当サイト「社会の杜」のおすすめ記事のまとめ

奨励会三段リーグの厳しさと優しさ【将棋のプロへの道】

将棋で考え込む人 文化
スポンサーリンク

奨励会は厳しさと優しさをもっている

あなたは将棋のプロにはどうやったらなれるか知っていますか。

基本的には小学生~中学生の年齢で奨励会というプロ棋士養成機関に入って、奨励会としての四段にまで上がるとプロになることができます。

奨励会三段とアマチュア三段とではまったく格が違う。だから奨励会に入れた時点でかなりの実力者(奨励会は6級からスタートし、~⇒1級⇒初段⇒~三段に至る)。

奨励会における段位は強豪だらけの厳しい環境のなかで、かなりの勝ち星を収めたときに上がるものです。

当たり前ですが、四段になるとプロになれますから三段のまま昇段できずにいるとプロになることはできません。

これに関して以前、かなりの苦労の末にプロ四段になれた棋士の話を聞いたところ、三段のプレイヤーはプロ下位~中位と同じくらいの実力をもっているそうです。

しかし、三段のプレイヤーがプロと同じような実力とはいっても、制度としては三段のプレイヤーのなかでトップクラスの成績を収めて四段に上がれないとプロになれません。

これはどうにもならないし、プロになりたいのなら乗り越えなければならない壁。制度として割り切らなければならない」とその棋士はいっていました。

小学生から中学生くらいの年齢で奨励会に入って将棋漬けの生活をおくったとしても、四段に上がれるとは限らないのです。

奨励会には退会に関して年齢制限がある。つまり、一定の年齢に達したときに一定の段位になれていないと強制退会になってしまうのだ。こういう年齢制限がないと、いつまでも奨励会にしがみついてしまい社会人として働けなくなるから「厳しくも優しい処置」といえる。
将棋界ではプロになれたとしてもプロ対局で負けが込むと、やがて強制引退になるよ。ホントに厳しい世界。

三段リーグの厳しさ

奨励会に所属するプレイヤーにとって四段への最後の関門となるのが三段リーグです。

三段リーグとは関東と関西の三段のプレイヤー30数人が半年間で18回戦を戦うというリーグ。

人によっては地獄のリーグと呼びます。

プロ入りしてタイトルホルダーになった人でさえ三段リーグには8期在籍していた人もいる。それだけ三段リーグは強さが拮抗しているのだろう。

三段リーグでは半年間の成績上位の2人が四段へと昇段します。ということは、1年間に4人が四段へと昇段できるわけです。これに関しては男女の区別はありません。

将棋のプロとは実力がプロ級というより三段リーグを勝ち抜いた人を指すといえます。

奨励会ではどこかの期間において6連勝・8連勝や9勝3敗などを達成した時点で昇段・昇級しますが、三段リーグだけはそうなっていません。前者は「いいとこどりの成績」といいます。

奨励会の三段以外では4連敗しても、そこで切り替えて6連勝すれば昇級・昇段できるのです。

しかし、三段リーグでは最初の方で連敗したとしても勝敗はリセットされず、その後も半年間にわたって戦わなければなりません。

それにプロ棋士は10代から60代まで100数十人もいますが、三段リーグのプレイヤーは同年代(大半は10代後半から20代)の30人ちょっとなのでたがいの棋風はかなり知っています。

三段リーグでの戦いの基本は相手の指したい手を殺すこと。つまり、相手のよいところ・得意を出させないようにするのだ。勝敗に極限までこだわるとそういう指し方になるのだろう。

よく知っている同年代の相手と人生をかけて面と向かって戦う雰囲気はかなり張り詰めているそうです。

同年代の一般人は次々と進学・就職し、また奨励会・三段リーグを自主的あるいは年齢制限によって退会する人もいるなかで、三段リーグのプレイヤーは人生をかけて戦います。こういう展開は精神的に厳しいものがあります。

参考:三段リーグの特徴

  • 奨励会は6級から始まり、最後の関門が三段リーグ
  • 三段リーグは10代~20代のプレイヤーが30人ちょっと在籍
  • 奨励会は三段リーグ以外はいいとこどりの連勝や高勝率によって昇級・昇段するが、三段リーグだけは半年間のリーグ戦の上位2人が昇段
  • 半年間での18回戦のうち12勝~15勝が上位2人に入る目安(総当たり戦ではないから、少しだけ運にも左右される)
  • 三段リーグのプレイヤーは皆プロ下位~中位と遜色ない実力
  • 退会に関して年齢制限がある
  • 精神的にかなり厳しい
  • 男女の区別はなく、最近では女性もわずかにいる

藤井聡太七段はかつて14歳で三段リーグを勝ち抜きましたが、それは例外中の例外で、昇段できるとすれば大半は10代後半から20数歳で昇段するという感じです。

中学生のうちにプロになれた棋士は歴代で5人しかいない。若い藤井七段以外はすべて大成しているよ。藤井七段はまだタイトルをとっていないけど、タイトル獲得はかなり有望なので大成はほぼ間違いなしか。

なお現在では三段リーグを退会したとしても、所定の公式戦でプロ相手に好成績を収めればプロ編入試験を受けることができます。

こちらも三段リーグと同様にかなりの難関ですが、それでも可能性はゼロではないところに魅力があります。

筆者は将棋を趣味として指すくらいのものですが、世の中には人生をかけて将棋を指している人がいることに注目と尊敬の念を抱いてます。

タイトルとURLをコピーしました