転職に迷う20代から30代は幸せの要素を分解して検討しよう

軍隊はなぜ必要なのか、存在意義をわかりやすく解説

世界の軍隊 社会
スポンサーリンク

軍隊の必要性

世界のほとんどの国に存在する軍隊

日本の自衛隊は形式面や法制面では軍隊ではないとかいわれていますが、実質的にはどう見ても軍隊です。あれを軍隊ではないというのは屁理屈でしかありません。

自衛隊をはじめとした軍隊は、多くの人々をひれ伏せさせる強力な武器をもっており、そこには多額の税金がつぎ込まれていることがほとんどです。

これに関して、人々の脅威となる軍隊を廃止すれば平和が実現し、また軍隊に投じていた税金を社会保障などに使えると考える人もいるでしょう。

しかし、現実には軍隊の廃止はものすごく難しいです。というか、ほぼ不可能です(一部機能の民営化くらいなら可能)。

今回はその理由をわかりやすく解説していきます。

社会科学の著者でもある管理人は、この理由や背景について著書『高校生からわかる社会科学の基礎知識』でも解説しています。

軍隊が存在する対外的な理由

軍隊の廃止が難しい理由は、ものすごく極端な世界、つまり日本だけが軍隊を全廃した世界を想像してみればわかります。

このとき他国はどのように行動してくるでしょうか。

その場合は残念ながら、日本の領土・領海における天然資源の略奪、日本への不法入国、日本へのミサイル発射が現在よりも格段に増えると予想されます。

つまり、軍隊を廃止できない理由の一つは、それでは他国からの侵略が加速してしまうからだといえます。

これについて「軍隊が武器という脅しを使うから、むしろ外国の闘争心を駆り立ててしまうのだ。だから、軍隊や武器を廃止すれば平和になる」という考え方もあります。

しかし、たとえば日本の住宅や企業がカギをかけることを全面的にやめたらどうなるでしょうか。

おそらく泥棒天国になります。それと同じ理由で国家は軍隊を廃止できないのです。

その意味では軍隊や警察の類は、人間の悪なる部分に対応した機関だといえます。

日本だけでなく世界中が同時に廃止すればいいじゃん」と思う人もいるだろう。こんなのは非現実的だし、仮に実現できたとしてもすぐに新たな軍隊をつくり出す人が出てくるに決まっている。

軍隊が存在する対内的な理由

軍隊は対外的な理由だけでなく、対内的な理由でも重要です。

というのも、もし政府が軍隊を全廃したら、国民のなかに存在する悪人が勢力を伸ばして国を支配してしまいます。

政府が強い軍隊をもっているうちは、そういう悪人はおとなしく従っていました。もし悪人が罪を犯したとしても法に則って警察につかまり、裁判所や牢獄に行くしかありませんでした。

しかし、悪人が国をひっくり返してしまうと、そういったシステムの根拠となる法律や、悪人を取り締まる警察、司法判断する裁判所、囚人を収監する刑務所までがつぶされてしまいます。

これでは社会はメチャクチャになるのは明らかです。

そのため政府は、悪人が武力を使って国を無理やりひっくり返さないようにするために、国民(民間人)には軍隊の武力未満の武器までしかもつことを許可しないのです。

軍隊はその国のなかでは最強の存在でないと秩序を保てないのです。

日本の民間人に対する武器所持の規制は世界的に見てもかなり厳しい。これが世界でもトップクラスの治安につながっている。
でも、軍事力の世界ランキングでは日本は5番手くらいが定位置。

軍需利権の存在

さらに軍隊を廃止できない理由として「廃止すると政府と癒着している軍需産業が困るから」と主張する人もいます。

確かに軍需利権は各国に存在します。

しかし、軍需利権が存在するとしても、これまでに解説した対外的な理由と対内的な理由の2つがあまりに大きすぎるため、軍需利権はある程度仕方ないというのが現実的な見方です。

兵役・徴兵制度がある方が国民の教育にとって有効だと考える国もある。これも軍隊の存在意義と関連している。
まとめ

軍隊が存在する理由

  1. 外国からの侵略を防ぐため
  2. 国内の悪人が国家を転覆させることを防ぐため
  3. 軍需利権

なお世界の小国には軍隊を廃止できた国がありますが、そういう国は警察が軍隊並みの武力をもっていたり、近隣国の軍隊に国防を任せています。

ですから実質的な意味で軍隊を廃止できた国は存在しません。

以上は何ら右翼的な見方ではなく、いたって中立的で常識的な見方です。

軍隊に対して中立的な見方がもっと広まればと思います。

タイトルとURLをコピーしました