ビジネス社会

クイズノックはなぜ人気なのか

2020年2月29日

クイズに熱中する人

クイズに情熱を燃やし、卓越した知性をもつ東大生・東大OBが多くを占めるYouTuberグループ、それがクイズノック(QuizKnock)です。

クイズノックの基本メンバーは以下の6名。

  • オールマイティーな天才クイズ王だけど、運動神経が?な伊沢さんみんなのまとめ方も笑いのとり方もうまい
  • ナイスガイなムードメーカーの須貝さん伊沢さんがあっさり正解を出してからも制限時間いっぱいまではガムシャラに答えを出そうとする姿勢が印象的
  • 文系なのに理系にもかなり強い川上さん知識が欠ける分野のクイズでも思考力を駆使して答えを出す力や、ボードゲーム系の戦略思考がすごい
  • 理系なのに文系にもかなり強い山本さん漢字の知識量がすごいうえに達筆でモテそう(なんとなく見た目は関ジャニ∞の安田さんっぽい)
  • 法学と歴史に強いけど「朝からそれ正解!」では面白い回答を見せてくれるこうちゃん基本的にはにこやかですが、リアルガチのときは真面目な顔
  • 「朝からそれ正解!」でaboveという伝説的な回答を放った河村さん肌がキレイでミステリアスな雰囲気を感じます(女装したら美人かも?)
  • パズルと編集に強いが野菜にはやたら弱い福良さん一般人でも野菜クイズだけなら勝てるという希望をもたせてくれました
クイズノックのメンバーの人気投票を行ったら、メディアへの出演回数・露出度が高い人ほど上位に行くと思う。1位は伊沢さんとして、2位以下はどうなるか。
クイズノックの一員という時点でかなりの人気者なんだよな。

クイズ系の人間や高学歴のYouTuberは他にもたくさんいますが、なぜ彼らには抜きんでた人気(面白さと魅力)があるのでしょうか。

簡単にいうとクイズノックに人気がある理由はギャップと企画力にあると思います。今回はこちらについて見ていきましょう。

これから副業でYouTubeに参入しようとしている人にも参考になると思います。

この場合のギャップとは、東大生・高学歴人間に対するステレオタイプを覆されたという意味でのギャップです。

クイズノックはなぜ人気なのか

さて、日本人の半分くらいは希望の高校・大学に入るために受験勉強をするものです(残り半分は推薦入学か、大学には進学しない)。

こういった一般入試の頂点にあるのが東京大学ですから、東大生の凄さは身をもって知っている人が多いでしょう。これが東大ブランドの根源だといえます。

東大に入るには結構な勉強量が必要ですから、「東大生=牛乳瓶メガネをかけ、人間味には欠け、分厚い六法全書をわきに抱えた堅物のガリ勉で、卒業後はエリート官僚」みたいなステレオタイプがありました。

なんという古い偏見。

でも、クイズノックのメンバーはそれをよい方向に裏切ってくれました。

彼らの知性が素晴らしいのはいうまでもありませんが、全体的なノリは普通の明るい男子高生という感じなのです。

誤答や鮮やかな正答、難問が出た際のツッコミやガヤもテレビのバラエティー番組並みに活発化しますが、そこには高度なワードセンスがさりげなく込められています。

ああいったツッコミやガヤは台本なのか、それともアドリブなのか気になるところです(たぶんアドリブが多いと思います)。

それから彼らは難しいクイズに正解したときでさえも偉ぶりません。そこではフィクションに出てくる高学歴キャラにありがちな嫌味をまるで感じません。これが好感度の高さにつながっているでしょう。

受験数学では解法を暗記していれば解けるという説がある。Googleの入社試験回で伊沢さんは時計の短針長針問題を知識で即答していたが、他の理系メンバーは論理的に考えて答えていた。
数学の正攻法は論理的に考えることなんだろうけど、早押しクイズでは知識があるほど有利だよね。

メンバーはクイズを心底楽しんでいる

彼らはクイズが大好きで好奇心旺盛な少年のようによく笑います。アニメ・声優や芸能など学術以外の分野もかなり詳しいです。頭が柔らかくないと解けない、なぞなぞにも強いです。

筆者のように東大生といえば堅物だと思い込んでいた視聴者は、そういった人間味や頭の柔らかさを見るとよい意味で裏切られます。

東大出身の芸人、プロボウラー、ゲーマー、棋士は注目されやすい。東大生には手堅いサラリーマン志望者が多い中で異質だからだ。

メンバーの情熱と行動力はホンモノ

また、クイズノックのメンバーはクイズのためならウォータースライダーに乗ったり、野球のノックを受けるなどYouTuberらしく体を張った企画も展開します。

指定された元素が含まれる商品を買いに秋葉原へ出かけるなんていう企画も面白かったです。その動画は芸が細かく、冒頭では小学生を演じていました。

彼らはどんな企画でも楽しそうにクイズに取り組んでいます。

YouTubeの視聴者は他人が熱中しているところを見るのが大好きですから、知的な東大生が斬新なクイズに熱中しているところに引き込まれます。

須貝さんがiPhoneの綴りを、伊沢さんが漢検の解答欄を間違えていたときでさえも、逆に「東大生でさえもケアレスミスをすることがあるのか」と安心したくらいです。

地上波のテレビ番組でもクイズノックのメンバーを見ることはできる。でも、YouTubeの方がクイズの形式は創意工夫に富んでいるし、彼らもリラックスしている感じ。
ジャニーズが好きな人は、5人の男が日常的な感じで仲良くしているのを見ているだけで和むらしい。クイズノックが好きな人の感覚もそれに近いのかも。
それは”学校で同じクラスの男子”という感覚だね。東海オンエアやフィッシャーズのように人気のYouTuberグループはそういう雰囲気をもっているのかもね。

日本の学校で勉強は苦痛感が漂うものですがクイズノックの動画を見ると「これから勉強しよう」「もっと勉強しておけばよかった」という想いにも駆られるものです。

また「クイズノックのメンバーのような人が学生時代の担任ならよかったのに」と思う人はかなり多いはず。

とくにクイズノックの動画で捻った問題が出たときに、正解へ至る道筋をわかりやすく解説しているところには高いセンスを感じます。

企画力も優れている

それからクイズノックには企画力があります。とくに印象的なのは、

  • 文字がなく句読点と中黒と鍵括弧だけの問題文
  • 4000択クイズ
  • 超高速早押し【ウルトラマンDASH】
  • 文字化けの解読
  • 読み間違えクイズ
  • Google翻訳クイズ
  • 逆さクイズ

といったところ。

文字化けや自動翻訳など現代人にとって身近なIT分野をクイズとして利用している点に高いセンスを感じます。

4000択クイズは答えを二重に推理しないと正解に行きつかなった点が面白かったです。

超高速早押しの回は「朝からそれ正解」でもないのに基本メンバーがすべてそろっているうえに、伊沢さんのリアルガチと須貝さんの戸惑いが強く見えた回なので印象に残っています。

このときの回答のすさまじい速さは凡人とは根本的に違う何か専門的に訓練されたアスリートのような能力を感じました。

多くの人にとってクイズは娯楽みたいなものですが、クイズノックのメンバーは、とくにガチのときは競技志向ですから根本的に違うのだと思います。

筆者自身もクイズマジックアカデミーというゲームではドラゴン組(最上位クラス)にいた経験があるのですが、そこの上位者よりも圧倒的にスゴイと感じました。

逆さクイズは最後の問題の答えが「わたしまけましたわ」という回文になっていたのは、よくつくり込まれた良問だと思いました。

クイズノックの動画はどれも著作権や肖像権に配慮されている。さすがに抜かりない。
確かにテレビ番組のパロディー企画のときでも絶妙な似せ方をしている。動画の概要欄にある素材の提供元とかも毎回きちんと書いてある。

個人的には日本テレビがクイズノックとコラボして「アメリカ横断ウルトラクイズ」や「マジカル頭脳パワー」をスペシャル番組として復活させたら面白いと思います。

とくにアメリカ横断ウルトラクイズなら視聴者も参加できます。

どうですか?日テレさん。

メンバーにふさわしい職業は何か

最後に余計なお世話でしょうが、クイズノックのメンバーにふさわしい職業の候補をあげてみました。

彼らにはどんな職業が望ましいのでしょうか。

  • このままYouTuber

副業として続けたり、外国語圏に進出するのもありかな。

  • 起業家

すでに法人化されていますが、他の分野にも拡大しながら乗り込むのはどうでしょうか。

そしてゆくゆくは上場企業へ。

クイズノックは「勉強」と相性がいいから、彼らとタイアップした文房具は売れやすい。
普通のクリアファイルは1枚あたりの売価が10円~20円とかだけど、クイズノックのクリアファイルは400円!こんな価格で売れるのはジャニーズ級なんだよな。
クイズノックはかなり儲かっているっぽい。でも、金持ちYouTuberにありがちな変な成金感はないし、教育界に貢献しているから人気・好感度も高い。
  • 官僚

東大生の就職先の定番といえば官僚。でも、クイズノックのメンバーは「官僚なんてつまらない」とか思っていそうな気もします。

それに官僚の仕事ではクイズノックのメンバーの能力が活きない感じもします。

  • 大学教授

あれだけ博学だと大学教授にもなれるでしょう。

クイズを学問として研究する人は少ないでしょうから、意外と需要がありそうです。

学生からも好かれそうですし、学生もやる気を出しそう。

  • 国会議員、とくに文部科学大臣

クイズノックのメンバーが国会議員や文科大臣になれば、全国的な政策レベルで教育の現場にクイズを導入することもありそう。

そもそも勉強の基本事項についてはクイズのごとく暗記することも必要。

そして伊沢さんが専門外の医学クイズでも正解を連発していたように、知っている基本事項から正解を導く思考力も必要です。

教育行政を担う人には教育の現場を効率化してほしいと思います。

  • エリート企業の従業員

東大生が就職先として好む民間企業といえば、財閥や半官半民の名門企業。

でも、伝統的な大企業よりも新興企業の方がクイズノックの感性は役立つような気もします。

伊沢さんは東大卒でありながら大企業や官庁に就職しなかった。ちょっともったいないかも?
その意味では東大卒を活かしていないけど、テレビのクイズ王、そしてクイズノックのメンバーとしては東大卒という経歴を大いに生かしている。
  • 予備校講師

予備校講師は林先生のように実力次第でエリート企業の幹部よりも高い収入を得られます。

ですから、予備校講師なんていう道も意外とあると思います。

  • クイズ作家

クイズをつくる需要が堅調であれば、クイズ作家になるのもありでしょう。

作家業とYouTubeは両立しやすいでしょうし。

一昔前のクイズ番組ではおバカ回答を連発するタレントが売れた。でも、東大生は大衆を知性で魅了してほしい。そして大衆をよい方へ導いてほしい。

-ビジネス社会
-,

© 2020 通勤コンパス Powered by AFFINGER5