当サイト「社会の杜」のおすすめ記事のまとめ

天皇制はなぜ存在するのか【反対論も含めてわかりやすく解説】

桜田門 社会
スポンサーリンク

反対派にも配慮した丁寧な解説

日本人にとって身近なようで遠くも感じられる制度に天皇制(正確には皇室)があります。

天皇制とは、君主制の一種で世襲の一族が国の統治の中心にいる体制です。

君主とは統治する王という意味。

天皇制はなぜ存在するのでしょうか。

今回はこちらをわかりやすく解説してまいります。

反対派の言い分も踏まえて中立的に解説しますのでぜひご覧ください。

伝統としての価値

まず、天皇制が存在するもっとも簡単な理由が「昔から続いている文化的な伝統なので今後も存続させよう」です。つまり、伝統文化の尊重です。

古今東西、諸外国にも君主制の類はあったのですが、その多くは数百年くらいで滅んでいます。

この点、日本の天皇制は親政の時代もありましたが、ほとんどの天皇は実質的な権力者の裏で象徴として存続してきました。

親政とは天皇自らが行う政治を意味します。

また実質的な権力者とは、この場合、明治時代以前の武士政権や現代の議員政権のこと。

政権の人間が行う権力行為としては、法律をつくる、軍隊を動かす、大臣を辞めさせるなどが挙げられます。

こういった権限は天皇にはありません。ですから、日本の天皇制は「象徴天皇制」とか「立憲君主制」と呼ばれます。

立憲君主制というのは君主の権力がかなり制限された体制を意味します。

少し前に君主とは統治する王だと述べましたが、統治というと何か権力をふるう姿ばかりが想起されがちです。

しかし、日本の天皇は実質的な権力をふるわない象徴として君臨してきたことに特徴があります。

つまり、王制自体は珍しくないのですが、権力の裏で天皇制は長く象徴として存続してきたことに支持者は誇りをもっているのです。

そもそも王族や権力者など政治的な重要人物は外敵から狙われやすいです。

実際、各国の歴史では争いが絶えず、そこでは権力者中心に争いが展開されました。ここで血縁は断絶してしまいやすいわけです。

しかし、日本の天皇は実質的な権限をもっていなかったため、今も存続しています。

もし、日本の天皇が実質的な権限をもっていたら今まで存続してこなかったでしょう。

これに関して天皇制の支持者は「歴史の風雪に耐えるなんてスゴイ、世界に誇れることだ。だから、今後も尊重し続けよう」と考えるのです。

右翼がいうには皇室は2600年以上も続いているとされます。

しかし、この説に沿うと古代において100年以上も生きた天皇がいるため、怪しい説ではあります。

ただ、さすがに2600年は怪しいとしても、ある程度長く続いてきた制度であることはおそらく間違いありません。

ちなみに最先端の歴史学において天皇の実在がほぼ確かなのは第26代の継体天皇からといわれており(現在は126代)、それ以前の天皇の存在は論争があります。

国民が適度にまとまるため

「伝統文化の尊重」については存在理由が感覚的すぎて腑に落ちない人も多いでしょう。

そこで次に知るべき天皇制が存在する理由は「国民が適度にまとまるため」です。

そもそも人間は学校でも会社でもそれなりにまとまっている方が望ましいといえます。

たとえば、あなたが会社の社長になったと想像してみてください。

そこでは従業員の意思はたがいにバラバラであるのと、ある程度統一されているのとどちらが望ましいですか。

普通に考えたら、意思はある程度統一されている方がいいです。

会社は利益を得るための組織であるため、利益を得るには従業員間での協力とか士気が必要だからです。

会社だけでなく、日本国という全体においても国民はそれなりにまとまっていた方が望ましいです。

その方が人々の気持ちは安定すると考えられるからです。

そのため、天皇には儀礼を通じて国民を穏やかにまとめることが期待されています。

国歌や元号はそれが身近な形で表れた産物だといえます。

適度なまとまりが存続にとって重要

ここで勘違いしないでいただきたいのは、人間は適度にまとまるべきであって強くまとまらない方がいいということです。

たとえば、北朝鮮という国を見てください。

国のトップは横暴の限りを尽くしていますよね。

そのうえ、自国民を自国にとって都合がいいように染め上げようとしています。

北朝鮮の国民はかなりの不満をもっているでしょうが、洗脳されている人も多いですし、不満を下手に態度に出すと厳しく処罰されます。

こんな強権的な体制は何百年も続くわけがないでしょう。

つまり、公権力が国民をまとめる際にはあまりに強権的にやるとよくないわけです。

そのため天皇には精神的で文化的な支柱になることが今後も期待されます。

儀礼的な公務に必要

さらに天皇制が必要とされる根拠として特殊な公務の存在があります。

天皇制に反対する人としても、国の公務はだれかが担わなければならないことはさすがに反対しないでしょう。

しかし、公務は警察や事務処理など一般の国民(公務員や議員)が担ってよいものもあれば、権威のある人が担った方がいい公務もあります。

たとえば、特殊な公務の一つとして外国の王室との交流がありますが、こういう公務は幼い頃から磨いてきた教養や品性、権威などがあった方が有利です。

この場合の権威というのは、皇室は長く続いてきたとか、圧倒的な知名度があるとか、よい意味で人々を自発的にひれ伏させる力です。

議員や閣僚などは選挙のたびに変わる不安定な立場ですが、皇族の地位と知名度は安定的なので一部の公務は皇族が担った方がいいというわけです。

さらにいうと、総理大臣や国会議員は一般人でも就けるだけの可能性が開かれていますが、皇族は血統という先天的な壁があります。

これは不平等ではありますが、不平等な分だけ「ぽっと出の怪しい人」を阻むことができます。

怪しい人が皇族になってしまうと皇室の権威は下がってしまいますから、不平等だとしても排他的な体系をとるわけです。

皇族の公務はだれにでも務まるものではないのです。

天皇制にはある程度の公金がかかる。でも皇族は国民をまとめ、その存在や行動が経済需要を喚起しているとしたら天皇制は公共事業といえる面があるね。

公務の分業体系

ここで公務に就く人たちの特徴を軽くまとめておきます。

天皇ならびに皇族の特徴

⇒天皇は権力をふるいません。権力をふるわない以上、国民から反感をもたれにくいです。

そのため、実務的な知識よりも、まとめ役・外交役としてのコミュニケーション能力や教養、品格、知名度、好感度がもとめられやすいです。

ここでは世襲制にした方が地位と知名度が安定しますし、その候補について幼い頃から特別な公務に必要な自覚や品格を教え込みやすいです。

国会議員の特徴

⇒議員、とくに国会の与党勢力は権力をふるう以上、国民から反感をもたれやすいです。

彼らは国の法律や予算を決めたり変えたりする以上、それなりの実務経験や知識がある人が好ましいです。

よく知られているように議員は数年ごとの選挙で選ばれます。これによって時代の変化に対応したり、多様な層の意見を表すことができます。

この点、もし議員が世襲だと「なんでオレは〇〇議員の一族にずっと税金を決められ続けなければならないんだ」と反発するでしょう。

しかし、嫌いな候補者がいるのであれば選挙の時に票を投じなければいいだけです。

また、もし嫌いな候補者が当選したとしても多数決の結果として納得するしかありません。民主主義とはそういうものです。

(※世襲制の「制」のところだけ赤字にしたのは、日本の国会議員は制度としては世襲ではありませんが、実際には世襲の議員が多いことを意味してのものです。)

議員と官僚(上級国家公務員)の決定的な違い

議員は選挙で当選しなくては話にならないため、人気がとれそうな政策ばかりを掲げがちです。

しかし、官僚は試験と面接にもとづいて採用されるので選挙は関係ありません。そのため、国民から嫌われる政策も打ち出すことができます。

天皇制に反対する人達の言い分

次に天皇制に反対する論を見ていきましょう。

天皇制に反対する人というのは基本的に平等主義者や理屈っぽい人です。

この場合の平等とは「人間は生まれながらにして平等」という近代にできあがった精神です。

具体的には以下のような根拠にもとづいて天皇制に反対します。

  1. 政府が皇族を生まれながらにして特別扱いすることは近代の平等精神に逆行する
  2. 王族は強い権力をもって民衆を苦しめた時代もあった
  3. 王制や宗教の類はフィクションだ

この3つの理由を見ると、納得できる部分もあるかと思います。

実際、日本政府は現在でも皇族をよくも悪くも生まれながらに特別扱いしています。皇族は天皇制反対派にとって不平等の象徴に映るのです。

また近世の西欧ではありますが、そこでは強権をふるった君主もいました。こういう強権的な王は「絶対君主」と呼ばれます。

さらに宗教や王制は理屈っぽく説明するのが難しいです。そこにはフィクションが込められているかもしれないからです。

実際、宗教に対しては「神なんているわけない」、君主制に対しては「過去の皇后の中には浮気した人もいるはず(=血はつながっていない)」などと簡単に批判することができます。

まあ、それらは否定の証明もできませんが。

反論に対する反論は人間の限界にもとづく

ここで天皇制反対論に対する反対論が頭をよぎります。

それは以下のような論です。

  1. 皇族は特別扱いされているからといって本人は幸せとは限らない
  2. 戦前の天皇は自らは権力をふるわず周りの人間が天皇の権威を利用した
  3. みんなが平等になると、かえってまとまりにくいのではないか
  4. もし、みんなを平等にするとすれば政府が強権をふるうことが必要だが、それは天皇がいる程度の不平等より、はるかに不平等になってしまう
  5. 人間は何もかも理屈っぽく説明したり実現できるわけがない

まず1.についていうと、現代の皇族は衣食住から恋愛までほとんどが不自由です。

それは一生食うに困らないほど高水準で安定しているともいえますが、その分マスコミや大衆からは常に見られています。

表現の自由や職業選択の自由、恋愛・婚姻の自由、選挙権・被選挙権だってないに等しいです。

この点、一般人で親の財産を受け継いだ金持ちはニートとして生きていけますし周りから文句もいわれないでしょうが、皇族には公務があります。

皇族に対する特別扱いは本人にとって幸せなのか不幸なのか何とも断定しにくいところです。

次に2.の「戦前の天皇は自らは権力をふるわず周りの人間が権威を利用した」です。

戦前の日本の法では天皇の権力はかなり強いものと規定されていました。

ただ、あくまでこれは規定であって天皇自らは権力をふるいませんでした。

しかし、政府や軍部は天皇の権威を利用していましたし、マスコミは戦争(対外強硬論)を煽っていました。

そのため国民の間では「お国のために戦わなければならない」という風潮がありました。

つまり、天皇制の存在が戦争に向かって国民をまとめてしまったのです。

人間は適度にまとまるべきだとは思いますが、強くまとまりすぎるとそれはそれで問題があります。

ただ、太平洋戦争においては特定のだれかだけが悪かったというのではなく国全体に問題があったのだと思います。

太平洋戦争の原因や、戦争と天皇制の関連はかなり複雑ですので、詳しくは専門書を読んでください。

次に3.の「みんなが平等になると、かえってまとまりにくいのではないか」についてです。

たとえば、もしあなたが所属する会社や学校において役職が一切なくなって従業員・学生のだれもが平等になると統率が取れなくなると思いませんか。

組織では少し特別扱いされる人がいた方がまとまりやすいはずなのです。

実際、平等を強く主張する日本共産党という組織の中でさえも役職や待遇には明確な差がついています。

平等を推進するはずの政党が身をもって社会の不平等を示しているというのは皮肉なことです。

共産党内の不平等は共産党という政治結社内での不平等にすぎません。いわば私的な不平等です。しかし、天皇制に関する不平等は公権力によって定められた公的な不平等です。

次に4.の「もし、みんなを平等にするとすれば政府が強権をふるうことが必要だが、それは天皇がいる程度の不平等より、はるかに不平等になってしまう」についてです。

これは、今まで強引に平等を実現しようとした国がいくつもあるのですが、そのどれもが独裁状態に陥ったという史実にもとづく反論です。

興味がある方は少し昔のカンボジアやソ連といった社会主義国について探ってみるとよいでしょう。

正直言ってかなりメチャクチャな政治運営です。これなら現代の日本の方がよっぽど平等性や幸福度は高いです。

平等をあまりに強く実現させようとすると政府・公権力の力が強くなりすぎてしまうので、それが著しい不平等を招いてしまうのです。

人間は「平等」という美しい理念を完璧に実現できるほど優れた生き物ではないといえます。

最後に5. の「人間は何もかも理屈っぽく説明したり実現できるわけがない」についてです。

この世には未だに解明されていないことが山ほどあります。

「人間はなぜ存在するのか」みたいな身近で哲学的な分野はもちろん、数学や宇宙のような理系的な分野でも未解明のことは山ほどあります。

学問の究極目標はあらゆる事象の解明にありますが、どうしても解明不能なことは多いです。

そうなると「人間はすべてを解明できるほど賢くないから理屈では説明しきれない産物を信じてもいい」と考えたりします。

その典型が宗教です。

実際、欧米の一流科学者の中には今も昔も神の存在を信じている方が少なくありません。

科学を知り尽くしている人だからこそ同時に人間と科学の限界もわきまえ、その果てには宗教に行きつくのかもしれません。

人間はちょっと非科学的なものをみんなと共有しながら信じるくらいでないと生きてられないともいえます。

この点、日本人は一神教を好みませんが、多くの国民が営んでいる墓参りや初詣はどう見ても宗教的な行為です。

科学的にはナンセンスに見えるのに日本人はなぜ墓参りや初詣に向かうのかといえば「月日の節目ではなんとなく祈った方がいいかな」くらいのゆるい考えが多いでしょう。

一般人だと真剣に祈るのは月日の節目くらいでしょうが、天皇は日々、国民のために祈っているとされます。

それと国民の幸せの間に直接的な因果関係はないとしても、なんとなく心持ちが強くなったり、国民は天皇を介してまとまっていると思いませんか。

理屈っぽく考えると天皇の存在は不平等だったり非科学的に見えますが、そういった非科学的な要素をすべて解消してうまくいくほど人間はできた存在ではないのです。

科学と宗教と共産主義はとても似ている

たぶん、ここまで読んでも「私は天皇や神みたいな非科学的な存在は信じず、科学を信じる」と考える人がいるかと思います。

まあ信じる信じないは個人の自由ですが、科学と宗教(とくに一神教)は真逆に見えて実はかなり似ているということも知っていただきたいと思います。

たとえば物理学には等速直線運動がありますが、これは現実にはまず再現できません。

現実には摩擦・重力・風圧が微妙に影響するからです。このような条件は刻々と変化します。

しかしというか当然というべきか、科学関係の公式はそういう細かいことは抜きにして条件の理想状態を想定して計算します。

そうじゃないととても計算できないからです。

つまり、科学は現実にはありえない理想状態を皆に共通の形で想定するのです。

これは唯一神を想定して理想社会を希求する一神教とそっくりです。

神を信じる人も、科学を強く信じる人も、唯一の存在を信じる理想主義者という点で共通しているのです。

また、一神教の信徒は自分の宗教画みんなに通用すると思っていますし広めたがっています。

そして科学、とくに自然科学は万人に共通するものです。

条件さえ整えれば、どこでも同じ科学現象を起こすことができます。

このように「普遍的に通用する」と見なすことも科学と宗教の共通点です。

  • 科学⇒人間はすべてを完全に計算できるわけがないので、どうしても条件を理想化しやすい。とくに自然科学には普遍性がある。
  • 共産主義⇒地球上のだれもが自由かつ平等で、だれからも搾取されない究極の理想社会を追い求める。普遍性を求めやすい(=どんな人間にも共通した理想社会の構築)。
  • 一神教⇒神の存在を前提にして教義に沿った理想社会をつくろうとする。普遍性をもとめやすい。
  • 天皇制⇒天皇に日本文化の象徴や国民統合の価値を見出して天皇を共同で信じる。国民は世界独自の体制と見なすなど、とくに普遍性をもとめない。
共産主義や一神教は平和を志向するように見えて争いの種にもなりやすいよ。
えっ、共産主義者や教徒って平和主義者じゃないの?
一神教は「絶対の存在」を想定するから、「オレの信じる神こそが絶対であって他の宗派や神はおかしい」というように他の宗教とぶつかりやすい。
そういえば西欧の宗教戦争はそんな感じだったな。日本でも宗教的な争いはあったけど、まだ多神教観が強いから西欧ほど荒れなかったのかも。
共産主義についても「オレが思う理想社会は〇〇さんが思う理想社会とは違うから矯正してやりたい」とか考えやすいよ。こういう潔癖さは内ゲバ(仲間内での争い)や秘密主義(都合の悪いことは隠す)にもつながりやすくて危険。共産主義は「神を信じない宗教」ともいわれているくらいだ。
自然科学の理想状態はみんなに共通しているけど、共産主義や宗教など社会の理想状態は人によって異なるから社会の理想化は危ういね。
自然科学の理想状態はすべての人に共通しているから公立校の教科書に載せやすいけど、社会の理想状態は人によって異なるから公立校の教科書に載せにくい。公立校っていうのはみんなに共通している基本を教えるところであって、特定の思想を押し付けるところじゃない。
日本は多神教の国だけあって、天皇にも神道にも仏教にも一神教のような強力な信仰心はないね。こういう「ゆるさ」が教育や統治にも必要っぽい。
まとめ

天皇制が存在・存続する理由がなんとなく見えたでしょうか。

ちなみに中道(ちょっと中道右派?)である私個人の意見は「象徴としての天皇制で無駄遣いしない程度に存続するなら支持する」というものです。

天皇制は、最近では生前退位も認められたように時代によって多少の変化を見せますから、今後もどうなっていくか注目しましょう。

タイトルとURLをコピーしました