当サイト「社会の杜」のおすすめ記事のまとめ

リーマンショックの原因をわかりやすく解説

ウォールストリート 社会・政治・法
スポンサーリンク

リーマンショックの原因

2008年に起きたリーマンショックといえば、世界各国の景気を大きく低下・停滞させたために未だに当時の暗い雰囲気を思い出してしまう方も多いかと思います。

しかし、資本主義社会で生きている以上、大なり小なり好景気と不景気に直面してしまうのは仕方がありません。

そこで今回はリーマンショックの原因についてわかりやすく解説します。

原因を知って今後の人生に生かしましょう。

サブプライムローンの意味

リーマンショックの震源地はかつての世界恐慌と同じアメリカであり、その発端はサブプライムローンにあります。

サブプライムローンとは低所得者向けの住宅ローンです。

そもそも住宅ローンは一般人でも数千万円の規模で銀行からお金を借り入れるため、銀行の審査はかなり厳しいのが普通です。

しかし、リーマンショック前のアメリカでは高金利ですが低所得者にもローンが組めたのです。

もし、返済が滞ったらローン会社が土地と建物を取り上げて競売で売り払えばいいため低所得者でも問題ないと考えられていたのです。

実際、当時のアメリカは好景気で土地と建物の価格は上がっていたので、売り払ったときには利益が出ました。

さらにローン会社はサブプライムローンを債券化して儲けていました。それは分散投資の要領で小分けにされ他の金融商品とセットで世界中に売られました。

不景気のせいで悪循環になった

しかし、それが不景気になるとうまくいかなくなります。

不景気になると低所得者の所得は減りますし失業する人も多くなります。そこで低所得者はローンを返せなくなったら家を手放します。

株式投資では売りが多いと価格は下がるように住宅市場でも売りが多いと住宅の価格は下がります。

こうして住宅の需要と価格が下がると、ローン会社は低所得者から住宅と土地を取り上げて売ろうとしても利益が出ません。もちろん、サブプライムローンの債券を買っていた投資家も大損です。

それまでサブプライムローン関連の金融商品の格付けは高かったのですが、このように状況が悪くなってくると、格付けは悪くなるとともにみんなが売りに出します。これはいわゆる「売りが売りを呼ぶ展開」というやつです。

中でも大手投資銀行のリーマン・ブラザーズは大打撃を受け、その金融不安は世界中に波及してしまったというわけです。

タイトルとURLをコピーしました