訳アリの食品や日用品を安く買って社会貢献しよう

捕鯨の反対派と賛成派の主張・意見をまとめてみた

徳島のザトウクジラ 文化・娯楽

捕鯨に対する批判と生死の基準

2020年の東京オリンピック開催が決まってから報道されたニュースに、コンビニに置いてある成人誌を大会期間中だけでも規制すべきというものありました。

2020年には今と出版事情や流通事情が大きく異なっている可能性があるので、この件については何とも言えません。

それよりも日本が批判されそうなことといえば、クジラやイルカを食べる日本人の食生活かもしれません。

以下にクジラとイルカの食用捕獲に対する反対意見と賛成意見をまとめました。

ちなみに筆者は賛成派です。すべての意見を冷静に考慮すると賛成派の意見に説得力があると考えるからです。またクジラはとても美味しい食べ物だと思うからです(イルカは食べたことがありません)。

捕鯨反対派の意見(クジラとイルカの捕獲に反対、捕鯨賛成派の行動に反発)

  • クジラやイルカなど知能が高いとされる生物は人間に近いので、それを食べることは野蛮
⇒人間が他人を殺したり食べてはいけないことに通じる
  • 反対派にとってクジラやイルカの味はまずいので、残虐な形で獲って食べるべきではない
⇒食べるなら他のモノ(賛成派から見て下等なモノ)を食べろということ
  • クジラやイルカの頭数は減っている
⇒実際には減っている種もあれば、増えている種もあるといわれる
  • クジラは飼えないが牛や鳥は家畜として人工的に殖やせる
⇒飼えないモノは食べてはならず、飼えるモノは食べてもよいということだが、その論理だとタコも食べてはならないはず
  • 反対運動を展開するとお金が集まったり、ストレス解消になるから反対運動を展開しているだけのこと
⇒捕鯨反対派は上層部と下層部では心理や目的が異なる?
  • 反対派にとって陸上の動物よりも海の生物の方が神秘的なので、解明が進むまで保存しておくべき
⇒海も海中生物もまだすべて解明されていないが、陸上生物もまだ解明されていない部分はある
  • 西洋人の価値観は普遍的に通用する
⇒人権という普遍的に通用する概念をつくったのは一応、西洋人

捕鯨の賛成意見(クジラとイルカの捕獲に賛成、捕鯨反対派の活動に反発)

  • 人間を含めたあらゆる生物は、他の動植物を食べなければ生きていけないから捕鯨もその一環として認められる
⇒いかなる生物もその原罪から逃れられない。それならば日本人が食前に「いただきます」と発し、その骨までダシとして利用するように、むしろ様々な生物をしみじみと味わって原罪を深く認識すべきではないか。そもそも食べるという行為は、残虐であろうとなかろうと相手に死んでもらわないと成り立たない。
  • 反対派はクジラを人間に近しい動物と見なすなど、自分たちの倫理観をアピールするが、かつて西洋人はアメリカ大陸やオーストラリアの先住民、そしてアフリカ大陸の黒人を殺しまくったように残虐である
⇒白人の倫理観は利己的か
  • クジラの味は実際に食べてから判断すべき
⇒食わず嫌いになるべきではない
  • ノルウェーやアイスランドも捕鯨国であるが、同じ「西洋」であるからか日本ほど批判されないのはおかしい
⇒おそらく政治的に日本の方が批判しやすい
  • 日本人は家畜やクジラについてあらゆる部分を食べたりダシ汁として使うが、昔、鯨油目的だけにとらわれて捕鯨に及んでいた米英は許されるのか
⇒犠牲になってもらった以上は無駄に捨てることはもったいないし、冒涜になるのでは?
  • 牛肉や豚肉を無駄に多く消費している民族は許されるのか
⇒完全なベジタリアンが批判するのなら、まだ説得力はあるかも。ただ、ベジタリアンとて植物を犠牲にしている事実がある。
  • 捕鯨反対は、イスラム教徒が豚を食べないが豚を食べる人(他教徒)を非難するわけではないのと同じで内心としては認められるが、他人に強制すべきではない
⇒一部の中国人や韓国人は犬を食べるが、それを批判する日本人はほとんど聞かない
  • 捕鯨反対は思想レベルでは認められるとしても、捕鯨船に向かって強引に体当たりするようなテロ活動は野蛮で認められるべきではない
⇒自分たちを絶対の正義と見なしてテロを正当化すべきではない
  • 希少種のクジラや幼い個体は保護されるべきだとしても、そうではない種については計画的に捕獲し食用にしても構わない
⇒ミンククジラは頭数が多いとされるが、ナガスクジラなどは少ないとされる
  • クジラは魚類を大量に食べるので、適度な水準でクジラを捕えないと魚類が減ってしまう
⇒海洋資源はクジラやイルカだけでなく、全体のバランスで見るべき
  • クジラやイルカの知能程度は不明
⇒豚の方が知能は高いという説もある
  • 知能が高い動物を殺してはいけないというのなら、知能が低い動物を積極的に殺してもよいのか。
⇒殺人を禁じること (中絶や正当防衛などを除く) は普遍的に通用するとしても、人間以外の動物の生死について明確なラインを設けることは人間の思い上がりではないのか
  • 捕鯨反対国の中には、かつて捕鯨に積極的だった国もある
⇒人間にとって殺す殺さないの基準は地域や時代によって異なる
哺乳類と魚類

以前、日本では露店のハムスター釣りが残虐だとして非難を浴びていました。

しかしながら、金魚すくいはそんなに非難されないでしょう。

そう考えると、人間は哺乳類を特別扱いしやすい生き物なのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました