当サイト「社会の杜」のおすすめ記事のまとめ

20代の第二新卒・フリーター・ニートよ「若さの価値は大きいぞ」

第二新卒の女性 転就活
スポンサーリンク

フィクションでも若さの価値は大きい

かつてドラゴンボールのピッコロ大魔王は「若さ」をもとめて神龍に願いをかなえてもらいました。

ナルトの綱手も「若さ」にこだわり、火影という地位にあるにもかかわらず若返りの術を使ってみんなの眼をくらましていました。

これらはフィクションの話ですが、現実の転職でも「若さ」はかなり大きな価値です。

でも当の若者は若さのすばらしさを生かしていない節があります。

転職・就職において若さをさっさと活かせば幸せに近づけるというのに!

27歳はモデル業界では中年

それが現れているのが下の画像に埋め込まれているニュース記事です。

ヤフーニュース

ヤフーニュースは配信後の数か月で削除されるため画像のリンク先は記事の配信元である「bizSPA!フレッシュ」というメディアです。

記事をすべて読むのは面倒くさいと感じる人のために内容をまとめると「記事に取り上げられている27歳のモデルはイケメンだけど、25歳もすぎるとよいモデルの仕事はまわってこなくなった。そこでモデルを辞めて就職しようと思ったけどアルバイト経験しかない27歳の自分はまともな企業には就職できなさそうで不安」という話です。

私はファッションモデル業界のことはよく知りませんが、この記事を見ると27歳という年齢はモデル業界では中年と見なされるようです。

一般社会で27歳は若い

しかし、27歳という年齢は一般社会ではどう考えても若者の部類に入ります。若者はこの若さと、若さゆえのやる気・体力を生かして就職すべきです。

世間の評価は次の画像にも現れています。

ヤフコメ1

ヤフコメ2

これはその記事がヤフーニュースに掲載されたときのコメント、いわゆるヤフコメです。明らかに27歳は若いと評価する声ばかりです。

ヤフコメなんてあてにならない」と考える人もいるでしょうが、この記事についてはそんなことはありませんし、否定的に見てもよいことはないでしょう。

そりゃあ一流大学を22歳~23歳で卒業して超一流企業や省庁の総合職でキャリアを順調に積んでいる同年代のエリートに比べると見劣りがするかもしれませんが、それは同年代の一部の人間ですから気にする必要はありません。

今がチャンス

この点、1990年代の日本の就職氷河期の新卒者は有名大学卒でさえもかなり苦労したようですから今の若者はめぐまれています。やむを得ず非正規の道を進むしかなかった人も多いです。

正直言って就職・転職という観点では今の若者は羨望の眼差しで見られています。

また政府はいずれ単純作業においても外国人の就労を積極的に許すともいわれています。

少子高齢化・人材不足はそこまで深刻化しているのです。今の状況は若者の就職・転職にとって一大チャンスなのです。

世間の多くの人間としてもこのモデルは若いし、アルバイトも頑張っていると評価するはずです。イケメンか否かは重要ではありません。

というか、一説にはイケメンは周りの男から嫉妬されるためか意外と出世しにくいともいわれています。

20代のうちに就職しよう

しかしながら、30歳を超えてアルバイト経験しかないとさすがにきついものがあります。

実際、職業サイトの中には第二新卒・フリーター・ニートに特化したサイトがいくつかあるのですが、これは対象年齢が高卒から30歳未満(29歳以下)となっている場合が多いです。

それゆえ20代の第二新卒・フリーター・ニートが就職するか迷っているなら「就職するなら今でしょ」といえるわけです。これは林先生ではなくても、ほとんどの社会人が同じ意見のはずです。

もしそのモデルの若者が20代のうちに就職しなかったら「なんで20代のときのオレは就職しなかったんだ」と激しく後悔すると思います。

職種も会社も選べる余地がある

でも、そのモデルの若者が「今からだとブラックしか入れない」と心配する気持ちもわからなくもありません。

そこで私としては、求職中の若者は嫌な業種・職種と入ってもよい業種・職種を自分なりに選別し、嫌な系統でなければ試してみるという形で就職活動することをおすすめします。

たとえば、記事の若者は外食や清掃についてはそれなりの経験があるので、もし外食業界が嫌なのであれば外食以外に絞った形で就職するのです。もちろん、外食業界がよければそのまま外食業界の中から探すわけです。

あるいは、たとえば今までのアルバイト経験からいってコミュニケーションが苦手なのであれば、営業や介護は避けて工場や建設など黙々と作業する職場を選ぶといった具合です(黙々と作業する現場だとしても第一印象は大切に)。

こういうときに今までのアルバイト経験はプラスに作用するわけです。

したがって、業種や職種の選択に迷う人は短期のアルバイトをいくつも試すというのも一つの手です。

それにインターネットがない時代は実際に入社してみないと職場の情報がよくわからない企業が多かったものです。

しかし、今は入社しなくても職場の情報がいろいろ明らかになっている時代ですし、昔に比べると転職もしやすい時代になりました。

転職や20代の就職をサポートする業者も良心的なところが増えました。

この機会を逃す手はありません。

タイトルとURLをコピーしました