訳アリの食品や日用品を安く買って社会貢献しよう

グリーン車の乗り方を写真付きでわかりやすく解説【JR東日本編】

常磐線の2階建車 旅行・地理

普通列車にグリーン車がついている意味

東海道線、高崎線、宇都宮線、常磐線、総武快速横須賀線などJR東日本の在来線の普通列車にはグリーン車がついています。

在来線とはJR線のうち新幹線以外の路線のこと。
また普通列車とは、特急料金や新幹線料金といった別料金を支払わず運賃(乗車券・定期券)だけで乗れる列車のこと。料金ルール上はJRの快速や通勤快速は普通列車の一種だよ。

それらの路線は混雑するうえに山手線と違って長距離乗車が多いですから、JRは乗客の負担を軽くするためにグリーン車を設けているのです。

ここでは運賃に加えてグリーン料金を支払えば、ラッシュアワーでも回転式クロスシートに座れます。

グリーン車だけにこのシートにはリクライニング機能とテーブル機能がついています。

在来線普通列車のグリーン車は全席が自由席ですから料金を支払っても座れない場合があります。とくにラッシュアワーでは結構あります。これについては後で説明します。

なお、グリーン車付きの電車は長距離の通勤客が多い路線で、なおかつ混雑率が高い区間で運転されます。

それは以下のとおりです。

JR東日本管内でグリーン車付きの普通列車が走っている基本区間

  • 東海道線・湘南新宿ライン・高崎線・宇都宮線⇒熱海~高崎・宇都宮まで
  • 総武快速線⇒逗子~千葉まで
  • 常磐快速線⇒品川~勝田まで

※正確にいうと、熱海~伊東、高崎~前橋、宇都宮~黒磯、勝田~高萩などの区間もグリーン車付きの普通列車は走っているのですが、運行本数に対する割合は下がります。ですので、基本区間としては以上のようになります。

※常磐快速線の普通列車でグリーン車付きの列車は青帯の列車だけです(10両編成か15両編成)。5両編成の列車と緑帯の列車にはグリーン車はついていません。

※路線や区間は違っても乗り方のルールは共通しています。

繰り返しになりますが、在来線の普通列車のグリーン車に乗るには乗車券・定期券(運賃)とは別にグリーン券が必要です。

そのため、仕組みや乗り方がわからないという人も多いでしょう。

そこで今回は在来線の普通列車のグリーン車の乗り方について豆知識を交えながら解説していきます。

普通列車のグリーン券は青春18きっぷと併用できるから青春18の旅路にはおすすめ。

グリーン券の買い方

まずはグリーン券の買い方です。

グリーン券の発売場所は、改札外の券売機か、上の画像のような改札内(とくにホーム中間4~5号車の停車位置付近)に設置されているグリーン券専用の券売機です。

あるいは「みどりの窓口」で買うこともできます。

ラッシュアワーのホーム券売機だと慣れている人ばかりで「早く買え」といわんばかりの空気があったりする。だから、慣れていない人は改札外で買う方がいいかも。

そこで買うグリーン券には、紙製の券(磁気グリーン券)とSuicaに購入情報を読み込ませたSuicaグリーン券の二つがあります。

ただし、ホームの券売機で買えるのはSuicaグリーン券だけです。そこではPASMOやToicaでもSuicaグリーン券を買うことができます。

グリーン車に乗車した後にアテンダントからグリーン券を買うこともできますが、これはオススメできません。

グリーン車に乗ってからグリーン券を買うと、事前(乗車前)に買うよりもグリーン料金は260円上がってしまうからです。

車内販売のグリーン券は現金のみの取り扱いです。

具体的な料金表は以下のとおりです。

営業キロ 事前料金 車内料金
平日 土日祝 平日 土日祝
50キロまで 770円 570円 1030円 830円
51キロ以上 980円 780円 1240円 1040円

※料金表の土日祝には振替休日と年末年始(12月29日~1月3日)も含まれます。

※グリーン料金は大人も子どもも同じです。

※グリーン車内に座らず立ち続ける場合でもグリーン券は必要です。

※Suicaグリーン券の有効期限は当日のみです。ただし、日付が変わる場合でも終電までは利用できます。

※Suicaグリーン券はICカード(SuicaやPASMO)1枚につき1人分のみしか買うことができません。つまり、複数で利用する場合、人数分のICカードで1人ずつ買うか、みどりの窓口や改札外の券売機で磁気グリーン券を買う必要があります。

券売機でグリーン券を買う場合、

  1. グリーン券ボタンをタッチ
  2. Suicaグリーン券か磁気グリーン券をタッチ(ホームの券売機ではSuicaのみの取り扱いなので1.と2.は省略してSuicaを入れるしかない
  3. グリーン車の降車駅の線名をタッチ(ホームの券売機では乗車駅はそのホームがある駅になる)
  4. グリーン車の降車駅をタッチ
  5. 金額が表示される
  6. 了解したら現金かSuicaを券売機に入れる

これで完了です。とくに難しくはないかと思います。

券売機の種類によってタッチする手順に多少のズレがあります。
在来線普通列車のグリーン車は51キロちょうど乗っても、熱海から宇都宮までの200キロ以上を乗り通してもグリーン料金は変わらない。つまり、長距離移動のときほどお買い得感がある!
それに対して、たとえば大宮から上野に新幹線の自由席で行く場合、運賃は470円で新幹線料金は860円(距離は27kmくらい)。また新横浜から小田原に新幹線の自由席で行く場合、運賃は970円で新幹線料金は980円(距離は新幹線ルートで55kmくらい)。近距離の新幹線は料金が安めなので比較するといいよ。しかも速い。
大宮~上野間の所要時間は新幹線と在来線では8分くらいしか違わないけどね。この区間だけは新幹線は遅い。あと、在来線特急の料金も比較対象になる。ただ、青春18きっぷの使用時は特急券や新幹線特急券との併用はできないからご注意を。

グリーン車に乗車してからの手順

さて、グリーン券を買ったらグリーン車停止位置で列車を待ってグリーン車に乗車しましょう。

JR東日本の在来線普通列車のグリーン車はすべて4号車と5号車です。しかし、上の画像のように10両編成と15両編成では停止位置がズレている場合がありますのでチェックしておきましょう。

在来線普通列車のグリーン車は全車自由席(全車禁煙)なので「空いている席」はどこに座っても大丈夫です。

ただし、空いているというのは人がいないという意味ではなく、座席上方のランプが赤でなければなりません。

つまり、グリーン車では赤が空席を意味し、緑が席を購入して座っていることを意味するのです。

どの席に座るかを決めたら、Suicaグリーン券の場合、そのSuicaでセンサー部分をタッチしてください。これによってランプの色は赤から緑に変わるはずです。

磁気グリーン券の場合、赤ランプのまま座っているとアテンダントがまわってくるのでそこで券を見せます。

席を移動したい場合は、そのまま何もせず離れて移動先の席でまたセンサー部分にICカードをタッチすれば大丈夫です。

もし空席がなく座れず、立ち席も含めてその日はグリーン券を使わないと決めたらアテンダントから不使用証を受け取りましょう。

諸事情によってアテンダントから不使用証を受け取れなかった場合、当日中に降車駅で駅係員に申し出てください。その払い戻しは購入後1年以内にみどりの窓口で行う必要があります。

なお、グリーン券を買ったのに使わなかったという場合の払い戻しは手数料がかかります。

さて、グリーン車の座席は2階席と平屋・車端席(ドア口と同じ高さの席)と1階席がありますが、人気があるのは上の画像のような2階席です。

2階席の人気は眺めのよさをもとめての行動でしょう。私も選べる状況ならば2階席に座ります。あとはなんとなく優越感を欲しているのかもしれません。

ただし、2階席に網棚はありませんからご注意を。

座席の上にある赤いランプが、少し前に説明したSuicaのセンサーです。

今はすべて空席なのですべて赤ランプ状態です。

上の画像は2階建て1階(階段を下りたフロア)にある席からホームを見た眺めです。

窓のサッシ部分がホームと同じくらいの高さに来ていることがわかるかと思います。

2階建車の1階

上の画像は1階席全体の様子です。

1階席の景色は見劣りしますし走行音は少しだけ大きいですが、混雑率は1階席よりも低いです。

上の画像は平屋席の様子です。

平屋席には網棚があり、さらに階段を昇り降りしないでよいというメリットがあります。そのため荷物が多いときには便利です。

また平屋席の着席定員は12名と少ないので(車種によって多少前後する)、人気がすくないところがお好きなのであればこちらをどうぞ。

ただし、平屋席でトイレ横だと人の出入りが多かったり、連結部分で走行音がややうるさいというデメリットもあります。

目的地(グリーン券で指定した降車駅)に到着したら、とくに手続きをとる必要はなくそのまま降りればOK。
途中駅では直後に座る人がいるかもしれないから、ある程度キレイに降りてほしいものだね。
さらなる進化が予想されるグリーン車

普通列車のグリーン車は通勤客にとってオアシスです。

これによって体を休めたり、まったりパソコンを動かしたり、移動時間を楽しんだりできます。

しかも、2020年度から総武快速横須賀線向けの新型車両「E235系」のグリーン車にはコンセントと無料Wi-Fiが設置されます。

ということは、それ以降の他路線の新型車にはコンセントと無料Wi-Fiが標準装備される見込みが高いわけです。

また中央線にもグリーン車を導入する計画があります。

このようにJR東日本管内のグリーン車はまだ成長の見込みがありますから今後にも注目しましょう。

これは豆知識なんだけど新幹線の車幅は在来線の車幅よりも大きい。高速走行のときはレール幅が広い方が安定するからだ。だから、新幹線の自由席・指定席は2+3列シート、新幹線のグリーン車は2+2列シートが基本。つまり、グリーン車はゆとりが増えるのだ。
でも、JR東日本の在来線特急は自由席・指定席でもグリーン車でも2+2列が基本だね。シートピッチ(座席の前後間隔)は違うけど。で、普通列車はというと通常の硬いクロスシートはもちろんグリーン車も2+2列。
そう、JR他社の特急のグリーン車だと2+1列シートもかなりあるんだけど、首都圏は混雑するからまあ仕方ないかな…
タイトルとURLをコピーしました