鉄道周辺

鉄道オタク・ファンが嫌われる理由【撮り鉄は悪い形で連鎖する】

2020年4月23日

以下は一部の鉄オタ(鉄道オタク、鉄道マニア)に見られる害悪・迷惑行為。箇条書きの下の方はマナー違反というにはとどまらない犯罪級の行為です。

これらは鉄道オタク・ファンが嫌われやすい(気持ち悪がられる)理由の第一因子でもあります。

  • ホームから身を乗り出して撮影し列車を遅延させる
  • 走行中の列車の窓から手を出す
  • ホームに撮影用の三脚や脚立をおいてみんなに迷惑をかける
  • 運行を終える鉄道車両に集団で乗車して貸切でもないのに我が物顔で騒ぐ
  • 珍しい鉄道車両を見るためにホームを走り回る
  • 撮影のための場所取りで鉄オタ同士がケンカする
  • 豪華列車の始発駅のホームについてJRがその列車の乗車券をもっていない人は入れないようにしたら、乗車券をもっていなかった撮り鉄が怒った
  • きっぷの高額転売
  • 外国の独裁者の肖像画を走行中の列車の窓から掲げる
  • かつて日本の地下鉄にテロを起こした組織として悪名高い○ウム○理教の音楽を駅で流す
  • 経験の浅い運転士が指導教官と業務上の会話をしていただけなのに鉄オタは「運転中に話をするのはおかしい」とクレームをつけた
  • 農地で鉄道写真を撮影しようとしたら障害物になる地元の農作業トラックがやってきたので退くように罵声を浴びせる
  • 写真撮影のために路上駐車をして、さらに道路からはみ出るように脚立や三脚を立てて地元に迷惑をかける(道路交通法違反)
  • 踏切内に立ち入って撮影していたら蒸気機関車にハネられて死亡(不退去罪)

↑この死亡事故が起きたのは大阪府で1976年のこと。当時の鉄道ブームも大きかったですが、この事故が起きてからは大都市圏での蒸気機関車の運転が控えられるようになりました。

蒸気機関車はそれだけ鉄オタが群がるためイベントの実施も気をつかうのです。

  • 鉄道写真を撮るために私有の建物内や線路内へ不法侵入し、勝手に植物を切り倒しタバコの吸い殻を捨てていく(器物損壊罪、建造物侵入罪)
  • 水面に反射する列車写真を撮りたいがために勝手に田んぼに水を張る(器物損壊罪)
  • 列車の連結器の上部分に立って一緒に被写体になる(器物損壊罪、建造物侵入罪、往来危険罪)
  • 写真撮影を邪魔した親子に土下座させる(強要罪)
  • 乗務員にカメラのフラッシュや車のハイビームを浴びせる(威力業務妨害罪)
  • 駅員や警察の指導に従わず反抗する(侮辱罪、公務執行妨害罪)
  • 鉄道部品をわざと壊したり落書きしたりする(器物損壊罪、往来危険罪)
  • 鉄道部品を盗む(建造物侵入罪、窃盗罪)
  • 盗品を売る(盗品関与罪)
  • 自動改札を不正突破、キセル乗車(詐欺罪、電子計算機使用詐欺罪、偽造有価証券行使等罪)
  • 緊急停止の瞬間を撮りたいがために線路に発煙筒を投げ込む(威力業務妨害罪、往来危険罪)

上記は鉄道営業法や軽犯罪法に違反している行為ばかりです。

あとはマラソン大会の参加者のために設定された臨時列車が珍しい車両だったため、鉄道ファンに占拠されたなんていう出来事もあります。これは社会のルールに反していませんが、鉄道会社としては微妙な気持ちでしょう。

嫌われたくないから鉄道オタク・ファンであることを隠す

筆者は鉄道ファンですが、鉄道知識は筋金入りの鉄道オタクから見たら「にわかファン」の範囲だと思います。

筆者は地価や駅周辺のお店、乗り換え、混雑率など生活者としての鉄道知識は詳しいです。

しかし、鉄道オタク界にいう鉄道知識は車両形式や制御など生活者としての鉄道知識とはズレています。(←筆者が詳しくない領域)

しかしというか当然というべきか、私は外では自分が鉄道ファンだということを隠しています。

なぜなら鉄道オタク・ファンは日本社会では嫌われている感じがするからです。

鉄道ファンの中でも中川家の礼二さんやタモリさん、石原良純さんは好感度が高いように、すべての鉄道オタク・ファンが嫌われているわけではありません。

一部の輩による悪行が目立つというだけの話。そのため同一視されることを恐れて鉄道ファンであることを隠したがる人がいるのです。

今回はこのあたりを解説します。

鉄道オタク・ファンが嫌われるのは社会性がないから

鉄道オタク・ファンが嫌われる最たる理由は「鉄道の利用は社会性が必要なのに、彼らには社会性が欠けているから」でしょう。

そもそも鉄道は不特定多数の人が使う公共交通機関。電車で出勤中の人は少々殺気立っているくらいです。

もし通勤中に「鉄道オタクが進路を妨害した影響で電車が遅延しました」なんていうアナウンスがあったら乗客から非難囂々(ひなんごうごう)に決まっています。

アイドルのコンサート会場でアイドルオタクが暴走したとしてもアイドルや会場のファン以外には被害がおよびませんが、鉄道ファンの暴走はそうもいきません。

たとえば、宇都宮から小田原に向かう電車が途中の大宮駅で鉄道オタクのせいで遅延したとしたら品川や横浜なんかでも遅延するのは珍しくありません。

そういえば、ジャニーズファンが新幹線車内にいたメンバーにホーム側から群がったために新幹線を遅延させたときは世間から叩かれていたな。
鉄オタではない人でもやりがちな駆け込み乗車なんてのも20秒くらいは遅延させている。みんながやったら酷いことになるよ。

鉄道の遅延は連鎖してしまう

鉄オタによる遅延時間がたった1分だとしても被害がおよんだ人が5万人とすると、みんなの貴重な時間を計5万分(=34日と17時間20分!)も奪い、しかもストレスを与えていることになります。

このように電車が遅延すると、遅延している電車に乗っている人の家族や踏切が開くのを待っている車の運転手をもイライラさせるでしょう。

首都圏の鉄道網は相互乗り入れが進んでいるため別路線の列車にも悪影響が連鎖します。

鉄道は社会性がきわめて強い(他人への配慮が強くもとめられる)乗り物なのです。

大都市圏の鉄道は本数も乗客数も異常なまでに多いから乗客の配慮がないと定時運行できない。
非鉄道ファンは鉄道を合理的な移動手段として見なすにすぎない。でも、鉄道オタク・ファンは鉄道自体に楽しみを見出す。この違いは大きい。

社会とは人と人が関係してできあがる領域という意味。

なお鉄道オタク・ファンが嫌われる理由として「ファッションが冴えない」「気持ち悪い」というのもありますが、ファッションレベルはアイドルオタクやアニメオタクと変わりないと思います。

まあ電車内で臭かったとしたら問題がありますが。

撮り鉄はマナーの悪さが連鎖しやすい

次に鉄オタの中でも最も評判の悪い撮り鉄がマナー違反をしやすい理由について述べます。

撮り鉄とは鉄道の撮影を好む人のこと。

たとえば、1人の撮り鉄がマナー違反の位置で撮影したとします。そうすると後続の撮り鉄もマナー違反の位置で撮影する場合が少なくありません。

これは前のマナー違反者の追随・マネ、あるいは前の違反者が撮影の邪魔になるため自分もマナー違反の位置に行くしかないという理由です。

全国各地には「お立ち台」と呼ばれる撮影スポットがあり、そこからカメラを構えるとプロ並みの構図で写真を撮ることができますが、それは私有地だったりもします。

一部の撮り鉄は駅構内や撮影スポットでは「オレは鉄道にかなり詳しいから、詳しくない人よりもよい位置に立つべき」みたいな妙な優越感をもっている場合があるよ。

また列車は動きますから、列車をかっこよく撮れるタイミングはかなり限られています。このとき列車の撮影に被るモノが現れると、貴重な撮影タイミングを逃したくないがために「どけ!」というような罵声をとっさに出してしまうとのこと。

中にはそこに注意を促す撮り鉄もいますが、それも含めて罵声っぽく聞こえてしまいます。穏やかな声で注意したのでは列車の騒音にかき消されるなどして伝わりにくいですからね。

つまり、撮り鉄のマナー違反は悪い形で連鎖しやすいのです。そこには「普段は気弱でもみんなでマナー違反をすれば怖くない」という群集心理も作用しています。

撮り鉄は鉄道撮影時だけは強気

撮り鉄は鉄道撮影時は強気でも普段は弱気で地味なキャラが多いもの。しかし、そんな撮り鉄でも珍しくてカッコイイ鉄道写真が撮れるとSNSやブログ、鉄研などではもてはやされますから撮影にこだわる人が多いのです。

そして非鉄道ファンとしては「鉄道写真の撮影に罵声が飛び交うなんて気持ち悪い…」と思ってしまうわけ。

鉄道会社としても撮り鉄は定時運行の邪魔になり駅構内で目障りになるため撮り鉄を嫌っています。

しかも撮り鉄は鉄道写真に乗務員の顔が写ってもそのままアップロードします(私はモザイクをかけます)。これも嫌がられる行為。

それゆえ鉄道会社は撮り鉄に人気のあるイベント列車の運行を控えたりもします。

そうなると撮り鉄は、イベント列車の運行を楽しみにしている健全な鉄道ファンからも嫌われてしまいます。

「鉄道好き」が鉄道会社や鉄道ファンから嫌われる行為に及んでいるなんてスゴイ矛盾!
最近では子連れでないと入場できない鉄道イベントも増えたよ。子連ればかりの鉄道イベントで悪行におよぶ子連れの鉄道ファンはめったにいないからね。たぶん。

撮り鉄は鉄道撮影に出かけるときは自家用車を使います(とくに地方)。本数が少なくて周辺が不便な路線の車両を駅以外で撮るには自家用車のほうが便利だから。

しかし、鉄道ファンが鉄道を使わないというのは矛盾しています。

過疎っている路線に乗車したら鉄道会社からは感謝されると思うんですけどね。

鉄道オタクはやたら細かい

また鉄道オタクが嫌われる理由として細かすぎるというのもあります。

御茶ノ水駅の中央線

上の写真を見てください。これを見て非鉄道ファンは「オレンジ色の電車」「これ知ってる、中央線だ」というくらいの感想をもつでしょう。とくにこれ以上の感想は出てこないはずです。

しかし、撮り鉄からすると「鉄道写真は↓のように一つの写真で車両の先頭から最後尾まで収まっていないと話にならん」「台車や床下が映ってないから論外」「方向幕(行先・種別表示)が鮮明じゃない」とこき下ろすはずです。

御殿場線と富士山

撮り鉄は虫眼鏡で鉄道写真の出来を確認するほど細かいところにこだわる。
Twitterで鉄道に関して間違った知識をつぶやくと、それが軽微な間違いであっても鉄オタから間違いを正すリプが届くよ。

私は撮り鉄ではないので写真の構図や鮮明さ、障害物は大して気にしませんが、撮り鉄はものすごく気にします。

以前、有名メディアに私の鉄道記事が載ったときも、かなり細かい部分についてケチをつけられました。

写真の出来よりもマナーや周りの目を気にしてほしいものだ。

撮り鉄じゃなくて模型鉄でも「この鉄道模型は実車と違ってドアの取っ手の形がちょっと違うからダメ、エラー品だ」と主張したりします。

鉄道模型に興味のない人から見たら「模型は小さいんだから取っ手の形が少し違うくらいでガチャガチャいうなよ」と思うかもしれませんが、彼らは強く気にします。

そのため模型メーカーや販売店の担当者は対応に苦慮すると聞き及びます。

まあ模型の出来にうるさいとしても社会的な害悪はないでしょうが。

500系新幹線

500系新幹線

「500系新幹線ってカッコイイ」←このくらいの発言なら鉄道ファンでなくても思うこと。でも、編成番号、車両番号、列車番号など細かいところにこだわるとオタク感が増す。
模型でも実車でも番号が違ったとしても見た目はほとんど同じ車両だからね。
でも、量産先行車と量産車では少しの違いがある。そんな少しの違いこそオタクをひきつけるのかも。

まとめ

鉄道オタク・ファンではない人、普段の通勤電車が好きではないという人も、新幹線や小田急ロマンスカーなどで旅行に行くときはワクワクするはずです。

あるいは『鬼滅の刃』に出てくるような無限列車(蒸気機関車)を実際に見かけたら「スゲー、写真撮っちゃおう」と思うはずです。

鉄道オタク・ファンは、それよりワクワクする率が高いだけのこと。

日本の満員電車は悩みの種であり嫌われがちですが、日本は特急や観光列車の類も充実しており、それは非鉄道ファンにとっても一目置く存在であるはずです。

鉄道ファンは鉄道にワクワクする度合いが高いのなら、鉄道は社会的な乗り物である以上、鉄道会社の従業員や沿線住民からも好感をもたれるように楽しむべき。

そして私のように鉄道ファンであることを隠す人がいなくなれば最高です。

鉄オタが飛びつく
参考鉄道オタクの種類を鉄道ファンではない人にもわかるように解説

続きを見る

この記事も読まれています

-鉄道周辺
-

© 2021 通勤コンパス Powered by AFFINGER5