立地を選ぶ際に通勤との関係で心掛けるべきいくつものこと

男女差別の例と対策はさまざま【日本編】

男と女 ビジネス社会

日本社会で生きていると「これは差別だ」と思うことがたまにあるものです。

そこで今回は日本社会にはびこる男女差別について筆者(男)の意見と、筆者が見聞きした意見を箇条書き形式で見ていきましょう。

それは正しい意見もあれば間違っている意見もあるでしょうが、明らかに的外れな意見は省きましたので参考になるはずです。

スポンサーリンク

日本における男女差別の例と対策

なお筆者個人の意見は、男女差別の完全な是正は難しいのでたがいに補うしかないと考えております。

男女はそもそも身体のつくりが違うので、どうしてもそれに応じて制度や環境も違いをもたせるべきところがあるからです。

それではまず男が不利(不遇)になっているパターンから見ていきましょう。

以下は日本社会での差別が前提になっています。日本では差別にあたるパターンが、海外では差別と認識されないパターンもあるでしょう。

男が不利になっているパターン

  • 男性タレントが街ロケをしているとよく中高年の女性に無断で触られているけど、逆なら犯罪扱い

⇒昔、筆者が有名家電チェーン店の裏口で臨時スタッフとして入店手続きをとっていたところ、女性の係員からボディチェックを受けました。

でも、女性スタッフの入店時は男性の係員からボディチェックを受けることはまずないはず。

  • 災害時の救助で優先されやすいのは子どもと高齢者と女性とケガ人で、健常な現役男性は後回し

⇒災害時の救助は弱者優先が基本。そこで子ども、女性、ケガ人が優先されやすいわけです。

これは差別ですが、不合理といえるかは微妙なところ。

  • 映画館にレディースデーはよくあるけど、メンズデーはそれより少ない

男性の方が平均賃金が高いですし、映画のチケット代はたった数百円の差ですが、腑に落ちない感じの人は多いでしょう。

  • 女性限定のデザートを売る店がある

⇒筆者はスイーツが好きなので女性向けのスイートも食べたいと思うのですよ。

  • 女性が営業している個人規模のピアノ教室や料理教室では成人男性の参加は断られやすい

⇒これは不純な動機の男とのトラブルを避けるため。逆パターンはあまりないでしょうね。

  • 女性専用の更衣室はあっても男性専用の更衣室はない場合がある

⇒水着を見てもわかるように、男は裸の上半身を晒しても問題ないというのが普遍的な考え方ですからね。でも、男の中にも裸の上半身を晒したくないという人もいるはず。

  • 男性用の公衆トイレや浴場の掃除係は中高年の女性が多いが、逆はあまりいない

⇒最近では男性が女性トイレを掃除するというパターンも少し増えました。

  • 混雑したサービスエリアのトイレでは女による男性用トイレの使用が黙認されていたりする

⇒混雑していると一部のおばちゃんが男子トイレを使うんですよね。

  • いい歳した男性が実家暮らしをしていると、その女性版よりも肩身が狭い

⇒男の方が大学に進学させてもらえる率は高いですし、平均賃金も高いのでやむを得ないかな。

「専業主婦は許されるが、専業主夫はなんか許されないという風潮がある」というのもこれと通じるものがあります。

  • 新卒就活において男性は黒髪しか選択肢はないが、女性は地味な茶髪なら可の風潮がある

⇒明言されているわけではないのですが、そういう風潮がございます。まあ社会人の段階でもそういう風潮の企業は結構あります。

  • ホワイトカラーの男はネクタイの着用が義務付けられやすく、夏は暑い

⇒最近では軽装が普及しつつありますが、お堅い業種や営業職はネクタイ着用が基本です。

  • 父親が平日に1人で娘と一緒に公園にいると不審者扱いされたりする

⇒男はつらいよ。

  • 公務員の行政職採用は女性有利の傾向あり

⇒警察や消防のような公務員の公安職だと体力がかなり必要である以上、男が有利です。これは不合理とは言いにくいでしょう。

また民間企業も男がやや有利です。行政職の女性有利はその代償かな。でも、私企業による差別と公権力による差別とではまた意味合いが違う感じもしますが。

  • 徴兵制がある国では今も昔も若い男が駆り出されやすい

⇒軍隊も体力が必要な組織ではあります。そのため男の方が徴用されやすいです。

しかし、軍事力もIT化がすすむと、それを操作する人の性別はあまり関係なくなるのかなと思います。

  • 男性保育士は肩身が狭い

⇒知り合いに男性保育士がいます。彼はだれとでも仲良くできるタイプなので職場でもうまくやれているようですが、おじさんになっても大丈夫かなとは思います。

そのころ彼は管理職になって子どもとは直接的に触れ合わないとすれば問題ない?

  • 日本の場合、CA(和製英語:キャビンアテンダント、英語:フライトアテンダント)は圧倒的に女性が多い

⇒諸外国の航空会社では男性CAも結構いますし、日本でも少しずつ増えつつあります。

  • 日本には女子大はあるけど男子大はない

⇒男子大はないのですが、理系(とくに工学部)のキャンパスだと実質的には男だらけという大学もあります。

  • 離婚時の親権は母親が獲得しやすい

⇒これは難しいところ。子どもにどちらか選ばせると母を選ぶケースの方が多いんじゃないかな。

  • 通勤電車の女性専用車両は他の車両よりも空いている

⇒女性専用車両(Women Only)とはいいますが、男性の障害者や男の子が乗るのはOKなんですよ。紛らわしいです。

また以前、男性の押し屋(満員電車に乗客を押し込む係)が女性客から痴漢だといわれたケースがあったそうですが、逆パターンはないでしょう。これは正当な業務行為なのに。

押し屋は筋力的には男性が向いていますが、男女どちらにも触れるという点では女性の方が向いているともいえます。

個人的には女性専用車両の押し屋は女性限定にして、一般車両の押し屋は男女どちらでもよいと思います。男性の押し屋に押されるのがイヤな女性は、女性専用車両に行くべきです。

  • 電車やバスで痴漢が疑われた状況では女性の証言が重視されやすい

⇒女性の証言が重視されやすいのは仕方ないとしても、もし女性がウソをついていたら、それはそれで重罰を受けないとおかしいでしょう。

  • 日本人は男の方が平均寿命が6歳ほども短いのは、労働における負担は男の方が大きいからか(そもそも生物学的に女性の方が強いといわれる)

⇒生物学的に女性の方が強いのは、ホルモンの違い、健康意識の違い、代謝の違いなどに原因があるといわれています。

でも「重労働が男の寿命を肉体的にも精神的にも縮めてないかい?」ともいいたくなる気持ちもわかります。

  • スポーツ界でのし上がろうとする場合、男の方が競争率が高い場合が多い(ただし、収入も高い)

⇒以前、アメリカの女子サッカー選手が男子選手に比べて不遇だと怒っていました。確かに男子選手の方が待遇はよいのですが、その分、競争も激しいですからね。

  • 女流棋士という存在は不公平

⇒女性も男性も奨励会という組織のリーグ戦を勝ち抜けば問題なく男女共通としての将棋のプロになれます。しかし、奨励会を勝ち抜けるだけの実力をもった女性は今のところいません。

そこで日本将棋連盟は女流枠をつくってプロになれないレベルの女性を半ばプロ扱いしています。これが女流棋士です。つまり、男性はプロになれない実力だとアマチュアですが、女性はプロになれない実力でも女流という特別枠にすくい上げられるのです。

こういう差別は囲碁界も似たようなものですが、囲碁の女棋士の中には女流採用の特別枠ではなく男性との正当な競合によってプロになった人も少しいます。。

女流棋士はプロ対局の聞き手役やイベントの盛り上げ役、指導対局役として男性ファンから人気があるため、女流枠があるという声は根強い。
もうちょっとで将棋のプロになれそうな女性はいるけど、その女性を特別扱いしたら、それこそ批判されるだろうね。

女が不利になっているパターン

  • 2人の男女姉弟のうち片方しか大学に進学させられないのなら、親は男を大学に進学させやすい

⇒大卒の方が給料はよいですから「男は養えるだけの力をつけて」ということですね。

  • 民間企業の総合職採用とそこでの出世は女が不利

⇒総合職は会社の都合でさまざまな異動がありますし、体力も必要です。そうなると会社は男ばかりを採用したくなるわけです。

  • 医学部への入学は女が不利

⇒これは以前からいわれていましたが、ハッキリ確定したのは2018年でした。

医学部入試は主観が入り込む面接や作文はやめて、マークシート問題だけで合否を判定する方がいいと思います。

  • 日本の人口は女性の方が多いが、国会も地方も議員は女性の方が少ない(制度上は男女平等だが、とくに地方議会では土着の男が強いなど男尊女卑の傾向がある)

⇒個人的には有能でやる気があれば議員の性別はどちらでもいいと思っています。ただ、女性宰相(首相)というのも試してみたいところ。

  • 女性の出産は若い方が有利なので結婚が急かされやすい

⇒「子どもを産みたいのだとすれば若い方が有利」というのは医学的に真実。

でも、その選択は当事者にあるというのが現代における常識的な考え方ですが、古い考え方をする人もいるのでしょう。

  • 男性の女性経験の豊富さは「モテる」と肯定されがちだが、女性の男性経験の豊富さは否定的に見られがち

⇒これは「タレントの不倫報道は女性の方が批判されやすい」ともつながるところ。

ただ「経験=肉体関係」とは限らず、単なるデートや2人きりの食事、告白を受けた経験も異性経験みたいなもの。

  • 土俵は女人禁制

⇒たぶん、この考え方をもっている人は中高年に多いため、これからの時代は廃れていくと思います。

  • 中高の制服は女の子はスカートである場合が多いけど、あれは冬は寒い(スカートの下にジャージを履くのはカッコ悪い)

⇒最近では女子用の制服にもスラックスが出てきました。

  • 職場ではヒールかパンプスの着用が強制されやすい(足に負担がかかる)

⇒男は男でネクタイや暑いスーツが強制されますから、それと似たようなものでしょうか。

  • AED救命は胸部の肌にパッドを貼るため、女性に対するAEDの使用は抵抗感がある

⇒救命として行った処置であれば法的に問題ないのですが、それでも心理的な抵抗は残りますよね。

  • 女はムダ毛の類を処理するが、男は女ほどには処理しない(女に経済負担がかかる)↓
ムダ毛処理の経済負担って法律や制度で強制的に押し付けられたものではなくて、社会通念上や人間の審美観から見て処理した方がいいってことだから差別といえるかは微妙。

どちらとも言えないパターン

  • ファッションの選択肢は女の方が多い(たとえば、男がスカートを履く選択肢はスコットランドの民族衣装でもない限り、ほぼありえない)
  • 下着は女性の方が種類豊富だが値段は高い。そのうえ女性用の下着店へは男は女性の恋人や配偶者であっても入店しづらい(逆に女性が男性用下着を実店舗で買うのは問題ない?)
  • 天皇は皇室の男しかなれないのは男尊女卑だが、皇室外の女性は結婚によって皇太子妃になれるのは女尊男卑
  • 百貨店や企業の表向きの顧客対応の受付のほとんどは女性(裏口方面にある警備系統の受付は男が多い)
  • 化粧率は女性の方が明らかに高い(女性の方が見た目で判断されやすいといえるが、よくも悪くも素顔を隠せるし、変身できる楽しみもある)
男女差別の考え方

ここまでさまざまな男女差別のパターンを見てきました。

ここで重要なのは男女差別のパターンは次の5通りに分けられることです。

  1. 生物学上の差別(例:女性の出産はそれなりに若い方が有利なので結婚が急かされやすい)
  2. 法的な差別(例:天皇は男しかなれないこと)
  3. 社会通念上の差別(例:父親が平日に1人で娘と一緒に公園などにいると不審者扱いされること)
  4. 私企業による差別(例:レディースデーやフライトアテンダントの扱い)
  5. 市場原理に関する差別(例:男と女ではアスリートの収入が大きく違うこと)

まず1について、高齢出産は母体と子どもに対するリスクが高いことがわかっています。

そのため、結婚と出産を急かす人が出てくるわけです。

しかし、産む産まないを決めるのは当事者であり、第三者はリスクを知らせることくらいしかできません。

単に「高齢出産は母体への負担が大きい」という医学常識を知らせるだけだったら差別になりませんが、急かすという行為に走るとトラブルや差別につながりやすいです。

2は法の問題ですので、制度上はすぐにでも是正は可能ですが、歴史的な議論がうるさいところなので意外と変えにくい分野です。

3は社会通念上の問題です。

ただし、その例で挙げられているような父親は昔よりも増えているので、差別は薄れてきているでしょう。

4は私企業の問題です。これは私企業が私的にやっていることなので批判しにくいですが、現代はSNSを通じていろいろ批判される時代なので、時代錯誤な企業は淘汰されるという感じです。

最後に5です。

市場原理に関する差別はいろいろなものがありますが、例として挙げた「男と女ではアスリートの収入が大きく違うこと」は本気で是正すべきだと考えている人は少ないはずです。

というのも確かに男性アスリートの方が収入は高いですが、その分、競争の密度も高いですし、観客やスポンサーはより迫力のある方にお金を出したいと思うのが普通です。

つまり、それは差別というより、男性スポーツの方にこそお金を多く支払いたいと思っている人がいるというだけの話なので差別とはいえない気がするのです。

それにもかかわらず男女の年俸や賞金を同一にしたら、それこそ逆差別でしょう。

4の私企業による差別は企業側の都合が強調されますが、5の市場原理はスポンサー企業だけでなく観客や視聴者の需要もくんだものですので糾弾が難しいのです。

日本の男性はフライトアテンダントに若い女性を欲しているのかもしれない。

その意味では4のフライトアテンダントの問題は、5の市場原理みたいに需要側の意見もくみとっているね。

でも、電車の車掌が男で問題ないとすれば、飛行機のフライトアテンダントが男性でも問題ないはず。

電車の車掌は安全確認や検札、アナウンスなど事務的な仕事が主体。でも、フライトアテンダントは客に飲食物や毛布を提供する。つまり、車掌よりもフライトアテンダントの方が「おもてなし感」が強いのだ(保安も重要)。日本の男性は旅館の女将のように「おもてなし」は女性から受けたいのだろう。

タイトルとURLをコピーしました