当サイト「社会の杜」のおすすめ記事のまとめ

著者が本屋で考え込んでしまう中古市場と出版事情

大量の雑誌 生活
スポンサーリンク

大手チェーンの古本屋でいつも気になること

大手チェーンの某中古書店Bに本を買い取りに行ってもらったら、とんでもなく安い査定価格が提示されて驚いたことがある方は多いでしょう。

筆者もその経験があります。この業界に勤めた経験がある人によると、人気のマンガや小説は本部が定める買取価格があり、そこに本の状態を加味して実際の査定価格を決めるらしいです。

他のジャンルだと、〇〇年に出版された〇〇ジャンルなら定価の10%などと決められているらしいです。

こういうマニュアルがあればアルバイトで経験が少ない人でも業務がこなせるというものです。

専門書の買取価格と売価のギャップは大きい

でも、買取価格の割に店内で売られている本の価格は結構高いんですよね。

正直言ってマンガは100円本なら割高感は低いです。先日買った『美味しんぼ』は厚い巻も薄い巻も100円だったので、厚い方には割安感があります。

海原雄山の至高VS山岡士朗の究極シリーズが筆者は好きなのです。

しかし、ビジネス書、法律関係、政治関係などは割高感があるモノも少なくありません。

たとえば、定価3000円の経済学本が300円程度で買い取られて1000円くらいで売られているのを見ると「なんだかなぁ」と思ってしまいます。

300円で買い取るのはまだわかるとしても、店内の売価はもう少し安くならないのかと感じてばかりです。

まあ、消費者にとって本の買取を頼むのは「契約の自由」の範疇ですので、納得いかなければ売らなければいいだけですが。

ただし最近ではBの経営状態もよろしくない模様。これも消費者の情報力が上がり、ヤフオクやメルカリ、アマゾンが浸透したせいでしょうか。

著者は中古市場を気にする

なお筆者は商業出版も行った経験があるため、中古市場に自著が出回っていないか気になります。

そもそも新刊本は売れないと一定期限をもって返本されます。ですから、人気のタレント本だと発売当初はとてつもない勢いで売れますが、少し時間が経つと一気に売り場を縮小し、数冊だけ残してあとは返本です。

とくに類似本が多い分野は厳しい。これは、新たに類似本が発刊されると古い方が返本されて類似本がその地位を奪うというトコロテンみたいな形だ。

逆に競合が少ないニッチな本や、いつの時代でも緩やかに売れる本だと、静かに長い間置かれ続けたりします。

宣伝じみていて恐縮ですが、客観的にみて筆者の商業出版本はこちらのタイプです。

そのため新刊書店で自著を発見すると、「発売から時間が経ってもまだ置かれているってことは売れてからまた納入したのかな」と思うなど、うれしくなります。

学術系の本は短期(発売当初)に偏って売れ続けるよりも、静かに売れ続ける方が一時の流行にのらない感じでうれしいのです。

このように長きにわたって書店に置かれることには、新刊まもないときの平積みとはまた違ったうれしさがあります。

しかし、中古店やメルカリなどで出回っているのを見ると「一回(数回?)読んだら用なしなのね…」と思うなど著者としては切ない気持ちになるものです。

大学生の教本は高い

ところで大学生の方だと、授業の担当教官の本が定期試験や期末レポートの範囲になるため、割高な本でも新刊本を買う場合が多いはずです。

この類の本は大学図書館では学期末には皆の申し込みが殺到するため、そう簡単に借りられません。ですから、多くの場合、買うしかないのです。

それに担当教官が有名教授だと中古市場にも教本が数多く出回っていて価格が安かったりするのですが、大抵は中古市場にはあまり出回っておらず高いです。

こういう場合、できれば前年度の履修者から安く譲ってもらうのがよいでしょう。

法律系だと過年度の本は内容がズレていたりするので要注意。理系は問題ないかな?
専門店は専門書の価値を汲んでくれる

中古書店では安い買取価格が妥当な本もあるでしょうが、もっとよい価格がついてもよい本もあるはずです。

チェーン店はアルバイト店員でもマニュアルで業務を進められるようにするため、買取方法が機械的です。そのため高い価格がつくべき本の価値は見過ごされてしまうのでしょう。

かといってオークションやメルカリに出品してやり取りするのは手間がかかりますし、トラブルも発生します。

そこで挙げられるのが専門店で買い取ってもらうという方法です。

これによって買取価格は中古チェーンBよりも多少上がります。

専門店では価値や知識がわかる専門スタッフが1点ごとに人気や需要を見て買取価格を判断しますので、買取価格が上がりやすいというわけです。

とくに専門書アカデミーなら買取は宅配便の着払いで何箱でも全国送料無料ですし、ご希望の方には段ボールも10箱まで無料でプレゼントされます。

ここはネットでの買い取りに特化していますから経費を節約し、それを買取分にまわすことができるのです。

また大学の教科書や専門書、医学書については、初版から3ヶ月以内であれば定価の30%以上、半年以内であれば定価の20%以上、1年以内であれば定価の15%以上といった目安もあります。

買取品目

  • 医歯薬学系全般
  • 自然科学・数学系全般
  • 社会科学系全般
  • ビジネス系全般
  • 人文科学系全般
  • 芸術系全般
  • IT系全般
  • 語学系(語学書、語学関連の資格試験)
  • 試験全般(大学受験関連の参考書や問題集、就職試験、公務員試験、司法試験、弁理士、医師国家試験、看護師国家試験、薬剤師国家試験など)
  • 児童書・絵本全般
  • 有名大学受験予備校のテキストや教材
  • 有名資格予備校のテキスト・CD・DVD教材

試験本や法律本など毎年更新される本の古い版は買取不可の場合あり

「専門書アカデミー」

タイトルとURLをコピーしました