社会を広く見渡したときのDNA鑑定の是非

父子間のDNA鑑定の義務化は無理がある

父親と子ども

父親は子どもとの真の親子関係に確信をもてない

当たり前ですが、女性が子どもを産めば、その女性はその子の母親にほかなりません。

しかし、父親にとっては自分と子どもの間では親子関係に確証をもてない場合があるでしょう。つまり、妻は浮気しており、その子の本当の父親は自分ではないかもしれないという疑いです。

こうした疑念を一気に解消するのが父子間のDNA鑑定による証明です。

賛成派の主張

DNA鑑定義務化の賛成派は、父親がDNA鑑定を言い出すと、妻との間の信頼関係が壊れるから強制した方がよいと主張します。

筆者も男ですから男性が自分の子孫を残したいという本能をもっていることはわかります。しかし、広く社会を見渡すと義務化には無理があると考えます。

公権力のあるべき形

そもそもDNA鑑定を義務付けるという行為は、公権力が親子関係を強制的に明らかにする行為にほかなりません。

しかし、やましいところがない夫婦はそれでよいとしても、世の中には一定の割合で托卵型家族もいます。残念ながらこれは間違いありません。

そこにDNA鑑定を強制した場合、法律が、放っておけば平穏だったはずの親子を引き裂いてしまいます。?

このとき父親は救われるとしても、子どもは不幸になるでしょう。母親やその子の本当の父親には責められるべき重大な点があるとはいえ、子どもがかわいそうです。

そういう子どもは非行に走って健全な家族に迷惑をかけるかもしれません。つまり、社会全体の秩序をうまく調整しようとする公権力にとってDNA鑑定の義務化は無理があるのです。?

実際、各国の民法では親子関係とは生物学的なつながりが要件ではないとされています。

つまり、人間は血がつながっていない人との間でも親子関係を築けますし、公権力は家族という私的な領域に過剰に介入すべきではないということです。

You are not the father

以前、アメリカで『You are not the father』という番組が盛り上がりを見せていました。この番組に出演する夫は妻の浮気を疑っており、その子どもの本当の父親ではないと主張します。

妻はそれを否定するのですが、DNA鑑定によって夫の疑念が真実であることを告げられると夫はものすごい喜びを見せる一方で、妻は沈痛な面持ちで過去を振り返る人もいれば、逆上する人もいます。

疑いをもっている夫婦間でさえこのありさまですから、何も疑いをもっていなかった夫婦の仲が公権力によって引き裂かれたら社会のいろんなところがおかしくなるのは目に見えています。

したがって、DNA鑑定をやるなら私的にやるしかないわけです。

こんなものをTVショー化するのはアメリカ人くらいなのかな?



社会科学 地理の知識 雑感 ビジネス