若者の特徴はYouTuberから見える【あなたは旧世代?若い世代?】

ビジネスホテルに安く泊まる方法

世界旅行とホテル生活

今回は「ビジネスホテルに安く泊まる方法」を紹介します。

学生でも18歳以上ならビジネスホテルを利用することは問題ありません。

就活、旅行、出張などビジネスホテルは安く利用して他のことにお金をまわせるようにしましょう。

ビジネスホテルに安く泊まる方法

まず一番手っ取り早いのが、じゃらんnetのような一度にさまざまな宿泊施設を横断的に検索できるサイトを使って予約すること。

ここで場所と日にちを指定して検索して出た結果の中で安いところに申し込めばいいのです。

「じゃらん」みたいな予約サイトは利用すれば利用するほど会員ランクが上がって割引率が大きくなるよ。

公式サイト経由で予約する

じゃらんのような各ホテル共通の予約サイトではなく、各ホテルの公式サイトで直接予約した方が安くなる場合もあります。

これはホテルごとに事情が違うので調べてみることをおすすめします。

パッケージとして申し込む

N700系新幹線

ビジネスホテルと新幹線を使う場合は、セットでまとめて予約すると片方ずつ予約するよりも安くなるパターンがたくさんあります。

いわゆるパッケージという呼ばれるプランです。

このとき利用する新幹線の時間帯は空きがあれば指定できますよ。

新幹線のパッケージプランは名古屋や仙台、金沢といった新幹線が通過しない駅周辺のホテルに充実しています。

新幹線とのパッケージプラン

これとは別にビジネスホテルと飛行機を組み合わせたパッケージプランもあります。

ホテルが選べてフライトもJAL!格安国内旅行のJ-TRIP(ジェイトリップ)

クーポンを使う

ホテルクーポン

それからクーポンを使うと安くなる場合もあります。

典型的なのは駅探バリューDaysで、大手のビジネスホテルが公式サイト経由の予約よりも少しだけ安い価格で予約できる場合があります。

駅探バリューDaysというクーポンは、飲食店やレジャー施設の割引優待券としても多く使うことができます。

駅探バリューDaysは初回利用時は30日間無料、そして無料期間終了後の料金は月額330円(税込)。

全国140万件以上の施設で優待特典が使い放題。

新規開業ホテルを利用する

グランドオープン

さて、昨今の日本はオリンピックを中心としたインバウンド需要を見込んでいるだけあってホテルの新規開業が相次いでいます。

とくに東京や大阪、京都あたりは新規開業が多いです。

こういった新規開業のホテルはオープン記念として特別料金で泊まらせてくれる場合もあります。そのため、新規開業のホテルの料金はチェックする価値があります。

ただし、高級ホテルは割引をしてくれたとしてもそれでも高いのがネックです。

新規開業と同じでタイミングは限られるけど、自分の誕生日前後に割り引いてくれるホテルもあるよ。もちろん、利用には身分証明書が必要。

早割を利用する

ホテルの宿泊料金は泊まる時期や予約する時期によって変わります。

中でも典型なのが早割と直前割。

早割を設けているホテルは、予約時期が前であるほど安くなります。

このときキャンセル料の規定も確認しておきましょう。

最近ではキャンセル料は直前までかからないようになっている場合も多いです。

泊まる時期は多少変えられるのであれば閑散期に予約する方が料金は安くなるよ。

直前割を利用する

ホテルや飛行機、新幹線のような業界は「×=空きなし、△=あとちょっとで満室・満席、〇=まだまだ空いています」という形で空き状況を示しています。

で、彼らの立場からいうと理想的には予約できる直前までは△であることが望ましいといえます。×ばかりだと客が選べる余地がなく諦めて去ってしまうからです。

そこでホテルの部屋を埋めたがる業者としては、直前期や当日に空きがあると安いプランで売ってくれるのです。

空室のままにしておくよりは安く売った方がまだホテルの売上は上がるよね。

中には通常の宿泊料の半額以下というプランもあります。

とくに、

  • 宿泊の3~5日前
  • 前日夜
  • 当日朝

はキャンセルが生じて直前割ができる率が高いです。

最終手段は直接的な交渉

ビジネス上の取引

最後に電話で交渉、あるいは直接ホテルに訪れて交渉して安くしてもらうという手があります。

チェーン展開しているホテルだとマニュアルで値切りはしないと決められていたりしますから、狙いは大規模にチェーン展開していないホテルです。

閑散期であれば成功する可能性はそれなりに高いと思います。