転職に迷う20代から30代は幸せの要素を分解して検討しよう

副業としての投資の種類とおすすめパターン

起業副業
スポンサーリンク

投資にはさまざまな種類がある

今、このページをご覧いただいているあなたは副業としての投資に興味があることでしょう。

しかし、投資にはいくつも種類があります。

種類がいくつもあると、収支の大小、元手資金の大小、副業としてのやりやすさなども異なります。

そのため、どの投資を選ぶべきかは人によって異なります。

そこでこの記事ではまず下のような投資の種類の基本を大まかに解説します。

  • 株式投資(個別銘柄・新興株)
  • 株式投資(個別銘柄・大型株)
  • 株式投資(投資信託)
  • 株式投資(ロボアドバイザー)
  • FX
  • 不動産投資
  • 金(ゴールド)

そのあとで副業としての投資のおすすめパターンを解説していきます。まずは株式の意味から簡単に見てまいりましょう。

株式の意味

さて、人間が会社を起業して利益を得るには資金が必要です。この資金は、会社員時代に貯めたお金を使ったり、銀行から借りたりするという手もあります。

小さな事業ならそれだけでも事業が成立するのですが、大きな事業だともっと多くの資金が必要です。

その代表格が他人からの出資です。出資とは、資金を出すことを意味します。

こういった出資の証こそが株式です。株式を使って経営する会社を株式会社といいます。

株式投資の意味

ここで重要なのは、借金は返す義務がありますが、出資にはお金を返す義務がないということです。

出資には返す義務がないのに、なぜ出資者(=お金を出す人、投資家)は存在するのでしょうか。

それは第一に、出資先の会社が儲かったら投資家は配当というお金がもらえるからです。

配当とは会社の利益の分け前みたいなものです。

配当のように株式を保有している最中に得られる利益をインカムゲインといいます。

会社が儲かれば儲かるほど投資家への配当も大きくなりますから、投資家は出資先に経営改善を強くもとめます。

また、株式会社は規模が大きくなって上場すると数多くの投資家の間で株式が取引されます。

上場とは、証券取引所の対象に指定されることをいいます。証券取引所とは株式のような金融商品の注文と売買を集中的に処理する機関のこと。

株式が多くの投資家の間で取引されると当然、株価(=株式の価格)は上下します。

そうなると安いときに買って高いときに売ろうという発想が出てくるでしょう。このときの売買利益をキャピタルゲインといいます。

株式を安いときに買って高いときに売る」を繰り返して、元手資金を100倍以上に増やした猛者も世の中にはいます。

その意味では株式投資には夢があるのですが、大損の危険もあるため副業として始めるには知識と経験をつけることが必要です。

株式投資の二大利益

  • 株式をもっていることで得られる配当(インカムゲイン)
  • 株式を安いときに買って、高いときに売れた場合のキャピタルゲイン

株式投資は最安で数千円の資金から始められます。しかし、元手が数千円だと選択肢がかなり狭まってしまいます。そのため、10万円~を元手の最少の目安としていただきたいです。

元手については下の方でも解説するよ。
株式投資は証券会社に口座を開設することで始められる。

株式投資(個別銘柄の新興株と大型株)

日本には上場企業が約3700社もあります。こういった1社1社を株式市場では個別銘柄といいます。

ここで重要なのは、個別銘柄には以下のような傾向があることです。

  • 新興企業の株価⇒大きく動くのが基本。1年間で数倍や数分の1になることもザラにある。配当は少ない、またはゼロ。
  • 大企業の株価⇒小さく動くのが基本。1年間で±20%くらい動く。配当は多め。

新興企業は文字通り新しい企業を意味します。新しい企業は成長の伸びしろが大きいですが、経営はまだよくも悪くも不安定であるため、株価も大きく動くのです。

大企業の株価はその逆です。大企業は成長の伸びしろは小さめですが、経営はよくも悪くも安定しているため、株価は小さめに動きます。

つまり、大きな利益を狙いに行くのなら新興株で、小さな利益を狙うなら大型株なのです。

銀行預金は年間で0.001%~0.01%の金利分がプラスになる。でも、株式投資は大型株でさえも1年間に20%くらいは動く。

株式投資の中でも投資信託は手数料が高め

次に投資信託について見ていきましょう。

日本の上場企業は約3700社もあります。そうなると「3700社のうちどこに投資すればよいのだろう」と思いますよね。

これを解決するのが投資信託です。投資信託とは、多くの投資家から集めた資金を投資のプロがまとめて運用する金融商品のこと。

投資信託の対象は日本株だけでなく、米国株や不動産までも対象にしたものもあります。

投資信託の難点は他人(投資のプロ)が運用するだけあって手数料がやや高い場合が多いということです。

投資信託は他人任せにできるため忙しい人にも可能なのですが、手数料が大きいということは覚えておきましょう。

また、メリットともデメリットともとれる特徴として投資信託は収支がマイルドになりやすいです。

集中投資と分散投資

たとえば、あなたがA社だけに集中投資した場合、あなたの資産はA社の株価にのみ動かされます。

しかし、投資信託はさまざまな銘柄に分散して投資するため、A社はマイナス20%だけど、B社はプラス30%になるなど収支が穏やかになりやすいのです。

もちろん、分散投資は個人としてもできるよ。

ロボアドバイザーによる投資の自動化

最近ではロボアドバイザーといって優秀なコンピュータに投資をおまかせするサービスもあります。

ロボアドバイザーの中でもウェルスナビは実績も今のところは好調なので検討してみるだけの価値があります。

ウェルスナビは自動で国際的な分散投資を行ってくれるため、感覚的には投信に近いです。

下の記事は外部サイトですが、ロボアドバイザーの参考になるはず。

FXはレバレッジ次第で大きく変わる

次に株式投資から離れてFXについて見ていきましょう。

FXとは外国為替証拠金取引を意味します。要するに為替取引です。

通貨の価値は刻々と上下するため、この動きを利用して利益を得るのです。

普通、為替の動きは日本円を例にとると1日あたりで数銭から数十銭しか動きません。

そのため、投資の収支もかなり小さくなりそうと思うでしょう。

しかし、FXはレバレッジといって元手以上のお金を投資することができます。日本国内のFX会社では最大25倍までが可能です。

当然、レバレッジを大きく使うほど収支の幅も大きくなります。

外国為替は株価以上に動きが読みにくいと個人的には思います。

また株式投資はさまざまな投資銘柄を見たり、企業ごとに異なる配当や優待をもらう楽しみもありますが、FXにはこういう要素は少ないです。

日本株の取引は平日の9時~15時が基本(例外あり)。でもFXは1日24時間にわたって取引できる。
FXは便利だけど、それは寝る前にどうすべきか迷うってことでもあるよね。

金の価値は安定している

ゴールド

次に金(ゴールド)についてです。

金の特徴といえば、化学的な性質はもちろん、経済的な価値も安定していること。

もちろん金の価格は刻々と変わりますが、それは個別銘柄の株式に比べたら小さな変化です。

なぜなら金は貴金属として実体がある資産ですから、変化が小さいのです。

金の過去5年の価格推移

ちなみに2001年の金の価格は1g=1100円でした。2019年が約5500円であることを考えると結構な上昇ですが、今後は大きな上昇も下落も起きにくいと思われます。

一方、株式は企業価値に左右され、とくに何か大きな材料が出たときや、四半期決算のときは株価が大きく動きます。

また株式は配当を生み、預金は金利を生みますが、金は利息や配当を生みません。

つまり、金は長い年月にわたって資産として保有しておくことが基本だといえます。

不動産投資

最後に不動産投資についてです。

不動産投資には、買った物件を貸し出して得られる賃料をあてにするパターンと、物件そのものを売買して利益を得るパターンとがあります。

前者はインカムゲインであり、後者はキャピタルゲインです。不動産投資の主流は前者の賃料(インカムゲイン)です。

不動産投資の難点は気軽に始めたり辞めたりするのが難しいことです。

というのも不動産投資は物件を買うだけでも、情報収集、不動産会社への問い合わせと資料請求、現地調査、買付申込書の提出、契約をむすぶといった過程を経なければなりません。

もちろん、物件を売る際も面倒ですし、大幅に値下げしない限り買い手がずっと見つからないなんてこともありえます。

また物件の保有中も、入居者トラブルや天災に遭う場合もあります。それは管理会社に任せることもできますが、それでも心労はあります。

そのため、初心者は不動産投資を副業にしない方がよいと思います。

株式投資やFXは、それを取り扱っている会社に口座を開設し、お金を入金すれば始められます。売買もちょっとした数字の入力やクリックだけで済みます。うまく行くかは別にして株式投資はお手軽です。

これまでの投資の特徴のまとめ

元手金額の最低限の目安 1単位あたりの価格(株式は100株単位、投信は1口単位の売買が基本) 1日単位での価格が動く幅
株式投資の個別銘柄の新興株 10万円 1株:200円~7000円 大きい
株式投資の個別銘柄の大型株 10万円 1株:200円~6万円 新興株よりは小さい
投資信託 5万円 1口:1万円~ 株式投資の中ではマイルド
ロボアドバイザー 10万円 機械が投資家のお金を自動で振り分けて投資するため、価格の目安はない 投信と同じくらい
FX 5万円 1~10000の通貨単位ごとに売買する。数千円からの売買が目安。 価格は小刻みに動き続けるが、収支はレバレッジ次第で大きく変わる
50万円 2019年では1gあたり5500円くらい かなり小さい
不動産投資 100万円 よさげな不動産投資物件は最低でも数百万円はするが、ローンを組めば100万円からでも始められる かなり小さい

上記の元手金額の目安は最低限の金額。本当はもう少し多い方がいい。あまりに元手が少ないと、選択肢が狭まってしまうからだ。

投資期間と信用取引の基本知識

次に重要なのが投資期間です。投資期間とは、投資対象を買ってから売るまでをどのくらいの期間にするかです。

  • 短期(数分から1日)←パソコンの前に張り付いて行うのが基本
  • スイング(数日から数週間)←本業が忙しくてもできる
  • 中期(半年~1年)←本業が忙しい人向け
  • 長期(1年以上)←本業が忙しい人向け

投資期間は上の4つです。

基本的に長期投資は買うときと売るときは熟考し、一度買ったらほったらかしにします。

ずっとほったらかしにし続けている投資は副業感(=本業の合間に働く感覚)に欠けるかもね。

不動産投資は定期的に物件の見回りが必要だから、ほったらかしにもしていられない。その意味では不動産投資は副業感が強い。でも、管理は手数料を支払えば専門の会社に任せることもできる。

逆に短期投資は買ったらすぐに売りますから、そのたびに情報を見て売買に時間をさける人でないとやりにくいわけです。

つまり、副業として投資を検討している人は、自分が売買にどれくらいの時間をさけるかを考えた方がいいでしょう。

平日の日中が忙しい人は短期投資を避けるべき。

投資の種類と期間の相性

ここで重要なのは、個別銘柄の株式投資とFXは短期~長期までどれにも対応できますが、投資信託とロボアドバイザーと不動産投資は長期が基本だということです。

まず投信とロボアドバイザーは手数料が高めなので、売買を短い期間のうちに繰り返すと手数料が割高になってしまいます。

さらに不動産投資は物件の買付も売却もかなり手間がかかり、また売買には仲介手数料がかかるため、長期投資が基本というわけです。

これらは義務ではありませんが、手数料や売買の手間を考えると長期投資の方が合理的なのです。

なお、株式やFXを短期投資で頻繁に売買すると手数料が多くかかると心配している人がいるかもしれません。

しかし、手数料が安いネット証券を選べば、少なめに抑えることができます。

参考:投資の種類と向いている投資期間とおもに狙う利益と取引時間

向いている投資期間 おもに狙う利益 取引時間
株式投資の個別銘柄の新興株 どれでも キャピタルゲイン 日本株は平日9時~15時が基本
株式投資の個別銘柄の大型株 どれでも キャピタルゲインとインカムゲイン 日本株は平日9時~15時が基本
投資信託 長期 キャピタルゲインとインカムゲイン
ロボアドバイザー 長期 キャピタルゲインとインカムゲイン
FX どれでも キャピタルゲインとインカムゲイン 24時間いつでもが基本
長期 キャピタルゲイン
不動産投資 長期 インカムゲイン
新興株は配当がほとんどないからキャピタルゲインを重視する。一方、不動産は物件の転売よりも毎月の賃料収入を重視するのが普通。不動産は実体があるだけあって価格も安定している。
金は配当を生まないし、短期では価格が大きく動かないから長期の資産に向いているんだよね。

投信、ロボアドバイザー、金、不動産投資はほぼ長期投資一択。熟考して買ったら放置が基本なのです。

また、それらは1日単位で見ると個別銘柄や通貨ほど価格は動きません。

そのため、取引時間を気にする必要はありません。

おすすめ戦略

最後に投資初心者にとってのおすすめ副業戦略を考えてみます。

まず投資で勝つには知識と経験が必要です。

しかし、初心者は知識と経験をつけることを優先すべきです。

もし、あなたが初心者なのに大金を投じると、

  • 大儲け⇒投資がよくわかっていない段階で大きな利益が出ると悪いクセがついてしまう。
  • 大損⇒ひどく気分が悪くなってもう投資なんてやめようと考えてしまう。それは本業にも悪影響をおよぼす。

ということになりがちです。

この点、元手が小さければ大儲けと大負けがなくなり知識と経験がつきます。

初心者はこちらを優先すべきです。

そして初心者を脱したと思ったら資金を増やすことを検討しましょう。

投資の知識は本業のビジネスでもかなり役立つよ。
まとめ

今回の記事の内容はできる限りわかりやすく解説したつもりですが、それでも投資初心者にはちょっと難しかったかと思います。

しかし、今回示した内容は何十万~何百万というお金を左右することにもなるので理解していただきたいと思います。

バーチャルゲームとして投資をするのと、実際に自分のお金を投じるかは精神面で雲泥の差がある。だから、実際に自分のお金を投じて知識と経験をつけるべき。

タイトルとURLをコピーしました