投資の基礎王国」は社会勉強にもなります

トップページ

当サイトについて

当サイトは社会やビジネスについて解説したり、意見を示したりするサイトです。なるべくわかりやすく、そして興味を引き出せるように記していきます。

よろしくお願いいたします。

管理人の著書

高校生からわかる社会科学の基礎知識当サイトの管理人による著書『高校生からわかる社会科学の基礎知識』(ベレ出版)全国展開中。こちらは自費出版とかじゃなくて出版社と契約して出版にこぎつけたものです。

高校の科目でいう政経と現社と世界史と日本史と地理と倫理が融合したような感じです(政経と世界史が多め)。

こういうタイプの本はめったにないと思うので超オススメです。

管理人へのご連絡先はこちら⇒info@kabuo.info

社会科学の簡単な意味

さて、このサイトを訪れた方は社会(法律・経済・政治)にご興味のある方が多いと思います。

そもそも社会とは人と人の関係から成り立つ領域を意味します。

具体的には法は人と人の関係を律し、経済は生産・交換を通じた人と人の関係から成り立ち、政治は人と人の権力関係を意味します。

これらを理屈っぽく探究するのが社会科学という分野です。

たとえば選挙を例にとると、公職選挙法は候補者そのものや候補者と有権者の関係を律します。

一方、経済学的な観点からは、日本社会は人材が流動的ではなくサラリーマンが選挙へ立候補することはリスクが大きいため、議員は世襲や芸能界出身の割合が多いなどと分析されます。

政治学は総合的に選挙を取り上げたり、その結果や戦略について学際的な分析をします。

※社会科学人文科学の違い

筆者としては、社会科学が人と人との関係性を重視するのに対して、人文科学は人間そのものや人間の創造性を重視すると考えています。人間の思考や認識を体系化した哲学、人間の所産を研究する宗教学と芸術学と文学は人文科学の典型です。

しかし、歴史学は単体としては人文科学に位置づけられやすいですが、歴史は人との人との関係性でもある以上、社会科学全般で使われます。哲学についても近代法や近代経済学の源流にはかなり強い影響を及ぼしていたりします。

投資しないとしても社会勉強になる株式投資

株式投資の基礎王国

上の画像は筆者が運営する別のサイト「株式投資の基礎王国」です。こちらでは株式投資についてわかりやすく解説しています。

そもそも社会科学は学術的な分野です。しかし、学生時代は社会科学を専攻されていた方でも社会人になると学術の世界に別れを告げて実務(ビジネス)の方に力を入れる方がほとんどだと思います。

そんなビジネスと学術の中間にあるのが株式投資です。株価は法律や政治の動きも大いに関係するように社会性の強い分野といえるからです。

また市場価格や財務諸表、美人投票、プロスペクト理論などは経営学や経済学の領域といえます

それに株式投資というのは多くの人間が利益を求めて行動する分野です。多くの人間が共通の目的をもって動くと、そこに法則が見出せる場合があるように、株式投資にも法則性や社会性が見出せるのです。

株式投資と聞くと怖いとか、ギャンブルみたいなもので性に合わないと考えている人も多いでしょうが、それは偏見かもしれません。

また仮に株式投資をやらないとしても、社会人になると従業員持株会に入ったり投資の勧誘も受ける以上、社会常識として株式投資を知っておくのも悪くはないでしょう。

「株式投資の基礎王国」はトップページの下部にあるもくじをたどっていただくと、株式投資の世界が入門書のような形でわかる構成になっています。もちろん無料です。

株式投資の基礎王国の内容は出版社の審査に落ちた商業出版に向けた原稿にある。つまり、筆者は出版契約をとれなかったためサイトで公開することにしたんだ。
タイトルとURLをコピーしました