訳アリの食品や日用品を安く買って社会貢献しよう

偏差値と就職事情と伝統と純粋性が学部の序列を決める

ナンバーワン 生活・教育

日本人はランキングがお好き?

日本人は格付けやランキングが好きだと考えられます。これは大学や学部学科の序列も例外ではありません。

そこで大学ランキングの源流にある考え方を解き明かしてみます。

第一に偏差値の高低

予備校の大学ランキングを見ると文系では法学部が、理系では医学部(医学科)がそれぞれ学部の序列トップに来る傾向があります。

これは単純に入学者・合格者の平均偏差値が高いほど学部の序列も上というわかりやすい考え方です。言い換えると、学校の勉強ができる人が集まる学部ほど序列も高いのです。

この類のランキング意識は中学受験や高校受験の段階から浸透しており、その子ども世代にも着実に伝達されていると考えられます。

第二によい就職につながるか

法学部は公務員や法曹という収入も世間的な評価も安定した職に就く王道ルートです。

医学部医学科も日本社会では医師の収入と名誉がきわめて高い水準で安定している以上、序列が高くなるのは当然といえば当然です。

文学部は伝統的な権威はあるものの、就職に関しては相対的に弱いため同じ大学の中ではランキングは低い位置に来やすいです。

以上は大学卒業後を見据えた考え方であり、偏差値による序列と共通したものがあります。

その次は伝統か

哲学、法学、医学などは古代ギリシャ・ローマの時代から存在する学問です。こういった古代から存在する学問の権威は未だに強いです。

一方、経済学や工学は18世紀・19世紀頃が起源とされる比較的新しい学問ですが、それでも筆者が卒業した学際系学部よりは伝統や権威があるでしょう。

新しい学問分野に即した学部は伝統的な学部よりも序列が低く見なされる傾向があるのです。

また伝統ある大学・学部はそれだけOBOGも豊富なので、人脈を生かして就職や出世が有利になります。

実際、東大法学部は官界では圧倒的な強さを誇るなど伝統と就職の強さが融合した感があります。

東京大学は江戸時代の洋学所と明治時代の旧帝国大学の流れを受け継いでいる政府直轄レベルの学問所といえる伝統がありますから、偏差値や就職実績以外でも一目置くものがあります。

そして純粋性・抽象性

学生時代にあなたのまわりで勉強ができた人間は医学部や法学部への進学率が高いはずです。

しかし、ごくまれに医学部入試や司法試験を突破できそうな頭脳があるのに、物理学や数学、哲学などの道に進んだ方もいるでしょう。

その動機は、この世の根本的な原理を知りたい・真理を解き明かしたいというものが多いはずです。

学問の究極の目的は真理の解明ですから、それに純粋な形で近づける物理学や数学、哲学などは学問の中では序列が高いという考え方が根底にあるのです。

哲学や数学を専攻している(していた)人は、法学や工学に比べるとかなり少ない。少ないし知的な権威があるから、いろいろ興味がわいてくる。
お金をとるべきか

また経済学界隈においても、経営学や商学という企業の実務に即した実践的な学問よりも、経済学という抽象的で根本的な経済原理を探究する学問の方が上という風潮があります。

そのせいか、一橋、早稲田、慶應、明治など、経済学部(政治経済学部)と商学部を併設する大学では経済学部の方が優位に見なされている感があります。

ただ、純粋性・抽象性を重視する考え方は経済力や名誉が重視される現代では軽視されているのかもしれません。

ちなみに医療大国といわれるキューバでは、高い給料を目当てにして医師や弁護士からタクシー運転手へと転職する場合もあるそうです。

筆者としては、ものすごく頭のよい人は個人的な実利よりも発明や起業など多くの人間に恩恵をもたらせる分野に進んで欲しいと思っています。

しかし、発明や起業はリスクが高い分野でもあるため日本社会では敬遠されやすいのでしょう。

タイトルとURLをコピーしました