当サイト「社会の杜」のおすすめ記事のまとめ

女性の社会進出に対するさまざまな意見のまとめ

キャリアウーマン 社会
スポンサーリンク

女性の社会進出とは何か

現代の日本は「女性の社会進出」がそれなりにすすんだ時代に見えます。

そもそも社会進出とは、レジ打ちや介護といった身近な仕事だけでなく、国会議員や大企業の幹部に就くことも含んだ広い概念だと筆者は考えております。

ということで、今回は女性の社会進出について筆者の意見と、筆者が見聞きした意見を箇条書き形式でご覧いただきたいと思います。

それは正しい意見もあれば間違っている意見もあるでしょうが、とんでもなく的外れな意見は省きましたのでいろいろ参考になるはずです。

  1. 歴史を踏まえた現状
  2. 海外の事情
  3. 女性のキャリアに関する意見
  4. 子どもに関する意見
  5. 家計や家事に関する意見
  6. 男に関する意見
  7. その他の雑多な意見
  8. 日本政府や自治体に対する意見

という順序で見ていきましょう。

歴史を踏まえた現状

  • 男は外で仕事、女は家庭で専業主婦」なんていうのは高度経済成長期だけに成立した特殊なスタイル(昔は貴族以外は共働きが普通)
  • 少子高齢化がすすんでいる現代の日本では女性も立派な労働力
  • 高度経済成長期の専業主婦って幸せだったのかな?夫の稼ぎは安定していたかもしれないけど、妻に経済力がなかった分、問題のある夫とは離婚したくてもしにくかったはず
  • 高度経済成長期の女性社員ってお茶くみをやらせられたり、セクハラが今よりも多かったりと不遇だったと思う
  • 女の高学歴化とキャリアウーマン化によって晩婚化と少子化が進み、離婚も増えた
  • 寿退社なんていうのは昔の話
  • 国民の多数が単純労働としての移民を受け入れるのがイヤであれば、女性も積極的に働かないと国がもたない
  • 以前より女性の社会進出がすすんでいるにもかかわらず日本のGDP成長率は停滞しているが、これは要因が複雑すぎて女性の社会進出が原因とはいえないかも
  • 男の給料が昔よりも減った原因は非正規雇用の増加にあるかもしれない。でもその非正規雇用の増加は新興国の追い上げも原因だから社会は複雑

海外の事情

  • 女性の社会進出が著しくても出生率が高い国は存在する
  • 女性の社会進出率が高い欧米諸国は男性の育児休暇率も高い傾向がある
  • 外国でうまくいった政策が日本でもうまくいくとは限らない
  • 北欧フィンランドの出生率はそんなに高くない
  • イスラム圏の女性の冷遇ぶりは異常
  • 以前、アメリカでエリート医師と結婚した女医が子育て期間に入って、夫が出世したのだけれど、夫の出世が妬ましくて夫を殺しちゃったという事件があった(産後は精神が不安定になりやすい)

女性のキャリアに関する意見

  • 給与や雇用は性別に関係なく実力主義がいい
  • 私(女)は子どもはいらないから管理職としてバリバリ働きたいよ
  • 私は旧帝大卒の女だけど金持ちの男と結婚して専業主婦になりたい
  • 行政職の公務員はアファーマティブアクションが強すぎて男に不利になっている面もある
  • 民間企業でも女性を無理に管理職や幹部に上げようとしているところがあるけど、そういう強引なアファーマティブアクションは有能な男性の芽をつぶしてしまう。本当に有能で意欲のある女性にこそ出世して欲しい
  • 少数派だろうけど、キャリアウーマンの女性でも結婚と出産と育児をうまくこなした人もいる
  • 男の自分としては同期の女性に先に出世されたら悔しいかな
  • 女の私は本当は働きたくないけど、夫の収入の低さや将来の年金などを考えると働きに出るしかない
  • 私は大学院まで出さしてもらって、さらに今フルタイムの総合職で働けて幸せ
  • 男にもいえるけど、すべての人が大学に進学する必要はない
  • 女性のキャリアの選択肢が昔よりも増えたのはよいこと
  • メーカーの従業員、たとえば生活用品や家電の企画開発では女性流の感性も必要
  • 女性の雇用を増やしたせいで男性の給料減少と女性の自立が起こり、それが婚姻率を下げたという説がある(女性は男性を頼らずとも生きられるようになった)
  • 「給料が減ったのは女のせい」と男が主張するのは、それが事実でも事実でなくてもなんとなく恥ずかしい
  • 女の私は総合職としてバリバリ働くのは抵抗あるけど、育児や家事と両立できるレベルでフルタイムよりもまったり働くのならいいな
  • 社会進出するか否かは一人一人の女性が自由に選択するものであって、外野がとやかく言うべきことではない
  • 高学歴で有能な女性社員が会社を辞めて主婦になるって聞くと、なんかもったいない気がする
  • 女として事務職で働いていると、意外と仕事ができない男性がいることに気づいた
  • 私(女)は大卒枠の総合職として入社したけど、つらくて途中で一般職に変えました
  • 仕事をしているとイキイキとする女性と、そうではない女性がいるが、前者タイプは仕事に就いた方がいい
  • 夫が病気になったりクビになったりする場合もあるから、生命保険だけに頼らず産後数年経った時点から働いています
  • 同じ大卒と年次と職務内容と成果なのに男女で給料に差がついているのは不公平(経営陣から見ると、結婚や育児で休職・退社しない男を優遇したいらしい)
  • 若くして結婚したい女は大学を出ない方がいいかも
  • 私(女)はフルタイムの仕事を辞めたら子どもから優しくなったといわれた
  • 現状では寿命は女>男だけど、フルタイムで働く女の平均寿命は男と同じになるのでは?(日本のフルタイム労働は寿命を削っている)
  • 有名な投資家は世界レベルで見ても男ばかりだから大物の女性投資家が現れないかな
  • 勝間和代とカツマーは以前ほど存在感がなくなった
  • 能力のある女性ほど「女性の社会進出」を訴えているような気がしませんか?

子どもに関する意見

  • 子どもが嫌いで産みたくない女もいる
  • 子どもが微熱を出した際、仕事を優先するあまり、大衆薬だけ飲ませて自分は働きに行ったことがある
  • 共働きって子どもの成長によいのか疑問
  • 昔よりは公園で子どもと遊ぶ父親を目にするようになった
  • 共働きが多くなったためか最近の学童保育は結構充実している。学童保育に通う子どもたちを「かわいそう」と思うのは失礼
  • 今や私塾が学童保育を担っている面がある
  • 自分は塾講師なのだけれど、子どもの悩みが親や生活に関するものが多く、その悩みを解決しないと勉強にも身が入らないと思うなど大変だった
  • 女性の社会進出によって子どもが犠牲になった?
  • 専業主婦が多かった1980年代は学校がとても荒れており、少年犯罪の件数やイジメなどがひどかった(専業主婦が「よい子」を育てられるとは限らない)
  • うちの場合は祖父母が子どもの面倒を見てくれるのでありがたい
  • 私(女学生)は母親には主婦として家庭にいて欲しかったな
  • うちの子どもが手作り弁当を欲しがるんだけど、出勤前につくるのはちょっと面倒
  • 離婚した場合、現状では母親が引き取りやすいけど本当に母親の方が望ましいのかな?
  • 子どもが熱をだしたり風をひいたとき、フルタイムで共働きの夫婦では妻が仕事を休むことになりがち

家計や家事に関する意見

  • 旦那が稼いだお金を生活費以外に使うのは悪い気がするので、娯楽などに使う分は自分で働いた分から出します
  • 一家の大黒柱は男…などと夫ばかりに頼るのは無駄にプレッシャーをかけているような気もする
  • 夫と妻の両方が仕事も家事もできた方がいい
  • 「男性の家庭進出」が必要
  • 結婚するなら家事もできる男性がいい
  • 在宅ワークで稼いでいる家庭もあるけど、大きく稼ぐのは難しい
  • 時短勤務、ワークシェア、フルタイムなど働き方が多様になればいいと思う
  • 夫の収入が高い水準で安定し続けていれば専業主婦でいいんだけど、これからの時代はそうはいきそうにない
  • 家事の外注や代行サービスは増えたけど、結構な費用がかかるから気軽に使えない
  • うちの家庭は、夫がフルタイム労働、私はパートと家事・育児と介護。どちらが大変か

男に関する意見

  • 女性の社会進出とは逆に男だって専業主夫を選べたらいいんだけど、世間体を考えるとそう簡単になれない
  • 家事がまともにできない男は結構多いけど、若年層の方がまだできる人は多い印象がある
  • 男性営業マンの中にはオジサンをエグイお店で接待している人がいるけど、あれは大多数の女には体力的にも精神的にも無理
  • 男というだけで有能とは限らないにもかかわらず偉そうにしている連中がいる
  • 野生動物の場合、メスだけで子育てをする種類が多い。で、人間においても、女性が子どもを産んだらすぐに別れて、女性が育児も家事も仕事もこなせたら男の存在意義が薄れてくる
  • 精子バンクが普及したら夫としての男の存在意義が薄れる
  • まだ企業でキャリアを積みたい私としては、収入と育児・家事のバランスがとれている男と結婚したい

その他の雑多な意見

  • 自分(男)は上司の性別を選べるなら女性の方がいいです
  • ディンクス(共働きで意図的に子どもをもうけない夫婦)という生き方も認められるようになってきた
  • 外野から時代錯誤の的外れな意見をいわれると腹が立つ(今と昔は違う)
  • ベンチャーの経営者からすると、実力さえあれば従業員の性別はどちらでもいい
  • 「内助の功」とか「結婚したら家庭を守ってもらいたい」って発言する芸能人やアスリートはほとんど見なくなった。女性を家庭に閉じ込めるのを肯定している感じで好感度が下がるんだろう
  • キャリアウーマンに比べて専業主婦は楽そうに見えるけど、子どもが多かったり、姑との関係が悪いと結構ツライ
  • PTAは共働き世帯の負担にならないようにしてほしい
  • 都合のいいときだけ「女」や「男」を振りかざす人はよくない
  • 女性が要職に就けても子どもにめぐまれないと不満に思う人もいる。でも、有能な女性が専業主婦として家庭に閉じこもりっぱなしなのももったいない。女の幸せって何なんだろう?

日本政府や自治体に対する意見

  • 議員も官僚も企業の経営陣も中高年の男が威張りすぎ
  • 国会議員は女が少なすぎ
  • 女性の国会議員はよくも悪くも目立つ(たぶん「悪くも」の方が目立つ)
  • 現職の女性国会議員の姿に憧れる有能なキャリアウーマンは少ないんじゃないかな
  • 男女平等とはいっても、子どもは女にしか産めないように男と女では違うところがあるから、完全な平等ではなく、うまく補い合える仕組みをつくるべき
  • 専業主婦だけしか経験していない人よりも、いろいろ経験してきた女性の方が国会議員に向いていると思う
  • 3号被保険者が問題(専業主婦は保険料を支払わずして基礎年金を得られる)
  • 政府は高齢者ばかりを優遇しないでほしい
  • 日本は300万人以上も女性の方が多いから、それを活かすべき(産まれる時点では男の方が多いが、女性の方が寿命が長いため、医療や食料が整った国では女性の方が多くなる)
  • 子どもを安心して預けられるところが増えて欲しい
  • 婚姻率という点では昔みたいに世話焼きおばちゃんがお見合いを誘導する形が日本人には合っていたと思う
  • 産休や育休の類は悪用する人もいる
まとめ

日本は国会議員や企業幹部に女性が少ない国です。

政財界に有能な女性がもっと増えて、女性の感性が広まれば日本社会は多少なりとも改善するように思います。

国会議員や企業幹部に女性を増やす過程では無理に登用を増やすのではなく、女性が自発的に憧れてめざすという形が重要です。

女性だから競争率が低くて楽に就けるという体系ではなく、有能な女性こそ周りと競いつつ要職に就いてもらいたいのです。

タイトルとURLをコピーしました