当サイト「社会の杜」のおすすめ記事のまとめ

硬式テニスとソフトテニスはどちらを選ぶべきか【両方の経験者が解説

生活
スポンサーリンク

テニスの経験者として伝えたい

私は、中学時代の部活動でソフトテニスを、高校の部活では硬式テニスを経験しています。

最高実績は強豪ひしめく神奈川県大会本戦2~3回戦くらいです。テニスの実績は大したことありませんが、どちらも結構な熱の入れ方でした。

今回は両方の経験者としてとくに若者には硬式テニスとソフトテニスの現実を知っていただき、どちらを選ぶべきかヒントになる記事を提供いたします。

なるべく公平に解説いたしますが、それは中学(あるいは高校)時代の2年ちょっとの間の部活動だけで考えるのではなく、もっと長期の視点で考えるべきです。

まずはテニスの簡単な概要や現実など筆者の意見とはかけ離れた客観的な部分からご覧ください。

テニスの概要

そもそもテニスは、西欧でネット越しに1つの球を打ち合う貴族的な遊びから競技として発展しました。

テニス(硬式)の四大大会のなかでも一番の格式があるウィンブルドン選手権(全英オープン)は天然芝のコートで行われます。

テニスといえば、世界標準の視点だと硬式という言葉をつけなくても硬式テニスを指すのです。

さらにテニスはローンテニス(lawn tennis)とも呼ばれるように、天然芝のコートが格上という感覚があります。

lawnとは芝という意味。

逆にソフトテニスや軟式テニスは「テニス」の前にソフトか軟式をつけないとわかりません。

テニスはお金がかかるスポーツ

ところで、テニスは基本的にイレギュラーバウンドを嫌うスポーツですが、天然芝でイレギュラーバウンドが少ないコートを建設・維持するには結構なお金がかかります。

そのため現代では天然芝コートの利用機会はトッププロでさえも少ないです。

テニスのプロとて、土、ハード(コンクリートの上に硬いゴムをコーティングしたコート)、カーペット、砂入り人工芝のいずれかのコートを使うことが普通です。

ソフトテニスの歴史

テニスはコートを用意する時点でお金がかかるわけです。

テニスボール

このテニスは明治時代に欧米から伝えられたのですが、明治時代ではゴムボールをフェルトで覆った硬式テニスボールを手に入れるのは金銭的にも物質的にも困難でした。

そこで表面にフェルトを貼らない単なる白いゴムボールを通じて日本人はテニスを普及させようとしました。

これがソフトテニス(軟式テニス)です。つまり、ソフトテニスは硬式テニスの代用や模擬として始まったといえます。

ソフトテニスで強くなった日本人選手は、その後、硬式テニスに転向して世界レベルで好成績をあげる人が続出しました。

しかし、それは戦前の話で、現代の日本人でテニスが強い選手は幼少期から硬式を始めて、途中でソフトテニスは経由せず、そのまま硬式テニスの分野でプロになる人がほとんどです。

戦前は日本の対外進出が盛んだったこともあって、中国、韓国、台湾では現代でもそれなりにソフトテニスが盛んです。

現代の日本は物質的には戦前よりもだいぶ豊かになりましたので、普通に硬式の道具が手に入ります。そこでは道具の価格差はあまり大きくありません。

ですから、硬式の代用としての軟式テニスは終わったという声もあります。

ラケットの価格は硬式>軟式、ボールの価格は軟式≧硬式という感じ。ただし、軟式は球が柔らかいのでガットはさほど切れないけど、硬式はそれなりの頻度で切れる。
力のある人が硬式ラケットを使うと、数日でガットが切れる。この張り上げ代が結構かさむ。まあ切れにくいガットを選べば、そんなに切れないけど。

ソフトテニスと硬式テニスのどちらを選ぶべきか

ここからは筆者の意見が強く出ます。

最終的に硬式テニスを選ぶかソフトテニスを選ぶかはあなたの自由ですが、もしあなたが最終的に硬式テニスでの成功を目標とするのならば最初から硬式をやるべきです。

なぜなら、軟式の技術で直接的に通用するのはフォアハンドストロークくらいで、他の技術は通用しにくいからです。

  • フォアハンドストローク⇒軟式の技術は硬式でかなり通用する
  • バックハンドストローク⇒軟式の技術は硬式であまり通用しない
  • サーブ⇒軟式の技術は硬式であまり通用しない
  • ボレー(フォアもバックも)⇒軟式の技術は硬式であまり通用しない

ソフトテニスのボールはかなり柔らかいだけにボールがアウトになりにくいのですが、硬式ボールは硬いため、女性や高齢者でも簡単にアウトのボールを打ててしまいます。

そのため、硬式の技術はストロークもサーブもボレーも回転を強めにかけてコートに入れることが基本線にあります。

ここで軟式の技術がしみついていると、硬式に転向したときに逆に上達の障害になってしまう場合さえもあります。

プロ野球選手においては軟式野球⇒硬式野球という経歴はありふれていますが、現代のプロテニスプレイヤーで軟式経験者がいないのはそれだけテニスの軟式と硬式は違うからなのです。

高校から社会人のテニス状況

軟式にしても硬式にしてもテニスは長い間にわたってプレイできるスポーツです。

こういうスポーツは生涯スポーツと呼ばれます。

そこでとくに若者に考えていただきたいのは日本の各年代や各所でのテニスの風景です。

それは以下のとおり。

  • 中学の部活⇒軟式の方が優勢だが、硬式が少しずつ追い上げつつある
  • 高校の部活⇒硬式の方が多い
  • 大学のサークル⇒硬式が圧倒的に優勢
  • 大学の体育会⇒硬式が優勢
  • 公園でのテニスの風景(アマチュア社会人や高齢者のテニス)⇒都市部では圧倒的に硬式プレイヤーが多いが、郊外や田舎に行くと軟式プレイヤーもぼちぼちいる
  • テニスのオフ会⇒硬式が圧倒的に優勢
  • テニススクール⇒ほとんどが硬式にのみ対応(まれに軟式にも対応するスクールあり)
  • 学生時代の未経験者が大人になってから始める場合⇒おそらく硬式の方が圧倒的に多い
  • プロレベルのテニス⇒ソフトテニスのプロプレイヤーは日本にたった1人だけ
  • スポーツ用品店での売り場面積の比率⇒硬式を4とすると、軟式は1くらい

大学のサークルとは趣味や遊びとして気軽に入れる同好会だと考えてください。そこでは部活のような厳しい縛りがないのが普通です。

ちなみに私の出身大学では硬式テニスのサークル数は20近くありましたが、ソフトテニスサークルは1つだけでした。こういう総合大学は多いです。

一方、大学の体育会とはガチ勢・競技として真剣にやる人たちの集まりです。

次にテニスのオフ会とは、インターネットを通じて「テニスをしませんか」という募集をかけて参加する形態です。

これは東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪など大都市圏で盛んな参加形態であり、テニスオフというサイトが有名です。これも99.9%が硬式テニスの参加募集です。

さらに学生時代はテニスの類を経験していないという人が大人になってからテニスの類を始める場合、錦織選手や大坂選手に憧れたり、テニススクールは硬式のみの対応ばかりなので硬式を選ぶ人が多いでしょう。

さらにプロレベルでは世界ランクのトップクラスに入れば、硬式テニスは年収数十億円がのぞめるスポーツですが軟式にはそういう夢がありません。

要するに、高校~社会人のテニスでも目立って活躍したいだとか、花形のテニサー(テニスサークル)に入ってみんなの注目を浴びたいという人は硬式を選ぶべきなのです。

中学の段階ではソフトテニス部が結構な勢力をもっており、また大会も盛り上がっているため気づきにくいのですが、高校~社会人では硬式に比べると劣勢です。

筆者の体験談

中学時代の筆者はソフトテニスがとにかく大好きでした。当時の夢はナショナルチームの一員になることだったくらいです。

そのため「ソフトテニスはアジアの一部だけで盛んだから硬式をやった方がいい」という意見を強く嫌っていました。

今思うと視野がかなり狭かったです。

しかし、高校に進学すると、とくに都市部の高校ではソフトテニスはなくなり代わりに硬式テニス部が優勢になります。

生徒数が多い高校では硬式テニス部もソフトテニス部もあります。

私が入学した高校、というか私が所属していた公立の学区にはソフトテニス部を設けている公立校はありませんでした。

そのため「この際、硬式テニス部でもいいや。軟式の技術は硬式でも活きるはず」と思うようになっていました。

そして意気揚々と入部した硬式テニス部では、その目論見を見事に崩されました。

フォアハンドストロークは軟式の技術がかなり通用するのですが、他はかなり違うのです。

そのうえ高校の硬式の大会に出ると、小中のころから硬式をやっていた人たちには到底かないませんでした。その中にはのちにプロになった人もいます。

大学でも硬式テニスが上手い人はよい意味で目立ちます。テニスサークルは大学サークルの花形だからです。

それに軟式の主戦場はダブルスなので中学時代の私の相方のようにやる気がないと、一人だけでは活躍できません。

この点、硬式の主戦場はシングルスなので相方は関係なく独力でのし上がることができます。

そこで思ったのです、「こんなことなら最初から硬式テニスをやっていればよかった」と。

ソフトテニスにもシングルスが、硬式テニスにもダブルスはあります。

以上は私個人の意見ですが、残念ながら世の趨勢(社会のトレンド)も硬式に傾いています。

ただ、それでも軟式が好きな人はソフトテニス部に入ればいいと思います。

ちなみに社会人となった筆者は硬式ばかりをプレイしていますが、たまに軟式をやるときもあります。ですから、軟式を嫌っているわけでもありません。

硬式テニスをやりたいけれども学校には硬式テニス部がないという場合、地域のテニススクールやテニスサークルに所属するという手があります。
タイトルとURLをコピーしました