当サイト「社会の杜」のおすすめ記事のまとめ

ヴィーガンはなぜ社会の多数派になれないのか

野菜と肉 生活・教育
スポンサーリンク

主張が強くないヴィーガンもいる

ヴィーガンとは絶対菜食主義者を意味します。

要するに、肉や魚の類はもちろん、卵や乳製品など動物由来の食べ物を一切口にせず、また毛皮や革製品なども使用しない人です。

私個人は肉も魚も野菜もバランスよく食べます。

しかし、動物を食べることによる良心の呵責がまったくないわけではなく、人間の食料になる動物は人間が殺しているのですから(=動物には犠牲になっていただいている)「無駄な食べ残しはダメ」と考えるくらいです。

ここで気になるのは、個人の思想として菜食に走るのはよいとしても、一部のヴィーガンが他人にまで徹底的な菜食主義を強いろうとする姿勢ですが、彼らは社会の多数派になりきれていません。

今回はこのあたりを探ってみます。

栄養学

まず栄養学的に見ると「ヴィーガンは動物性脂肪をとらないので健康」と主張するタイプと、「絶対的な菜食主義は栄養バランスが偏っていてむしろ健康に悪い」と主張するタイプがいます。

最先端の栄養学の見地からいうと、この論争の決着はついていないようです。

ただ、人間は若い時期(肉体をつくる時期)と高齢期では好む食品や必要とする栄養が異なりますので、年代によって栄養バランスを変えるべきかもしれません。

生き物にも心があるという主張

次にヴィーガンの思想面です。

ヴィーガンの主張でとくに違和感をもつのは「動物にも心がある」という主張です。

要するにヴィーガンは「動物は生きたいという意思をもっているのだから、人間は動物を殺すな(食べるな)」といいたいのでしょう。

これに関して私は個人的に犬が好きで、犬を飼っていた経験もありますから「犬にも心がある」と思ったことがあります。

犬は親しい人が来ると尻尾をふって喜びますし、敵っぽい犬を見つけると尻尾を立てて怒りますから、犬に心があると思ってしまうのです。

同じように動物園を訪れると「動物にも心がある」と思うことはしばしばあります。

要するに、人間はペットとしての動物や動物園の動物には「心」を感じてしまうのです。

しかし、動物に心があるとすれば動物は他の動物を殺さないはずですが、野生動物は自分が生きるために他の動物を平気で殺します。

野生動物は人間とは違って毎日が「食うか食われるかの極限状況にいるから食べるのはOK」という説もあります。

これは、極限状況で人間が他の人間を食べても刑法にいう緊急避難によって許されるのと同じような理論。

しかし、ライオンは生きるために食べるのではなく新しい群れに入ったときに前のオスの子どもの存在を嫌って子殺しにおよびます。これは極限状況とはいえません。

人間が自分の子どもを殺したら殺人罪が適用されますが、野生のライオンは平気で子殺しにおよびます。

よくヴィーガンは屠殺場の惨さを批判しますが、それなら野生動物の子殺しは惨くないのでしょうか。

ヴィーガンは動物の権利を守りたいのなら野生動物の獰猛さや野生動物が罪に問われないことをまず批判すべきです。

要するに、ヴィーガンが主張する動物の温厚なイメージはペットや動物園の動物など人間が飼いならした末の人工的なイメージであって、野生動物はそんなに温厚ではないということです。

もし、野生動物が温厚だったら自然界ではすぐに絶滅してしまいます。

ヴィーガンは動物を殺すことに反対なのであれば、動物による動物殺しにも反対しなければ筋がとおりません。

しかしというか当然というべきか、現実のヴィーガンは動物による動物殺しは批判せず、肉魚を食べる人間ばかりを一方的に批判するため何とも中途半端な印象がぬぐえません。

日本人は文明化された社会で生きているからこそ「無駄に動物を殺すのはよくない」「野菜ばかりを食べていても生活できる」と思えるのであって、原始的な社会だったらそんな悠長なこと言ってられないよね。

人間のエゴ

私は犬好きですが、途上国にいるような野犬はこわいと思います。

途上国の野犬は致死率が100%ともいわれる狂犬病をもっている可能性が疑われるからです。

要するに、私がペットとしてかわいがっていた犬は人工的に飼いならした存在であって、野生としての犬はかわいがる対象ではないのです。

正直言ってそういう犬は駆除しなければならないでしょう。ここに人間が生き延びるためのエゴがあると言わざるを得ません。

ネズミにしても同じです。

某テーマパークはネズミキャラが信じられないほど大人気ですが、これも人工的なイメージの世界にすぎません。

現実のネズミは住宅に侵入して食べ物を荒らしたり、伝染病を媒介する人間にとって好ましくない動物だからです。

普通、一般家庭や水道の現場ではネズミを徹底的に駆除するものですが、ヴィーガンはネズミを駆除しなくても生きていけるのでしょうか。

人間は生き延びるだけでも間接的に動物を殺している

新薬の開発についても動物実験によって動物を大量に殺した末に優れた新薬を得られるわけですが、ヴィーガンは薬の効能を一切欲しがらないのでしょうか。

いや、ヴィーガンの多くは自分が病気にかかれば薬の効能を欲するでしょう。

農作物の生産にしたって害獣を駆除したところに成り立っています。

害獣を駆除せず、また農薬も使わない栽培方法では十分な量の農作物を生産できません。

そういえば、クジラは魚を大量に食べると聞く。それならば、希少ではないクジラは人間が捕食した方が海洋資源はバランスを保てるんじゃないかな。

つまり、単に肉魚を食べないというだけで人間は原罪(=他の動物を犠牲にしないと生きられない)から逃れられないのです。

革製品への批判について

それに革製品が批判されるのも違和感があります。

というのも、野生動物が捕食した際は食べられる部分だけ食べてあとはほったらかしにするわけです。

しかし、人間は動物の肉だけを食べるのではなく、骨をダシ汁として利用したり、皮を革製品として利用します。

「もったいない」の精神からいうと、肉だけ食べて捨てるよりも骨や皮を利用する方がよっぽど効率的で動物を思いやっていると思いませんか。

たとえば牙だけを目当てにゾウを殺すのは残虐であり、私も反対します。

しかし、生態系に問題ない程度に動物を殺して肉も皮も利用しつくすのは悪くないと思います。

まとめ

わたしも哺乳類のペットや動物園の動物が好きなので、ヴィーガンによる動物をいたわる優しい気持ちは理解できます。

しかし、野生動物の獰猛さ、野菜の生産における害獣駆除、新薬開発に伴う動物実験などを考慮すると動物の命は絶対的に保護されるべきとはいえないでしょう。

その延長として肉魚を食べることを考えてみてはいかがでしょうか。

ぜひとも世の中のバランスを考えて主義主張を展開してください。

バランス感覚があれば世の中の人は受け入れてくれると思います。

タイトルとURLをコピーしました