立地を選ぶ際に通勤との関係で心掛けるべきいくつものこと

向ヶ丘遊園と登戸の住みやすさを比較

小田急線の向ヶ丘遊園駅と、小田急線・JR南武線の登戸駅は下の地図にもあるように400mくらいしか離れていません。

正直言って歩いて行き来できるレベルの距離です。

向ヶ丘遊園駅と登戸駅があるのは神奈川県川崎市多摩区。登戸駅の対岸(多摩川の北側)は東京都狛江市。

しかし、両駅の特徴はズレているため、目的によって使い分ける必要があります。

今回は向ヶ丘遊園駅と登戸駅の住みやすさをわかりやすく比較しますので見ていきましょう。

スポンサーリンク

向ヶ丘遊園駅と登戸駅の住みやすさを路線中心に知ろう

まずは鉄道面における両駅の特徴を箇条書きで示します。

向ヶ丘遊園駅矢印

  • 小田急線だけの駅
  • ラッシュ時でも新宿行や千代田線直通の始発列車がある
  • 快速急行と有料特急は通過
  • 路線バスはそれなりにあるが大学行が多い
  • 大学生が多い
向ヶ丘遊園からの始発列車は競争率が低い方だよ。各停が多いけど。
小田急線の混雑は急行と快速急行に偏るから、向ヶ丘遊園始発の各停は都心通勤で座っていきたい人にはオススメ。

登戸駅矢印

  • 小田急線とJR南武線の駅
  • 南武線はラッシュ時でも川崎行の始発列車が少しある
  • 小田急線は始発列車がない
  • 小田急線の快速急行と南武線の快速は停まる
  • 路線バスは少ない
  • 乗換客ばかり(地元民以外は駅外で用事をもたず路線を乗り換えるだけ)

小田急線は新宿や、東京メトロ千代田線経由で表参道や霞ヶ関に行くのに適した路線です。

一方、南武線は立川や府中本町、武蔵溝ノ口、武蔵小杉、川崎駅に行くのに適した路線です。

どうでもいい知識だけど、向ヶ丘遊園駅と登戸駅の発車メロディーは『ドラえもん』『キテレツ大百科』『パーマン』など藤子先生の有名アニメばかり。

藤子・F・不二雄ミュージアムが近いからね。オバQも小田急からとったものだし。
両駅の市町村神奈川県川崎市多摩区
路線と駅小田急線の向ヶ丘遊園駅
小田急線とJR南武線の登戸駅
山手線圏内までの直線距離と所要時間と運賃登戸から新宿まで14km:小田急線で19分:260円
水害の心配度多摩川の近くは要注意
駅前は住宅街か繁華街かその中間か両駅とも南側は中間タイプだが、北西側はほぼ住宅街
駅近くの小売店の充実度両駅とも少ないが、まだ向ヶ丘遊園駅の方がマシか
近くて栄えている駅町田、武蔵溝ノ口、立川
遠出するときのパターン武蔵小杉駅や新百合ヶ丘駅まで行って空港バスに乗るか、新宿駅まで行って高速バスに乗るか、東京駅や新横浜駅まで行って新幹線に乗る
両駅の治安普通
両駅から徒歩10分圏1DKの家賃の目安7万円
登戸駅は小田急線と南武線という2路線がある割にお店や路線バスが少ない。最低限のスーパーや飲み屋はあるけど。
登戸駅での乗り換えは直通通路ではなく、いったん駅の外に出る形だけど、降りて買い物するっていう感覚に乏しい。
ちなみに登戸の路線バスが少ないのは登戸の北には多摩川があって、ここで路線バスの運行体系は分断されてしまうから。

向ヶ丘遊園・登戸の鉄道白地図

登戸駅は多摩川間近のところにある

次に向ヶ丘遊園・登戸の近くの地理的な特徴を見ていきましょう。

この地域の特徴は、なんといっても多摩川という大きな河川に近いことです。

△は登戸駅北側の多摩川の様子であり、奥は小田急線の鉄橋です。

2019年の大型台風直撃においては、多摩川沿岸の中でも二子玉川地域は浸水被害に見舞われましたが、登戸地域は被害を免れました。

今後はどうなるかわかりませんが、警戒するにこしたことはないでしょう。多摩川はそれだけ大きい河川なのです。

生田緑地の魅力

向ヶ丘遊園・登戸のもう一つの特徴は、生田緑地と東高根森林公園という大きな公園が近くにあることです。

生田緑地には、日本民家園、伝統工芸館、岡本太郎美術館、ばら苑、藤子・F・不二雄ミュージアムという文化的な施設もあります。ホタルだって見ることができますよ。

東高根森林公園ではバードウォッチングと森林浴ができます。

どちらの公園にも子ども用の遊具がありますが、生田緑地の方が多いです。

生田緑地や東高根森林公園にいると、工業大都市・川崎にいることを忘れるくらい自然が充実しています。

両駅から東名高速の川崎ICまでは5kmほど。向ヶ丘遊園・登戸の住民は高速道路を利用しやすい環境です。

また川崎市は海に近いエリアは工場がとても多いですが、向ヶ丘遊園・登戸地域は工場がかなり少ないです。これは住環境面ではプラスだといえます。


△は向ヶ丘遊園駅から南に500mほど離れた地点。このあたりは住宅ばかりです。

この地域ではスーパーマーケットやコンビニは駅前に集中しています。

医療系も含めて大学生が多い

さて、小田急線の向ヶ丘遊園駅と生田駅の間には明治大学と専修大学と聖マリアンナ医科大学のキャンパスがあります。

どちらかというと大学キャンパスは生田駅寄りなのですが、向ヶ丘遊園駅を使う学生もたくさんいることは知っておきましょう。

また聖マリアンナ医科大学は巨大な大学病院も併設しており、地域の高度な医療を担っています。

もちろん、向ヶ丘遊園・登戸には日常レベルの診療を担う個人規模の医院もそれなりに充実しています。

お店や娯楽について

△小田急線およびJR南武線の登戸駅前(南側)の様子。登戸駅は南側が最もにぎやかなのですが、それでもこんな感じです。

△は向ヶ丘遊園駅南口の様子。向ヶ丘遊園駅は南側の方がにぎやかです。

登戸・向ヶ丘遊園の駅前を見てすぐに思うのは、都心から15km圏の人気路線の乗換駅の割には店の種類が少ないうえ、小さな店ばかりということです。

登戸・向ヶ丘遊園は地権者が多く、権利関係が複雑だったため用地買収と区画整理が難航し、大型店の建設ができなかったという経緯があります。

よって、大型店や多様な娯楽、おしゃれなお店をもとめるなら、南武線で立川、あるいは小田急線で新宿や新百合ヶ丘などに出る必要があります。

娯楽が少ないのは、学生やファミリー層にとっては逆にメリットにもなるんだよな。
南武線で北上すれば府中付近には公営競技場(競馬、ボート、競輪)がある。こういう施設から距離を置いているのは住宅街としては悪くない。

登戸・向ヶ丘遊園の区画整理は今後も進みそうな気配です。速度は遅そうですが。

なお登戸・向ヶ丘遊園の駅前に店が少なく見えるのは町田や新百合ヶ丘と比べるからであって、千葉や埼玉方面の路線と比べると標準レベルともいえます。

まとめ

  • 向ヶ丘遊園駅と登戸駅では路線の特徴がズレている
  • 登戸駅は多摩川からとても近い位置にある
  • 生田緑地は大人も子どもも満足できる文化と自然がある
  • 東高根森林公園は自然豊か
  • 両駅とも駅前のお店や娯楽は乏しいが、電車に乗れば豊富な駅へとすぐに行ける
  • 向ヶ丘遊園は大学生と居酒屋が多い

小田急線の急行停車駅でいうと、登戸・向ヶ丘遊園の隣り駅は成城学園前と新百合ヶ丘です。

しかし、成城学園前は明らかに高級住宅街ですし、新百合ヶ丘もちょっとした高級住宅街です。

そのため「都心にそれなりに近いところがいいけど、高級住宅街は難しい」という方に登戸・向ヶ丘遊園は向いています。

この地域の住民は2路線を使えますし、小田急線は千代田線に直通で乗り入れていますから実質的には3路線使えるようなものです。それに向ヶ丘遊園からは始発列車もありますからおトク感があります。

タイトルとURLをコピーしました