どこに住むか迷ったときのチェックポイントを知ろう

鉄道オタク・ファンが嫌われる理由

鉄道オタク・ファン 通勤路線

以下は一部の鉄オタ(=鉄道オタク)に見られる迷惑行為。中には犯罪級の行為もあります。

  • ホームから身を乗り出して撮影し列車を遅延させる
  • ホームにカメラの三脚をおいてみんなに迷惑をかける
  • 運行を終える鉄道車両に集団で乗車して貸切でもないのに我が物顔で騒ぐ
  • 農地で鉄道写真を撮影しようとしたら障害物になる地元の農作業トラックがやってきたので退くように罵声を浴びせる矢印駅でも被写体の邪魔になる人や物に罵声を浴びせる(とくに鉄オタが大量に集まったイベントでは強気)
  • 珍しい鉄道車両を見るためにホームを走り回る
  • 豪華列車の始発駅のホームについて、JRがその列車の乗車券をもっていない人は入れないようにしたら、乗車券をもっていなかった撮り鉄が怒った
  • きっぷの高額転売
  • 写真撮影を邪魔した親子に土下座させる
  • 鉄道写真を撮るために私有地へ不法侵入し、勝手に植物を切り倒しタバコの吸い殻を捨てていく
  • 乗務員にフラッシュを浴びせる(危険行為なので禁止)
  • 写真撮影のために路上駐車をして、さらに道路からはみ出るように脚立や三脚を立てて地元に迷惑をかける
  • 駅員や警察の指導に従わず反抗する
  • 鉄道部品を盗む
  • キセル乗車

あとはマラソン大会の参加者のために設定された臨時列車が珍しい車両だったため、鉄道ファンに占拠されたなんていう出来事もあります。これは社会のルールに反していませんが、鉄道会社としては微妙な気持ちでしょう。

筆者は鉄道ファンですが、鉄道知識は筋金入りの鉄道オタクから見たら「にわかファン」の範囲だと思います。

筆者は地価や駅周辺のお店、乗り換え、混雑率など生活者としての鉄道知識は詳しいです。

しかし、鉄道オタク界にいう鉄道知識は車両番号や列車番号、制御など生活者としての鉄道知識とはズレています。(←筆者が詳しくない領域)

しかしというか当然というべきか、私は外では自分が鉄道ファンだということを隠しています。

なぜなら鉄道オタク・ファンは日本社会では嫌われている感じがするからです。

鉄道ファンの中でも中川家の礼二さんやタモリさん、石原良純さんは好感度が高いように、すべての鉄道オタク・ファンが嫌われているわけではありません。

一部の輩による悪行が目立つというだけの話。そのため同一視されることを恐れて鉄道ファンであることを隠したがる人がいるのです。

今回は鉄道オタク・ファンの種類も合わせてこのあたりを解説します。

スポンサーリンク

鉄道オタク・ファンが嫌われるのは社会性がないから

鉄道オタク・ファンが嫌われる最たる理由は「鉄道の利用は社会性が必要なのに、彼らには社会性が欠けているから」でしょう。

そもそも鉄道は不特定多数の人が使う公共交通機関です。時間に余裕がない出勤中の人は少々殺気立っています。

もし通勤中に「鉄道オタクが進路を妨害した影響で電車が遅延しました」なんていうアナウンスがあったら乗客から非難囂々(ひなんごうごう)に決まっています。

アイドルのコンサート会場でアイドルオタクが暴走したとしてもアイドルや会場のファン以外には被害がおよびませんが、鉄道ファンの暴走はそうもいきません。

たとえば、宇都宮から小田原に向かう電車が途中の大宮駅で鉄道オタクのせいで遅延したとしたら品川や横浜なんかでも遅延するのは珍しくありません。

「車内で急病人が発生して遅延した」なんていうのは許されるだろうけどね。
そういえば、ジャニーズファンが新幹線車内にいたメンバーにホーム側から群がったために新幹線を遅延させたときには世間から叩かれていたな。

鉄オタによる遅延時間がたった1分だとしても被害がおよんだ人が5万人とすると、みんなの貴重な時間を計5万分(=34日と17時間20分!)も奪い、しかもストレスを与えていることになります。

このように電車が遅延すると、遅延している電車に乗っている人の家族や踏切が開くのを待っている車の運転手をもイライラさせるでしょう。

鉄道は社会性がきわめて強い(他人への配慮が強くもとめられる)乗り物なのです。

日本の鉄道は本数も乗客数も異常なまでに多いから乗客の配慮がないと定時運行できない。
非鉄道ファンは鉄道を合理的な移動手段として見なすにすぎない。でも、鉄道オタク・ファンは鉄道自体に楽しみを見出す。この違いは大きい。

社会とは人と人が関係してできあがる領域という意味。

なお鉄道オタク・ファンが嫌われる理由として「ファッションが冴えない」というのもありますが、ファッションレベルはアイドルオタクやアニメオタクと変わりないと思います。

まあ電車内で臭かったとしたら問題がありますが。

鉄道オタク・ファンの種類

ここで注目すべきは鉄道オタク・ファンにはいろんな種類の人がいるということ。

アウトドア系の鉄道オタク・ファン
  • 撮り鉄矢印列車の写真撮影に情熱を燃やす人たち
  • 乗り鉄矢印列車に乗ることが大好きな人たち
  • 音鉄矢印走行音や駅メロを録音する人たち
  • ミニ鉄道やライブスチーム鉄矢印外で鉄道模型を動かす人たち(人が乗れるものもある)
大きな公園に行くと線路が敷いてあってミニ鉄道に乗らせてくれたりするよね。
自宅の庭に人が乗れるサイズの鉄道を敷設して運転するのが、究極の鉄道マニアかもね。子どもに乗らせてあげたら、すごく喜ばれると思う。
開放的なオタクは好かれるよね。
インドア系の鉄道オタク・ファン
  • コレクション鉄矢印鉄道関連品を集めて眺める人たち
  • 時刻表鉄矢印時刻表を研究して自分なりの妄想や改善案に浸る人たち
  • 模型鉄矢印好みの模型を集めて動かす人たち

撮り鉄と模型鉄を兼ねていたり、乗り鉄には国内派と海外派がいたり、模型鉄の中にも走行派と工作派と鑑賞派がいるなど以上はもっと細分化できます。

しかし、これ以上は細分化するとややこしくなるため控えておきます。

どんな鉄オタでも電車と気動車(ディーゼルカー)と客車と蒸気機関車と電気機関車の言葉の違いにこだわるのは共通していると思う。

さらに気動車の中には機械式と電気式と液体式があるよ。一般人は「電車」と一括して呼びがちだけど。
最近だと非電化区間を走る電車(蓄電池電車)とかもあるから、ややこしい。

乗り鉄の矛盾点?

鉄道オタク・ファンの中でも社会性がより強くもとめられるのは、撮り鉄と乗り鉄です。

撮り鉄と乗り鉄は実際の列車について撮ったり乗ったりしますから当然でしょう。

乗り鉄について興味深いのは、彼らは鉄道に乗る時間が長いほど満足感が高いわけではないということ。

たとえば、JR東海の静岡エリアやJR西日本の山口エリアは快速運転がほとんどないことで有名です。

で、乗り鉄は普通列車に長い時間にわたって乗車できるから満足と思いきや、そういった各停しかない区間を嫌っている率が高いのです。

これはロングシートが多いことも影響しているでしょうが、なんとも面白いところです。

撮り鉄は不規則性を好む?

それから撮り鉄についても興味深いところがあります。

そもそも鉄道を好む人は、鉄道の規則性(ダイヤや車両編成が規則的)を好むといわれています。

しかし、撮り鉄は普段とは違う不規則な編成の列車やイベント列車、甲種輸送を撮ることが大好きです。

甲種輸送とは、鉄道車両が自力以外の方法で輸送されること。私鉄の車両がJR貨物の機関車に引かれながらJR在来線の線路を走ることはその典型。

甲種輸送では西日本のJR車両と東日本の私鉄車両が並んだりするなどレアな光景が撮れるので、追っかける撮り鉄は多いです。


一般の乗客に迷惑がかからない形で、普段とは違う編成の列車やイベント列車を撮るだけなら、とくに嫌われないでしょう。

濃い鉄オタは新幹線を嫌う!?

濃い撮り鉄や乗り鉄は新幹線を嫌っている気がする。
新幹線の開業は既存路線を廃止に追い込んだり、JRの在来線を第3セクターへと転化させた。新幹線は料金も高いし旅情も薄くて合理的すぎるから濃い鉄オタは嫌うのかも。
青春18きっぷを使う乗り鉄にとって第3セクターは注意すべき区間だよね。
それから鉄オタの中には未だに国鉄(日本国有鉄道)崇拝が残っているように古い車両の復活運転は人気がある。車内メロディに使われている『鉄道唱歌』『いい日旅立ち』も大好き(懐メロが好き)。帝都高速度交通営団(昔の東京メトロ)なんていう名称も国鉄っぽくて大人気。
中二病的な響きに人気があるってことだね。そういえば、ゆりかもめみたいな新交通システムに鉄オタが群がるというのは聞いたことがないな。
鉄道ファンは歴史があって人間味が濃い路線を好むのかも。

鉄道オタクはやたら細かい

また鉄道オタクが嫌われる理由として細かすぎるというのもあります。

御茶ノ水駅の中央線

上の写真を見てください。これを見て非鉄道ファンは「オレンジ色の電車」「これ知ってる、中央線だ」というくらいの感想をもつでしょう。とくにこれ以上の感想は出てこないはずです。

しかし、撮り鉄からすると「鉄道写真は↓のように一つの写真で車両の先頭から最後尾まで収まっていないと話にならん」「台車や床下が映ってないから論外」「方向幕(行先・種別表示)が鮮明じゃない」とこき下ろすはずです。

撮り鉄は虫眼鏡で鉄道写真の出来を確認するほど細かいところにこだわる。

御殿場線と富士山

私は撮り鉄ではないので写真の構図や鮮明さ、障害物は大して気にしませんが、撮り鉄はものすごく気にします。

写真の出来を気にするよりマナーや周りの目を気にしてほしいものだ。

撮り鉄じゃなくて模型鉄でも「この鉄道模型は実車と違ってドアの取っ手の形がちょっと違うからダメ、エラー品だ」と主張したりします。

鉄道模型に興味のない人から見たら「模型は小さいんだから取っ手の形が少し違うくらいでガチャガチャいうなよ」と思うかもしれませんが、彼らは強く気にします。

そのため模型メーカーや販売店の担当者は対応に苦慮すると聞き及びます。

まあ模型の出来にうるさいとしても社会的な害悪はないでしょうが。

500系新幹線

500系新幹線

「500系新幹線ってカッコイイ」←このくらいの発言なら鉄道ファンでなくても思うこと。でも、編成番号、車両番号、列車番号など細かいところにこだわるとオタク感が増す。
模型でも実車でも番号が違ったとしても見た目はほとんど同じ車両だからね。

まとめ

鉄道オタク・ファンではない人、普段の通勤電車が好きではないという人も、新幹線や小田急ロマンスカーなどで旅行に行くときはワクワクするはずです。

鉄道オタク・ファンは、それよりワクワクする率が高いだけのこと。

鉄道にワクワクする頻度が高いのなら、鉄道は社会的な乗り物である以上、鉄道会社の従業員や沿線住民からも好感をもたれるように楽しむべき。

そして私のように鉄道ファンであることを隠す人がいなくなれば最高です。

タイトルとURLをコピーしました