訳アリの食品や日用品を安く買って社会貢献しよう

回転寿司店ですでにまわっているネタと同じネタを注文するのはありか

寿司職人 生活・教育

回転寿司店での合理的な行動

先日、回転寿司店ですでに回っている皿と同じネタばかりを注文している人を見かけました。

回転寿司店は回っている寿司を食べるのが原則のお店ですから、コンベア上を回っていないネタを注文するのは普通だとしても、すでに回っているネタを頼むのはおかしいと考える人もいるでしょう。

それなら最初から「回らない寿司店」に行けばよいからです。

しかし冷静に考えると、同じ価格の商品なら、つくってから時間が経っている商品を取るよりも新鮮な商品を頼む方が合理的です。

味覚が確かなら、あるいはあらためて注文する商品の方がおいしいという思い込みがあれば、新鮮な商品の方が効用は高いに決まっています。

回っている寿司は時間が経つとネタが生暖かくなってしまいがちですが、職人に頼めばほどよい温度と鮮度のモノがわずかな時間で来るからです。

長い時間にわたって回っていると乾燥しがちだから、店側は皿にフタをつけているけど、最初からフタをつけていない場合、やや乾燥しているネタもあるね。

また回転寿司店は基本的に低価格ですが、回らない寿司店は高価格ですから、低価格のお店で新鮮なネタを求めることは合理的です。

まあ低価格のお店でいろいろ求めすぎるのは酷かと思いますが…

マナーの問題か

しかし、それは合理的でもマナーとしてはどうなのか疑問に残るところはあります。

皆が同じことをやったら店側は困ったり何か対策を繰り出してくるでしょう。

その是非は難しいところです。

タイトルとURLをコピーしました