転職に迷う20代から30代は幸せの要素を分解して検討しよう

ビジネスマンや就活生の靴下のおすすめはユニクロ製を合理化すること

靴下選びを合理化 生活
スポンサーリンク

ビジネスマンや就活生の靴下の基本原則

法律で決まっているわけではありませんが、サラリーマンや就活生の靴下の色といえば黒やグレーといったダーク系の靴下です。

もちろん、くるぶしソックスはNGで、丈はミドル丈が大原則。座ったときにすねが見えないようになっていれば大丈夫。

さらに白色の靴下はNGで柄は無地が基本。

就活や転職活動の面接では新品か新品に近い靴下を使った方がよいでしょう。穴が開いていたり、くたくたになった靴下は印象がよくないです。靴下の価格はたったの新品でも数百円ですので節約するところではありません。

とくにユニクロのスーピマコットンカノコソックスは消臭機能があるうえに、かかとが立体構造なので履き心地がよいです。

値段は390円+消費税で、色もグレー、ダークグレー、ブラック、ワイン、ブラウンなど7色そろっているので好みの色が見つかるはず。

靴下の素材は綿の割合が多めだと消臭効果がある。スーピマコットンカノコソックスは綿の割合が84%と多い。
ユニクロは3足まとめ買いでお買い得。スーピマコットンカノコソックスの場合は3点まとめ買いで990円+消費税、4点目以降は1点につき330円+税だよ。
それを友人と分け合って一気に買えば、さらにお買い得。

靴下を合理化しよう

ここで重要なのは、スーツに合わせる靴下は合理化できるということです。

というのも、もしあなたが多様な靴下をもっていると、似たような靴下の中から正しい組み合わせの靴下を選ぶのに少し時間がかかります。

この点、サイズも色も同じ靴下を同時に9組ほど買えば、毎度いちいち組み合わせを考える必要はありません。履くときには洗ってある18足の靴下から2足を抜き取ればよいだけです。

これだともし片方の靴下が破けたとしても、新たに買いなおしたり破けていない方とともに捨てる必要はありません。

その場合、破けた靴下は捨てて残りの靴下からまた2足を抜き取って使えばよいだけのこと。

これならとても楽チンです。

靴下を合理化する際の注意点

ただし、以上のような方法で靴下を合理化する際にはちょっとした注意点もあります。

まず靴下は、メーカーによっては右足と左足で微妙にデザインや形が違うことがあります。

ですから、今回の合理化を実行するなら左右の区別がないものにしましょう。

左右の区別があったとしてもあなたに違和感がなければOK

また、靴下は同じメーカーの同じ色のものでも製造ロットによっては編み方や柄、素材が微妙に変わっています。

そこで、この方法に沿って買うなら同時期にまとめて9足くらいを買うことをおすすめします。

当たり前だけど使っていない靴下は経年変化する。そのため、一度にたくさん買いすぎると存分に使っていないうちに劣化してしまう。だから、まとめ買いはほどほどに。

まとめ

同じ靴下を一気に3組ほど買って使いまわすだけで、靴下を組み合わせる面倒や非効率とはおさらばできます。

とくに転職や新卒の面接日、重要な商談日などの当日朝は靴下選びなんかに時間をかけたくないと思っている人は多いでしょう。

ぜひお試しあれ。

靴下の合理化はおしゃれしたい男性や、ストッキングを使う女性には向かないかも。
タイトルとURLをコピーしました