テニス

オリンピックを中止すべき理由【五輪はただの遊びで運動会?】

2021年1月28日

先日、フジテレビ系のテレビ番組『とくダネ!』において古市憲寿さんが「オリンピックはただの運動会」という旨の発言をしていました。

古市さんがいうようにオリンピックが「ただの運動会」だとすると、

  • 陸上競技の走る系はかけっこ
  • 柔道は取っ組み合い
  • 野球は球投げ打ち遊び
  • バスケは玉入れ遊び(by天才バスケットマン桜木花道)
  • サッカーは球蹴り遊び
  • テニスは球打ち遊び

なんですよね。

私はテニスを競技レベルでやってきた人間ですが「テニスは球打ち遊び」と呼ばれても、それなりに当たっていると思います。

スポーツ=気晴らし、テニス=スポーツの一種であり、遊びは気晴らしと非常に近い関係にあるからです。

スポーツの語源はラテン語の「deportare」。その意味は日常生活から離れた「気晴らし」。

遊びは人間の生命維持にとって絶対的に必要とは言えず、生命に強い危険を及ぼしてまでも行うことではありません。

子どもの遊びは無秩序ですが、スポーツはルールに沿った競争的な遊びという違いがあります。

単なる殴り合いは犯罪ですが、ルールにもとづく殴り合いはスポーツ(ボクシング)として成立します。

そしてオリンピックはさまざまなスポーツをひとまとめにした祭典。

要するにスポーツの本質はルールに沿った競争的な遊びであり、大規模かつ国際的な遊びイベントは社会が平常運転のときにやるべきだということ。

この理論で行くと、まだまだ世界が平常化しそうもない「2021年夏季の東京オリンピックは中止すべき」だといえます。

テニスやサッカーのような球技はオリンピックよりも上位の大会が存在します。

しかし、他競技の中には「オリンピックこそ至高の大会」という位置づけの競技もあります。このような競技の代表選手はかわいそうな感じもします。

オリンピックは中止すべきか【五輪はただの遊びで運動会?】

高校総体や国体のような日本国内の全国大会なら開催するのもありでしょうが、やはり国際的な大規模大会は難しいのが現状です。

オリンピック開催ともなると選手・コーチ・マスコミといった外国人が数万人レベルで押し寄せるから。

彼らは東京だけではなく到着地点である成田空港(千葉県)、そして合宿地や練習場になる周辺の県も訪れます。

建前としては外国のオリンピック選手は練習場と宿泊施設と試合会場しか訪れません。これではストレスがたまりますから本番でも力を出しきれないことが予想されます。

それに外国のオリンピック選手は血気盛んですから、みんなが夜ずっとおとなしくしているとは思えません。

あまり大きな声で言えませんが、オリンピック期間中はハイテンションになって○行為におよぶ人もかなりいると聞きます。○行為といえば人類最高レベルの濃厚接触ですからね。

仮に選手の夜間外出は封鎖できたとしても、要人や報道関係者の行動は封鎖できるんでしょうか。

夜の街に繰り出す人は出てくるに決まっていますし、体格で劣る日本人がそこに強制力を行使するのもなかなか難しいでしょう。

それは例の病を広範囲にわたって拡散させます。

プロ野球やJリーグの開催とオリンピックの開催は同列ではないのです。

日本のオリンピック選手は空気を読んでおとなしくしてそうだけど、外国人はそんなに空気を読まないわな。
日本人ばかりが我慢して外国人が偉そうにしていたら、日本人は腹立つよ。

オリンピックは人間の尊厳が保てる状況下で行うべき

大会期間中は医療資源についてもどう考えても足りそうにありません。

五輪開催派は右翼に多く、右翼は「自国民を優先すべき」と考えやすいものですが、大会期間中の医療が外国人優先になっても構わないのでしょうか。

オリンピズムの目的は、 人間の尊厳の保持に重きを置く平和な社会の推進を目指すために、人類の調和のとれた発展にスポーツを役立てることである。

出典:オリンピック憲章-オリンピズムの根本原則

例の病について収束の展望はまだ薄い中での五輪開催はオリンピック憲章にいう「人間の尊厳」とも両立しないでしょう。

事前合宿も含めて各地の行政機関やホテルがオリンピック選手を軟禁状態にして、無観客あるいは少数の観客で強行開催しても、それは平和の祭典とはほど遠いです。

無観客開催は割に合わない

無観客開催なら訪日外国人は大きく減るため開催可能という見方もあります。

しかし、無観客開催をゴリ押ししているのはIOCにほかなりません。IOCとしてはとにかくオリンピックを開催さえできれば莫大な放映権料が手に入るからです。

日本に外国人を入れて日本の医療が崩壊して日本人がたくさん死んだとしても、IOCのバッハ会長は痛くないからな。
IOC委員は視察のためにチャーター機やスイートルームを使っているよ。これだけで数千万円はかかっている。資金源は日本のお金?

無観客開催が日本にとって大きな利益があればいいのですが、無観客開催だとチケット収入は得られません。

観光収入についても選手や報道関係者からの収入だけでは旨味が少ないでしょう。

というか無観客開催でも選手と報道関係者は訪れる以上、例の病へ莫大な対策費を支払う必要があります。

もし選手間でクラスターが発生したら世界各国から責任を問われる可能性すらあります。こんなのはどう考えても割に合いません。

日本国民の士気は低い

そのうえ日本国民の五輪開催に対する士気も明らかに高まっていません。

オリンピックは開催国の国民が歓迎ムードでないと意味がないと私は考えます。

大体、今のグダグダ感たっぷりのムードの中でオリンピックを開催しても、かえって日本の恥晒しになるだけ。

外国選手としても日本人が歓迎ムードではないことを感じて日本に悪い印象をもってしまうでしょう。

日本人も外国人もオリンピックを通じて幸せになれないのなら開催しないほうがマシです。世界の世論としても開催しないほうが同情してくれるのでは。

開催への士気が強いのは、自民党の二階幹事長みたいな与党の政治家、森元首相や山下会長のような委員会・協会幹部、あとは電通や観光産業など。
古いタイプの個人や組織が多いな。神風特攻隊、インパール作戦、八甲田山の雪中行軍のようだ。
逆に楽天の三木谷氏やソフトバンクの孫さんは中止派。新しい産業だしスポンサー関係が希薄だから言えるのかも。
最近の開催派は時間切れを狙っている感も漂っているよ。
開催派は開催することが日本のよいPRになると考えているけど、今の状態で開催しても黒歴史ができあがるだけなんだよな。

なおオリンピック開催を再び延期すると、開催後の選手村の住宅の分譲契約に支障が生じたり次回の五輪開催との調整が難しいです。

また毎年秋はアメリカのスポーツが最も盛り上がる時期でもあります。そのため再延期の線はかなり薄いと思います。

それなら無観客開催の方がまだ現実的でしょう。

選手の士気も低い

欧米の有力選手の中にはすでにオリンピックへの不参加を表明した人が複数います。

有力な選手が不在のままでのオリンピックで日本選手が上位入賞したとしても「それは欧米の有力な選手が不参加だったから入賞できた」とこき下ろされます。

そのうえ各国の選手団は日本国内での事前合宿を取りやめるなど開催直前での入国が多いため、コンディション的には日本、そして日本に近い国に有利になっています。

現状でのオリンピック強行開催はメダル価値が低くなっているのです。日本人がメダルを大量に獲得できるとすれば、残念ながら記録自体は低調になるでしょう。

メダル価値が低いタイミングでわざわざ強硬開催する必要があるのでしょうか。

じめじめした日本の酷暑に対応するのも結構キツイよな。

オリンピック強行派の意見

次はオリンピックを開催したい派の意見について。

オリンピックは運動会の一種でありながらも、

  • 選手として出場資格を得るのはかなり難しいから資格を得ている選手としては開催してほしい
  • 日本でオリンピック開催なんてめったにないからぜひ見たい
  • 準備の段階でコストがかなりかかっているから無駄にしたくない
  • 幹部はお金をたくさんもらっちゃったから強行開催するしかない
  • 日本国の威光を世界に知らしめたい
  • 五輪開催は経済の活性化につながる

という面もあります。

これがオリンピックを開催したがっている派閥の言い分でございます。

ちなみに今までにオリンピックが中止になったのは夏冬合わせて5回で、すべて戦争(第一次大戦と第二次大戦)が原因でした。

夏季大会は1916年のベルリン、1940年の東京、1944年のロンドン、冬季大会は1940年の札幌、1944年のコルチナ・ダンペッツォ(イタリア)が中止になりました。

1940年の東京大会は日中戦争の影響で1938年の時点で開催を返上。この東京大会は本来ならアジア圏では初開催になるはずでした。

日本は武道精神が強い

さて、私は冒頭で「スポーツは遊びだ」という旨の言葉を述べました。

しかし、日本のスポーツ関係者(とくに古いタイプ)は「遊び」という言葉に違和感・反感をもったはずです。

日本のスポーツは人格との結びつきや学校教育との結びつきが強いように精神修養に近いため、スポーツと遊びを一緒にしたがらないのでしょう。

それは柔道や剣道が礼儀と段位をかなり重視するところにも現れています。相撲なんてのはもともと神事(神聖な儀礼)ですし。

欧米発祥のスポーツである野球についても日本の学生レベルだと髪型規定がうるさいように日本風にアレンジされてしまっています。

日本の学校の部活動は遊びながら楽しむことが主眼ではなく軍隊的な調教になっているのです。

もちろん遊びながら楽しんでばかりいてはスポーツは上達しませんし、気の緩みすぎはケガにもつながるため、それなりの指導は必要です。

しかし、遊びの精神も取り入れるなどして、そのスポーツを好きになってもらうなどバランスが重要です。

学生時代のスポーツが軍隊的だったためにそのスポーツが嫌いになったなんていう人はたくさんいますからね。

日本のスポーツが真の意味で強くなるには「楽しむ精神」がもっと必要だと考えます。

2021年はオリンピックを楽しめる環境ではないため、オリンピックを中止すべきというわけ。

この記事も読まれています

-テニス

© 2021 通勤コンパス Powered by AFFINGER5