転職に迷う20代から30代は幸せの要素を分解して検討しよう

なぜ経済学をつまらないと思う人がいるのか、学部事情とともに解説

大学 生活
スポンサーリンク

経済学には面白い部分とつまらない部分がある

あなたは大学で経済学の授業をとったことがありますか。

おそらく、この記事を読んでいる方の多くはその経験がない人でしょう。

そういう経験がない人のためにいっておくと「経済学はつまらない学問」です。

いや正確にいうと、経済学には多くの人が面白いと思うところと、一部の人しか面白いと思わない部分があるのです。とくに大学では後者の割合が大きいため、つまらないと主張する人がいるのでしょう。

これに関して、大学の学部で経済学の履修経験があり、さらに社会科学の出版実績もある筆者が経済学について簡単に紹介します。

経済学がつまらないのは生活感が欠けているから

そもそも、経済の分野は次の2通りにわかれます。

  1. 学術系⇒財の種類、価格の決まり方、効用、均衡、厚生、情報の非対称性、外部性、公共財、IS-LM分析、政府の失敗、ゲーム理論、貿易理論、政策としての税金
  2. 実利・生活系⇒株式投資、FX、銀行、保険、年金、住宅(賃貸か購入か)、キャリア論、身近な税金対策

1の学術系の方には初心者にとっては意味不明の用語が並んでいますが、ひとまず置いておきましょう。

普通、経済学の本や経済学部で学ぶ内容のほとんどは1の学術系の内容です。2の実利・生活系の内容にはほとんど触れません。

しかし、世間一般で人気があるのは2の実利・生活系です。実際、書店に行くと売上がよいのは圧倒的に2の実利・生活系の本です。

なぜ圧倒的な差がつくのかというと、2の実利・生活系を学ぶと金銭にとってプラスになりますが、1の学術系を学んでも金銭的には大したプラスにならないからです。

「大学の経済学部で学ぶ内容は2の実利・生活系のものが多いんだろうな」と思っている人が経済学部に入ると、挫折しやすいよ。

経済学の本筋は根本原理の探究

ここで気になるのは1の学術系の内容でしょう。これは簡単にいうと、経済原理について数学を使いながら根本的に探究していくことだといえます。

たとえば、株式投資の場合、「安い価格で買って高い価格で売れ」「買い注文が多いほど株価は上がる」と入門書には書いてあります。投資の入門書では価格の決まり方には強く突っ込まず、利益のあげ方ばかりを扱うのが普通です。

この点、経済学の授業だと「そもそも価格はどういう条件で決まるのだろう」「商品の種類によって価格の決まり方は異なる」「社会的に望ましい価格とは何だろう」というように根本的なところに突っ込んでいきます。

要するに、経済学に向いている人は経済原理を根本的に探究したい人であって、資産形成や年金には興味があるくらいの興味の人には向きません。後者タイプの人には経済学はつまらなく映るはずです。

経済学は日本では文系に位置づけられながらも、基本的には数学が必須です。さらに経済学には物理学の発想も込められています。したがって、理系科目が大嫌いな人にはまずおすすめしません。

数学が少し嫌い程度でしたら凌げるかもしれませんし、そのうち面白くなる可能性もあります。
大学によっては教養レベルの授業として2の実利・生活系も扱っているけど、メインは1の学術系の内容。

経済学に実感をもてるか

経済学の短所(長所かも)は実感がもちにくいということです。

たとえば、需要と供給で価格が決まるというモデルは実際の経済を単純化・抽象化したものにすぎません。

このモデルはあまりにも基本的であり誰もが知っておくべきですが、もっと高度なものになると、こんなモデルを知っていて役立つのかという思いにさいなまれることもあります。

また実感としては政府は介入的な政策を打ち出すべきなのに、学問として客観的に考えると政府は介入すべきではないというパターンもあります。

政府の経済政策の第一線に携わる人でなければ、国家レベルの経済政策を探究しても意味がないかもしれないのです。

このあたりを割り切ることができれば経済学をやる価値があるでしょう。

経済学部では型が身につく

経済学のよいところは基本的な型が身につくことです。

政治学や社会学は自由度が高いのですが、経済学の内容は数学的であり、数学は世界共通の内容ですから、まずはだれもが同じ型を身につけるしかありません。

経済学は数値や論理という皆の共通尺度に置き換えられるからこそ、個人の主観にとらわれない方策に行きつくことができるのです。

ただし、経済学は基本段階は型に縛られるとしても、近年盛り上がっている行動経済学や、ビッグデータを用いた実証的分析といった応用分野は型に縛られない研究ができます。

経済学部と同じように文系学部の中で型を身につけやすい学部といえば法学部。

経営学部や商学部は経済学部とどう違うか

もし、経済には興味があるけれど経済学という抽象性の高い領域がつまらないと感じるなら、経営学部や商学部などに進んだ方がよいでしょう。

経営学や商学は、企業の効率的運営、企業の戦略と意思決定、企業の金融と資金調達、企業の会計と税務など、経済を企業中心に学ぶ実務的かつ具体的な分野です。

経営学部や商学部でも1年生では経済原論(経済学の基礎)を学ぶのが普通です。
タイトルとURLをコピーしました