テニス

プロとアマチュアの違い【スポーツへの姿勢】

2020年11月16日

さまざまなスタジアム

このページではさまざまなスポーツにおけるプロとアマチュアの違いについて大まかに解説します。

一口にプロといっても競技や実施国によって違いはありますが、大まかな法則性みたいなのはあります

将棋のような頭脳競技にも通用しますので結構興味深いですよ。

ソースは筆者自身のサッカーとテニスと将棋の競技経験(すべてアマチュア)、そして数々のプロ選手の談話です。

報酬体系の違い

まずは報酬の違いから。

  • プロの報酬成績に応じて大きく動く
  • アマチュアの報酬プロほど成績に連動しない(あるいは金銭的な報酬自体が存在しない)

一般にプロ選手はスポーツ専業の個人事業主としてプロチームやスポンサーと個人契約します。

プロ選手はすごい成績を残せば億単位の報酬を得られる一方で、悪い成績だとガクッと下がるなど振れ幅が大きいです。

一方、アマチュアは実業団選手だと社員として業務を行う一方でその傍らでスポーツも行うという形です。

実業団選手は土台が企業の社員であるため、報酬はよくも悪くも安定しています。

スポーツの収益化

次は収益化の違い。

  • プロのスポーツ収益化に対して積極的
  • アマチュアのスポーツ収益化に対して消極的

プロの試合は、入場料、ユニフォームや競技場の広告、放映権料、ネットでの有料中継、グッズ販売、有料スクール、ゲーム化などさまざま面から収益化しようとするのが普通です。

例外的にアメリカの上位大学のバスケやアメフトの試合は、観客の入場料を1人あたり数千円~数十万円とったり、大きなスポンサーがついています。

また、その監督の年俸は数億円であることも珍しくないようにアマチュアの人気スポーツも収益化が著しいです。

日本はアマチュアスポーツの収益化は進んでいない、、、というか夏の高校野球以外では収益化が難しいでしょう。

イベントは多いか

次はイベントについて。ここでも思想が分かれています。

  • プロのイベントイベントの種類が豊富
  • アマチュアのイベントイベントの種類は少ない

プロスポーツのイベントとしてよくあるのは、現役オールスター、OBOGオールスター、チャリティーマッチ、芸能人を迎い入れてのスペシャルマッチ、スピードコンテストなど。

プロは始球式をはじめとして試合前のセレモニーも派手。選手紹介のアナウンスとかも丁寧にやってくれます。

功労者が引退する場合は引退セレモニーも派手に行います。

プロスポーツは興行(客から入場料をとる)として行いますから客の満足感を高めるために派手に盛り上げようとするのです。

一方、アマチュアはトーナメント戦や練習試合をひたすら繰り返すばかりでお祭り騒ぎみたいなのがあまりありません。

カッコつけたプレイ

  • カッコつけたプレイに対するプロの姿勢練習でも試合でも割とやってくれる
  • カッコつけたプレイに対するアマチュアの姿勢やらない(難易度が高くてできないともいえる)

カッコつけたプレイとは、バスケのダンク、テニスの股抜きショットなどがあてはまります。

練習中のイチローさん(元プロ野球選手)は背面キャッチを見せてくれました。

プロスポーツの観戦者はそれなりの入場料を払っていますから、それに応えるべく派手なプレイも見せてくれるのです。

派手なプレイは夢がありますし。

この点、高校野球はガッツポーズでさえも注意される風紀があります。

日本の学生テニスは派手にポイントをとったときに「カモーン」と叫ぶのが慣習化している。

義務的な練習と自主練習がある

  • プロ選手の練習量プロとしてチームから義務的に課せられる平均的な練習量は学生選手より少ない
  • アマチュア選手(とくに学生)の練習量多くの競技で学生時代の練習量は多い

一般論としてはアマチュア時代(とくに学生時代)の方がチームとして義務的に課せられる練習量は多いと思います。

とくに日本の学校の部活は朝が自主練で、午後の練習が全員参加みたいなところが多いのでは。

サッカーのユースチーム、テニススクールの選抜クラス、硬式野球のリトルシニアといった学校外の私的な組織だとプロへの道を合理的にめざすという感じです。上下関係も学校の部活ほど厳しくありませんが、入るにはテストに受かる必要があります。

一方、プロ野球は1週間あたり5試合くらい、プロサッカーは1週間につき2試合くらいありますから、試合優先のスケジュールになります(オフシーズンをのぞく)。

学生時代の練習は体力と基礎技能づくりに重きが置かれる一方で、プロの練習は試合間の調整に重きが置かれるといえます。

プロ野球やプロサッカーのシーズン前のキャンプではハードな走り込みも行われます。

つまり、シーズン中の練習とオフシーズンの練習では違うということ。

またプロ選手に学校の授業は基本的にないため、その時間を自主練にあてることもできます。

自主練の量は選手の自由ですし、年齢やポジションによって異なります。

勝利へのこだわり

  • プロ選手の勝利への姿勢勝利は重大な評価指標の一つであり生活がかかっているため、とにかく勝利にこだわる
  • アマチュア選手の勝利への姿勢それなりに勝利にこだわるが、プロほどではない

プロ選手の方が勝利にこだわります。勝利こそ一番のファンサービスともいわれるくらいに。

味方チームへのブーイングなんてのは勝ちにこだわるプロスポーツでないと見られない現象です。

勝つ確率を少しでも挙げるために相手への事前分析・対策も盛んに行われています。

アメリカ人は大雑把というイメージが強いでしょうが、プロスポーツにおける事前分析はかなり細かくて有名です。

もっとも、プロの方が勝利にこだわるがゆえに追放レベルの反則や時間稼ぎも多いでしょう。

追放レベルの反則とは、ドーピング、道具の不正改造、相手選手の買収、野球のサイン盗みなど。

ただし、日本のプロ野球のペナントレース(リーグ戦)は1年間に150試合以上もあるため、シーズン終盤の消化試合なんかはダレることもあるそう。

この点、アマチュアスポーツの中でも高校球児は生涯に甲子園への道は数回しかチャンスがなく、また甲子園への道はトーナメント戦である以上、勝利にこだわります。

高校野球で越境入学やカット打法が行われるのも勝利至上主義(甲子園至上主義)があるからでしょう。

引退後はサラリーマンが多い

  • プロ選手の引退後そのプロスポーツの指導者になりたがる人が多いが、その定員数は少ないため、アマチュアの指導者を担いつつサラリーマンや自営業になる率が高い
  • アマチュア選手の引退後サラリーマンをやりつつ地域のスポーツチームなどで指導者になる場合が多い

プロの野球界やサッカー界であまり活躍できなかった選手(大半の選手)が引退後に民間企業に就職する場合、待遇は高くないといわれています。

しかし、プロを経由せず名門校から大企業の実業団に入れば、引退後も大企業の社員として安泰だったりします。

夢を追うか、現実を追うかですが、数年前に京都大学からロッテに入団した田中さんは早々とプロ野球界に見切りをつけて三井物産に入社しました。

今後はプロ選手としてのキャリアがもっと評価される時代になるのかもしれません。

-テニス

© 2020 通勤コンパス Powered by AFFINGER5