動物・食事

ゴキブリがひどく嫌われる理由

2020年11月20日

ゴキブリのイラスト

日本は湿度が高めの国でありゴキブリは湿気が大好きであるため、日本には結構な数のゴキブリがいます。

そこで今回はゴキブリがなぜ嫌われるのかを真面目に解説します。

もう「ゴキブリ」という字面からして気持ち悪い感じがしますからね。

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の「ゴキブリ大行進」という話を見た人はトラウマになっているのではないでしょうか。

バイオハザード2の巨大ゴキブリも気持ち悪かったな。

なおゴキブリを始めとして虫の実写画像は一切使いませんので虫が苦手な方も安心してご覧ください(簡単なイラストは使います)。

ゴキブリが嫌われる理由

ゴキブリが嫌われる理由は以下のとおり。

  • キッチンや床下など人間にとって身近な場所でも繁殖するから
  • 深夜に現れて家にある食料やゴミ、水を漁る姿が気持ち悪い
  • 人間にとって有害で汚い菌をもっているから
  • 長い触角と黒くて油っぽいビジュアルがイヤ
  • 素早く這いずり回りたまに飛ぶのが気持ち悪い
  • 生命力が強い
  • 生息エリアでは多くの人が「気持ち悪い」と思い込んでいるから

しかし、以上のような嫌われる理由にはツッコミどころがいくつかあります。

ゴキブリは総合力ワースト1の実力者

ゴキブリが嫌われるのは、それぞれの分野ではワースト1ではないものの総合力としてはワースト1だからです。

  • キッチンや床下など人間にとって身近な場所でも繁殖するから床下で繁殖しやすい虫ワースト1はシロアリ
  • 食料やゴミ、水を漁る姿が気持ち悪い生ゴミにタカるコバエも鬱陶しい(コバエは冬でも出現する場合あり)
  • 人間にとって有害で汚い菌をもっているから人間にとって危険な虫ワースト1は蚊かオオスズメバチ
  • 長い触角と黒くて油っぽいビジュアルがイヤビジュアル部門のワースト1はウデムシ
  • 生命力が強い生命力部門のワースト1はクマムシ

たとえばシロアリは建物を食い荒らすように人間にとって忌むべき虫です。

しかし、シロアリは建物において人間からは見えにくいところにばかりいますし、ビジュアルはゴキブリほど気持ち悪くありません。

蚊は目に見えるところにたくさんいますが、日本では深刻な病気を媒介する蚊はわずかしかいませんし、ビジュアルもゴキブリほど気持ち悪くないです。

ウデムシはサイズが大きいうえにビジュアルが究極的に気持ち悪い昆虫といえますが、日本ではペット用くらいでしか存在しません。

この点、ゴキブリは繁殖力と有害性と気持ち悪さと視認性が平均的に高い位置にいるため嫌われ度の総合力が高いといえます。

メディアからの刷り込み

日本でゴキブリが嫌われるのはメディアからの刷り込みも原因の一つとしてあります。

たとえば、日本の漫画やアニメでゴキブリが現れると女性キャラが悲鳴をあげて男性キャラに助けをもとめるなんていう展開がよくあります。

あるいは虫の駆除に力を入れている会社のテレビCMはゴキブリを悪者として扱っています。

それに影響を受けた現実の日本人はゴキブリを過剰に怖がってしまうのです。

メディアが発達しているエリアは先進国や大都市ばかり。
ゴキブリは先進国の中でも生息しているエリアで嫌われやすいだろうね。

それとは対照的に、日本よりもゴキブリの種類や生息数が多いと見られる東南アジアでは食用ゴキブリを食べることが慣習化しています。

実際、東南アジアの繁華街の市場に行くとゴキブリの揚げ物が山積みになって売られています。

テレビのバラエティ番組でそういった市場が取り上げられると、嫌がる芸人が頑張って食べようとするのが定番。

食べても大丈夫なゴキブリは食用に生育された衛生的なものです。

野生のゴキブリを食べると、いろいろまずいでしょう。

ゴキブリは共同で嫌われる

また、日本のあるテレビ番組では北海道にずっと住んでいて今までゴキブリを見たことがない人は、初めてゴキブリを見たときに気持ち悪がらないということが特集されていました。

さらに平安時代~江戸時代の日本ではゴキブリが嫌われていたという記述はほぼ見当たりません。

もし平安時代~江戸時代においてもゴキブリが嫌われていたのなら、文芸作品に記されるはずですが、ほぼ見当たらないのです。

ゴキブリは水や食料が整っているところ(お金持ちの家)に出没しやすいため、江戸時代ではゴキブリが自宅に出るのはむしろ誇らしかったのかもしれません。

つまり、ゴキブリは同じ時代や同じエリアの人間の多くが共同で忌避したがる感じでないと嫌われにくいといえます。ゴキブリの嫌われ方は社会的なのです。

江戸時代でゴキブリが出没したのはお金持ちの家。現代の一般家庭はゴキブリにとって江戸時代のお金持ち並かそれ以上の魅力があるといえます。

-動物・食事

© 2020 通勤コンパス Powered by AFFINGER5