テニス

テニスが楽しい理由を語りつくします

2020年7月23日

テニスを楽しむ子どもたち

筆者は中学ではソフトテニス部に入り、高校生から社会人の今に至るまでテニス(=硬式テニス)を続けています。

今回はそれらの経験でわかったテニスのプレイが楽しい理由と、テニスを楽しくするためのちょっとしたコツを紹介します。

テニスというと、硬式テニスを指すのが普通。
テニスのプレイの楽しさと観戦の楽しさはまた違うよね。

テニスが楽しい理由は爽快感にあり

テニスが楽しい最たる理由は、ラケットでボールを打ったときの爽快感がちょうどいいこと。

ボール(シャトル)のスピード(初速)だけならバドミントンの方が上ですが、バドミントンの打球感は軽いんですよね。卓球も打球の手応えは軽いといえます。

卓球もバドミントンもゲームとしては面白いのですが、ピンポン玉やシャトルの重さは軽い以上、打ったときの手応えも軽いのです。

また卓球はコートが狭いため、自分が打った球の伸びを球の後方から確認するほどの余裕がありません(卓球は球を見下ろす形になるとともに相手にすぐに届く)。

かといって、野球の硬球は硬すぎます。硬球の打球感はかなり重く、芯を外すと手が痺れる感じです。私は初めて野球の硬球に触ったとき「これは必要以上に硬すぎ!石みたい」と思ったものです。

これほどまでにボールが硬いと気軽に打ちたいと思えません。実際、軟式野球のバッティングセンターは全国各地にありますが、硬式野球のバッティングセンターはごくわずかしか存在しません。

硬式野球の投手は打球をぶつけられて亡くなったり、観戦中にボールが当たって観客が失明する事故まで起きています。

硬式野球は素人の打球でも80m前後飛ばせる。これはかなり気持ちいいけど、バットは細いから当てにくい。

テニスボールの硬さと重さはちょうどいい

この点、硬式のテニスボールはほどよい硬さと重さです。打球感も軽すぎず重すぎずでちょうどいいのです。空振りも滅多にありません。

テニスには無回転、順回転、逆回転、斜め回転、横回転があるよ。野球だと変化球を投げるのは技術的に難しいけど、テニスはラケットだから楽チン♪

私は野球ボールを投げた時の球速が90km/h~100km/hくらいですが、ラケットを使って硬式のテニスボールを打てば150km/h以上の速度を出すことができます。

150km/hといえばプロ野球の投手が放つストレートの球速くらいですから気持ちいいです。

また、テニスコートはそれなりに広いので自分の球筋を後方から確認するだけの余裕があります。

とくにインドアコートで打つと打球音が素晴らしく響くため気持ちいいですよ。

お金を出せばエアコン付きのインドアコートでもプレーできます

ポイントをとったときの気持ちよさ

テニスのサーブ

サーブを打つ瞬間の筆者。野球の投手のフォームに似ています。

テニスの爽快感はラケットにボールが当たった一瞬だけではありません。

相手がとれない(打ちにくい)ところに打って自分が意図したとおりにポイントがとれたときにもあります。

悪い言い方をすると、ラリー系のスポーツは意地悪合戦なのです。

普段の生活では他人に意地悪をしてはいけませんが、テニスはルールとマナーの中では意地悪VS意地悪だといえます。

この点、卓球はコートが狭いですし、バレーボールのコートには半面だけで6人いますが、テニスコートには1人か2人しかいません。

つまり、テニスコートは広さの割に人数が少ないので、振り回されたときに走る距離が大きいのです(=テニスは意地悪の度合いも大きい)。

こういう意地悪合戦に勝ったときは気持ちいいですよ。

テニスは試合は意地悪合戦だけど練習は協調的で、相手が打ちやすいところに打てる人ほどうまいと見なされる。
それは対照的♪

フィジカルが足りなくてもテクニックで補える

そもそも人間の運動神経には大きくわけて2つの系統があります。それはフィジカルとテクニック。

テニスはフィジカルが欠けていてもテクニックで補うことができます。

フィジカルとは、筋力や持久力といった肉体能力を意味します。

一方、テクニックとはボールに回転をかけたり、ボールをコントロールすることです。

テニスにおいては打球や自分が走る速度は遅くても、ボールの扱いが上手ければ勝つ道があります。

実際、学校の体育でテニスの授業を行うと、100m走やソフトボール投げの記録で目立たなかったタイプが意外とうまかったりします。

あれはフィジカルが欠けていても、ボールを扱うテクニックは長けているからです。

テニスは、フィジカルの足りなさをテクニックで埋めることができるため、生涯にわって続けやすいスポーツだといえます。

草大会が多い

さて、テニスは社会人レベルでも大会が多い競技です。そこでは自治体だけでなく、そこらじゅうにある民営のテニススクールも大会の主催者になっています。

野球やサッカーは18人~22人はいないと試合が成立しませんし、急造チームだとチームワークに難があります。

この点、テニスの試合は2人からできますし、個人競技なので個人参加の大会を開催しやすいのです。

また日本の大学で花形のサークルといえばテニスなので、そのあとの社会人時代でもテニスの大会が多いといえます。

野球やサッカーはたがいの身体が接触するため男女混合の試合が難しいのですが、テニスは男女ペアのダブルス大会もあります。

これによって恋人や夫婦という形でダブルスを組むことができます。これならたがいの絆も深まるというもの。

テニスを楽しくするためには

ここで高校や大学のときに授業やサークルなどでテニスの経験はあるけど「あまり楽しくなかった」という思い出をおもちの方に、テニスを楽しくするためのアドバイスを一つします。

それは「ラケットを振り切って回転をかけた打球でラリーを5往復つなげるだけの実力をつけること」です。

というのも以前アメトーークの「運動神経わるい芸人」の回でフルポンの村上さんとフットボールアワーの後藤さんがテニスのラリーを続けようとしていましたが、2人はどう見ても楽しそうではありませんでした。

なぜなら彼らは初心者なりにラリーを続けることはできても、それはどれも当てるだけの打球だったため爽快感がなかったからでしょう。

これはバッティングセンターに例えると、バントしかしないようなものです(当てるだけで振り切らない)。正直言ってバントだけの野球、当てるだけのテニスは面白くありません。

初心者の感覚だと、ラケットを強く振るとテニスボールは大きくアウトするため、当てるだけのラリーになってしまうのでしょう。

しかし、練習を重ねれば強く振ったときにはボールに強い回転がかかるため、それによってボールをコートに入れることができます。

この段階まで行きつけばラリーは安定するとともに、テニスは楽しくなるはずです。

テニスの楽しさのまとめ

テニスは気分爽快ですし生涯にわたって楽しむことができます。

社会人で「なんか新しい趣味を始めたいな」と思っている方はぜひテニスを始めることをおすすめします。

サッカーや野球のサークルは経験者じゃないと入りにくい感じがありますが、テニスはまるで問題ありません。

テニススクールの無料体験もそこらじゅうにありますし。

-テニス

© 2020 通勤コンパス Powered by AFFINGER5