当サイト「社会の杜」のおすすめ記事のまとめ
社会

陶片追放(オストラシズム)という興味深い制度

独裁者の出現を防止 オストラシズムとは、古代ギリシャで行われていた独裁者の出現を防止する制度です。 具体的には、市民は政治運営にとって危険だと感じる者を陶器のカケラ(陶片)に記し、それを一定数獲得してしまった者は10年間国外を追放さ...
生活

いじめは根絶できないので隠蔽しにくい体制にすることが必要

根絶という発想は理想的すぎる タイトルと矛盾するように感じられるでしょうが、筆者は、いじめは根絶できたらよいと思っています。 しかし、それは理想論です。極端にいうと、学生同士のふざけ合いの中で少しぶたれただけでも、いじめに感じる人も...
生活

変動する社会的な数値の覚え方は大雑把でいい

衆議院の議員定数を知っていますか 突然ですが、社会科に関する質問です。 あなたは現在の日本の衆議院の議員定数がわかりますか。 おそらく、500人、480人、400人といった回答が出てくるかと思います。 さすがに100人と...
生活

現代だからこそ役立つ教養

現代の成人は何らかのプロ 現代人は成長して就職すれば自らの業務範囲においては何らかの「professional」になります。 たとえば小売店や工場の従業員も自らの業務範囲においてはプロであり、プロ意識をもつ必要があると考えられます。...
ビジネス

リアル書店とネット書店を利用すれば良書にたどり着ける

良書に出会いたい 良書にめぐり会うためには、リアル書店とネット書店・インターネット情報の両方をうまく使うことが必要です。 ここでいうよい本とは、ノンフィクションでいうと史実や社会観、分析についてできる限り公平かつ公正なもの、さらに読...
社会

頭端駅という誇り高い形と中間駅という効率的な形

頭端という駅のホーム形式 頭端式ホームとは、小田急新宿駅や阪急梅田駅のように列車はそこで行き止まりとなり、その片端が一つにつながっている構造をいいます。 当然、全国各方面へと線路がつながっているJRグループよりも、いくつかのターミナ...
社会

プランテーションの歴史と現状

植民地時代の残滓 プランテーションとは、おもに熱帯・亜熱帯の途上国において先進国の資本が現地の安価な労働力を利用しつつ単一の商品作物を大規模に栽培する農業のことです。 かつての列強による植民地経営がその原点です。貧しい黒人や先住民が...
生活

なぜ学生はカフェやファミレスで勉強するのか【緊張感とアピール感】

なぜ学生はカフェで勉強することが好きなのか 筆者の自宅近所には大学や高校がいくつかあり、その最寄り駅近くのカフェ(スタバ)ではその学校に所属していると見られる学生が席を多く陣取っています。 それらの学校は世間で有名ではありませんが、...
生活

大学の雰囲気は本質的にリベラル

一般的に大学の雰囲気はリベラル 日本の大学の雰囲気はどこもリベラルです。 このリベラルという意味がちょっと厄介ですので、今回はこのあたりをわかりやすく解説してまいります。 大学はよくも悪くも自由 そもそも、日...
ビジネス

ウェブデザインは日本と海外ではなぜこんなにも違うのか

楽天は日本語版はごちゃごちゃだが海外版はスッキリ さて私は今までにさまざまなWebデザインを見てきましたが、基本的に日本のサイトはせせこましく(ごちゃごちゃしている)、欧米のサイトはスッキリしていると感じています。 あなたも日本企業...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました