当サイト「社会の杜」のおすすめ記事のまとめ

同窓会でよくある意見のまとめ

学生時代 社会
スポンサーリンク

若いころは濃密なだけに同窓会が活きる

日本人の若い時期は学校中心に物事が進みます。

学校でクラス替えを行うのは1年~2年で1回くらいのペースですから、よくも悪くも同級生といる時間は長いです。

また、少年スポーツ(サッカー、野球、ミニバスケ)や部活動なども学校単位でチームを組む場合が多いですから、必然的に学生時代の思い出は濃密です。

学校の人間関係は濃密なだけに、それはイジメの原因もなる。

そこで学校を卒業してから数年・数十年後に当時のメンバーが集まろうということになるわけです。

これが同窓会です。今回は同窓会について肯定派と否定派にわけてありがちなことをまとめました。

肯定派の意見

  • 学生時代には接点がなかった人でもとりあえず変わりぶりを見るのが楽しい
  • 学生時代は「日本の学校は閉鎖的」とネガティブにとらえていたけど、時間が経ってみるとポジティブにとらえられるようになった
  • 当時は地味だった人が派手になっていたり、逆に派手系だった子がおとなしくなっていたりと面白い(整形した人もいるんだろうな)
  • 昔話を共有できるのは楽しい
  • 当時は仲良くなかった人と意外と話が盛り上がる場合がある
  • 現役世代の男は仕事や収入を自慢するが、70代とかになると生きていることを確認しにいく場になる(病気や孫の話題が多い)
  • 最近の同窓会には一般人であってもスポンサーがつくから費用を抑えられる(子育て世代の同窓会であれば、子育て系企業の試供品や広告が並ぶ)
  • 最近では「〇〇市の30歳の同窓会」というような市町村主催による合同の同窓会がある
  • 高校は同じくらいの学力の人が集まるが、公立中学はいろんな人がひとまとめにいるので同窓会も面白い
  • 自分のことをちょっと覚えていてくれるだけでもうれしい
  • 二次会なしでの参加ならいいかな

否定派の意見

  • 20歳くらいにやる同窓会は学生時代から大した変化がなくてつまらない
  • 男は仕事や収入を、女は夫や子どもを自慢し合う場になりがち
  • 同窓会はマウント大会になりがちだが、仕事に関してぶっ飛んだレベルで有能な人は多忙で出席しなかったりする
  • 微妙なレベルの勝ち組が行きたがるのであって、超勝ち組は来ない
  • そもそも呼ばれない、というか同窓会が開催されているのかも不明
  • 自分の思い出は美化されていたことに気づいた
  • 先生並みに老けている同級生がいた
  • 夫が医師っていう子がいたけど、スゴイのは夫であってあんたではない
  • フリーターは肩身が狭いです
  • 後日、営業行為をしていくる人は鬱陶しい
  • 学生時代の元カレ・元カノに会うとなんか微妙な空気になる
  • 当時好きだった人が悪い方に激変していてショック
  • 今になって「当時は好きだった」といわれてなんか微妙
  • 結構仲良かった人に忘れられているとショック
  • 女は同窓会前にエステに行くが、そこまでの価値はあるのかな
  • 女は化粧で誤魔化せるとはいえ、男の方が老け具合が大きいような気がする(仕事で疲れている?)
  • 30代の同窓会でもすでに亡くなった人がいてちょっとショック
  • 自分は女で収入は多いけど独身で子どもがいないから行きにくい
  • 中学と高校と大学とで事情がいろいろ違うけど、自分は気の合う人が多かった高校の同窓会がいい
  • 自分は地元に愛着があるので、地元の人間だらけの中学の同窓会がお気に入り
  • ドラマのごとく不倫に発展したカップルを知っている
  • 1学年に250人いてそのうち150人が参加したとしても、仲良く話せるのは一部だけだから仲のいい当時の友人だけで集まった方がいいような気がする
まとめ

LINEやらFacebookのおかげで昔よりも学生時代のメンバーとの連絡は簡単になりました。

それだけに同窓会はこれから頻度が上がることが予想されます。

事前に意見を知って同窓会に備えましょう。

タイトルとURLをコピーしました