地理の知識記事一覧

プランテーションの歴史と現状

プランテーションの歴史と現状植民地時代の残滓プランテーションとは、おもに熱帯・亜熱帯の途上国において先進国の資本が現地の安価な労働力を利用しつつ単一の商品作物を大規模に栽培する農業のことです。かつての列強による植民地経営がその原点です。貧しい黒人や先住民が従業者の多くを占めるなど植民地時代の構造は現...

≫続きを読む

頭端駅という誇り高い形と中間駅という効率的な形

頭端駅という誇り高い形と中間駅という効率的な形頭端という駅のホーム形式頭端式ホームとは、小田急新宿駅や阪急梅田駅のように列車はそこで行き止まりとなり、その片端が一つにつながっている構造をいいます。当然、全国各方面へと線路がつながっているJRグループよりも、いくつかのターミナル駅(末端駅)を起点とする...

≫続きを読む

現在単線の御殿場線は昔、複線だった

現在単線の御殿場線は昔、複線だった箱根の山を越える際の北回りと南回り御殿場線に乗ると重要な歴史と地理的事情が垣間見えます。そもそも日本の交通上の大動脈である東海道において、神奈川県から静岡県方面に向かうには箱根付近の険しい山々をトンネルで貫くか、合間を走るしかありません。具体的には、東海道本線や東海...

≫続きを読む

寝台列車のメリットとデメリット

寝台列車のメリットとデメリット寝台列車は消える運命なのか2014年3月には上野〜青森間を行き来していた寝台特急「あけぼの」が、2015年3月には上野〜札幌間を行き来する「北斗星(定期運行)」と、大阪〜札幌間を行き来する「トワイライトエクスプレス」も廃止されてしまいました。ブルートレインという言葉はも...

≫続きを読む

明治時代初期の事情

明治時代初期の事情皇室制度に反対する根拠の中には、天皇陛下が都心の超一等地に住んでいることを批判するものがありますが、これは因果関係を取り違えています。皇居の価値実際のところは、明治元年に江戸城跡に皇居ができたからこそ、当時の中央集権の流れとともに皇居周辺への官庁集中計画が持ち上がり、後に中央停車場...

≫続きを読む

地理と信仰

地理と信仰街の外れに神社・仏閣と、街の中心にある教会・広場日本では、古くから存在する神社や仏閣は街の外れや山間部にあることが多いです。信仰と自然は切り離せない関係にあると捉えられ、また信仰は慎み深く行うべきとされてきたからでしょう。一方、キリスト教圏で教会は街のシンボルとして街の中心に位置することが...

≫続きを読む

自然な都市と計画的な都市〜人間が好む都市像とは

自然な都市と計画的な都市〜人間が好む都市像とは自然に形成された都市と、計画的に構築した都市都市には大きく分けて二種類あります。一つは人々の長年の営みの中で自然に形成された都市です。もう一つは公的機関が計画的に設計した都市です。後者の中でも有名なのは京都(平安京)とブラジリアでしょう。まさに首都東京2...

≫続きを読む


社会科学 地理の知識 雑感 ビジネス