訳アリの食品や日用品を安く買って社会貢献しよう

社会にこだわる管理人のプロフィール

管理人の簡単なデータ

居住地:首都圏のどこか

年齢:30代

長所:よく気がつく

短所:緊張しやすい

趣味:テニス、将棋、管理釣り、カラオケ、90年代のアニメ・マンガ・音楽の鑑賞、鉄道旅行、模型いじり(読書は趣味ではなく仕事)

尊敬する人:テニスのロジャー・フェデラー、将棋の羽生永世七冠、植松伸夫(ファイナルファンタジーシリーズの作曲者)

好きな言葉:Godiego(God-I-Ego=神と私のエゴイズム、go-die-go=七転び八起き)

トラウマ:公務員試験(筆記合格・最終面接落ち)、交通事故(親友が目の前で数メートル吹っ飛んだ)

次に当サイトの理念です。

社会科はやり方次第で面白くなる

当サイトの理念は「社会科はあなたの人生に大きく役立ちます」です。

しかし、「中高の社会科は無味乾燥としていてつまらなかったから役に立たない」と思っている人は多いでしょう。

私もかつてはそう思っていました。

ただ、よく考えてみると、それは教師の指導や教科書がつまらなかったのであって社会科が面白くないわけではないはずです。

実際、私にとって大学受験や公務員試験の社会科はつまらなかったですが、慶大在学中に学んだビジネス論や歴史論、社会学などはかなり面白いものでした。

そのときの考えをもとにしてつくり上げたのが

  • 本サイト「社会の杜」
  • 管理人のもう一つの運営サイト「株式投資の基礎王国」
  • 私の著書である『高校生からわかる社会科学の基礎知識』

の3つです。

これらのサイトや著書では「社会科が面白くなる」という要素もふんだんに入れてあります(関係ない記事もあります)。

私は、みなさまに社会科を面白く感じていただくために社会科に関する本を商業出版してしまうくらいですから、そこにかける熱量はかなりのものです。

出版するまで何のコネのなかった私にとって、1企画あたり数百万円の費用がかかる出版契約を取るのは大変でした。

そこで大変な思いをした以上は、著書やサイトの記述もできる限り充実させます。

東大生でさえも詰め込まれた暗記知識は忘れる

さて、社会科に関してここに興味深い現象があります。

今、YouTubeで「東大4年生や東大OBOGが数年ぶりにセンター試験を問いてみた(対策なし・無勉)」という類の動画を見てください。

私の知る限り、ほとんどの人は英語と国語の得点率は少し下がっているだけですが、社会科は大幅に下がっているというパターンが多いです。ホリエモンこと堀江貴文さんもそんな感じでした。

要するに、東大レベルの人でさえも詰め込んで暗記しただけの社会科の知識はほんの数年で忘れてしまうということです。

読解力はある程度残っていますが、社会科の忘れ去られようは注目に値します。

正直言って大学に入るときだけ苦労して覚えて、その後はすっかり忘れるだなんて徒労だと思います。

こういった動きに問題意識を強くもったのが当サイトの管理人である酒井峻一です。

社会科の改善へ

しかし、そうはいっても社会科の改善はとても難しいものです。

それでも改善の道があるとすれば、社会科の本質をつかむとともに、社会科に関する面白い記述をできるだけ多く読むということだと私は考えました。

社会科の本質というのは、社会は人と人の関係から構成されるということです。

その典型が「価格」です。

というのも、この世にあなただけ1人しか人間が存在しないとすると「価格」はまったくの無意味だからです。

価格は他人との取引のときに使う記号みたいなものですから、自分1人しかいなかったら意味がないのです。

もちろん、取引の相手が動植物では成り立つわけがありません。

そのため人間と人間の関係を意識するところに社会科の本質があるといえるのです。

  • 歴史⇒人と人の関係によってできた過去の事実(人がいない時代の考察は地学)
  • 法⇒人と人の関係を律するルール
  • 経済⇒人と人の交換関係
  • 政治⇒人と人の権力関係

こういった知識は著書でもたくさん示しています。

また、そこに描き切れなかったことや私の趣味については社会的な視点も交えて当サイトや「株式投資の基礎王国」で示しています。

今後もこんな私をよろしくお願いいたします。

当サイトに関連した企業やイベントの記事を書きます(東京周辺なら無料)。入門系の記事が得意です。info@kabuo.infoからご相談ください。

私は法律関係の内容も入っている本も商業出版しているように、法律やその他マナーを遵守します。

タイトルとURLをコピーしました