若者の特徴はYouTuberから見える【あなたは旧世代?若い世代?】

通勤快速の停車駅のすべて

首都圏の通勤快速通勤路線と住宅

首都圏のJR線と東京メトロとつくばエクスプレスには通勤快速という種別があります。

通勤快速は基本的に平日限定の運用であり、JRのグリーン車でなければ運賃以外に別料金は必要ありません。

通勤快速は速くて便利なのですが、会社や路線によって特徴がわかれており、乗り間違うと一気に遠くまで運ばれてしまいます。

そこでこのページでは首都圏の通勤快速について路線図、停車駅、運行日時に触れながらわかりやすく解説します。

最後にはみなさまに役立ちそうな筆者の見解も載せてあります。

まずはJR中央線から見ていきましょう。

スポンサーリンク

通勤快速の停車駅

中央線の停車駅
中央線の路線図

JR中央線の通勤快速は平日夜の下りのみの運行。

しかし、平日朝の上りは通勤特快があります。これも実質的には通勤快速のような存在。

通勤特快の停車駅は国分寺のあとは新宿までノンストップです。

大月~高尾の各駅、すなわち猿橋、鳥沢、梁川、四方津、上野原、藤野、相模湖に通勤特快は停まります。

しかしというか当然というべきか、ラッシュ時の中央線は運行本数がやたら多いので高尾~東京は電車が渋滞しています。

そのため通勤特快の所要時間はすごく短いというわけではありません。

中央線の通勤特快は国分寺や三鷹などで快速を追い越します。

国分寺~新宿は長い時間にわたってドアが開かないため、そこに入る前には「体調のすぐれないお客様は快速東京行きをご利用ください」というアナウンスがあるほど。

ご乗車の際はお気を付けください。

京葉線の停車駅は外房線・内房線と一体

京葉線の路線図

JR京葉線の通勤快速は平日朝の上り、平日夜の下りにあります。

上りの始発駅および下りの目的地は、上総一ノ宮、君津、勝浦、成東など。

蘇我~新木場がノンストップである一方で、蘇我以遠は停車駅が多いです(蘇我以遠の停車駅は省略)。

舞浜や海浜幕張には停まりませんので東京ディズニーリゾートや幕張メッセ・千葉マリンスタジアムに行く人は気をつけてください。

昔の京葉線では学生が入試の日に通勤快速に誤乗して入試会場に遅刻しそうになったから、通常では停車しない駅に温情停車させたことがあった。
温情停車ってことは車内で車掌へ向けて車内非常通報装置を使ったか、それとも混雑の中をかき分けて車掌のところまで行ったのか。
今そういう温情停車が行われたら、SNSで賛否両論がすごそう。

総武線の停車駅の中で船橋だけは別格?

総武線の路線図

JR総武線の通勤快速は平日朝の上りと、平日夜の下りにあります。錦糸町~千葉の間においては船橋にのみ停車します。

千葉以遠の停車駅は、都賀、四街道、佐倉、酒々井、成田、空港第2ビル、成田空港。

基本的に成田方面行の通勤快速は東京始発ですが、千葉県からの通勤快速・逗子方面行は横須賀線に入ります。横須賀線内の停車駅は通常の横須賀線と変わりありません。

横浜駅を通過する東海道線の通勤快速

東海道線の路線図

東海道線通勤快速の停車駅

JR東海道線の通勤快速は平日夜の下りのみ。なんと神奈川トップ2の駅である川崎と横浜を通過します。

有料特急の踊り子号やサンライズでさえ停まる横浜駅を通過するとは大胆な停車駅です。

また東海道線は宇都宮線・高崎線と運用が一体になったため東京駅からは座りにくくなりましたが、通勤快速はめずらしく東京発です。

要するに、東海道線の通勤快速は東京駅から大船~に急いで座って帰りたい人に向けた停車駅だといえます。

東海道線の通勤快速が横浜駅に停まらないのは、大船以遠に帰宅する人に向けた運用だから(遠距離と近距離の通勤客を分ける=遠近分離)。

平日朝の上りに通勤快速がないのは、本数が夜よりも過密であるため普通列車と同じくらいの速度しか出せないから。

この理論だと中央線の通勤特快も不要となりますが、中央線の通勤特快は体裁だけでも繕っておきたいからでしょう。

京急のウィング号はJRに対抗して上大岡~品川が上りも下りもノンストップ。ウィング号の乗車は別料金が必要だけど。

宇都宮線と高崎線は上下とも夜のみで上野起点

宇都宮線の停車駅
宇都宮線の路線図
高崎線の停車駅
高崎線の路線図

JR線の通勤快速は平日朝の上り、平日夜の下りが基本。

しかし、宇都宮線と高崎線の通勤快速は平日夜の上下のみというパターンになっています。

面白いのが宇都宮線も高崎線も都区内では乗降客数の少ない尾久駅に停車すること。

宇都宮線と高崎線の上り通勤快速の目的地は上野で、下りの始発も上野です。

これは東海道線の通勤快速と同じ発想で、上野駅から北へ帰宅する際の着席サービスという位置づけでしょう。

上野東京ライン系の東海道線と宇都宮線と高崎線は東京駅と上野駅の帰宅時の下りに始発設定があるのに、湘南新宿ラインは新宿・池袋・渋谷に始発がないね…。
ついでにいうと中央線も京葉線も総武線も下り通勤快速の始発は東京駅だね。埼京線の下り各停は新宿始発があるけど、池袋・新宿・渋谷には新幹線もないように何か不遇感がある?

池袋・新宿・渋谷は私鉄と私鉄系のお店が豊富だけど、東京駅は私鉄がないという点ではバランスがとれているかも。上野は京成だけだし。

湘南新宿ラインは路線として独自のレールをもっているわけではなく、さまざまな既存路線を数珠つなぎにして走る、新しくできた運転系統。

山手線圏内の湘南新宿ラインは埼京線と同じレールの上を走るため、レールとホームに余裕がありません。そのため始発設定は難しいと考えられます。

埼京線の通勤快速は本数が多い

埼京線の路線図

JR埼京線は平日朝の上下と平日夜の上下の快速はすべて通勤快速のみ。そのため本数は多く希少感がありません。

なお新木場~大崎は東京臨海高速鉄道りんかい線の区間でありJR線ではありません。

東海道線と宇都宮線と高崎線と京葉線と横須賀線の通勤快速は中距離ユーザーに向けた着席サービスという色彩が強いですが、埼京線・川越線は中距離通勤路線ではありません。

そのせいか埼京線の通勤快速は本数が多く、停車駅はマイルドな感じです。

板橋と十条と恵比寿にも停車します…。

中距離通勤向けのJR車両にはトイレとクロスシートがあるよ。埼京線の車内にトイレがないのは埼京線が中距離の路線ではないという証。
その理論だと京葉線の通勤快速にもトイレがあっていいはずだけど、これは例外かな。

中央線の通勤車両の車内にはトイレが一部で設置されつつあります。

中央線は東京~高尾として見ると近距離路線ですが、東京~大月・河口湖として見ると中距離路線みたいなもの。

東京メトロ東西線と副都心線の停車駅

東西線の路線図

東京メトロ東西線の通勤快速は平日朝の西行に限っての運転です

通常の快速よりも停車駅が多いです。

副都心線の路線図

上の画像のように東京メトロ副都心線は急行と通勤急行を運転している。これは通勤快速と同じような位置づけ。名前を統一させないのは、副都心線は私鉄との相互乗り入れに配慮しているからか。
東西線は東西線でJRと東葉高速鉄道に乗り入れているから、種別名の統一は難しいんだろう。

つくばエクスプレスの停車駅

つくばエクスプレスの路線図

つくばエクスプレスの通勤快速は平日夜の下りのみの運用。

そのうち区間快速と統廃合される可能性もあると思います。

まとめ:種別は共通化できるか

大手私鉄には通勤急行、区間快速、快速急行といった種別があり、実質的にはJRの通勤快速に相当する種別もあります。

このあたりの種別の違いは地方出身者にとってかなりややこしいですし、英語表記の区別も難しいです。

そのため、JRと私鉄と第3セクターは電車の種別を共通化させた方がいいと思います。

そういえばJR西日本と東海は新快速を走らせているけど、新快速はJR東日本でいう特別快速や通勤快速みたいなものなんだよな。私鉄との間ではもちろん、同じJRの会社間でも種別がバラバラってよくないでしょ。