20代から30代におすすめの転職エージェント3選【早い行動が吉】

新卒にも中途にも共通した面接で落ちるパターンはこれだ

面接での調査 転職・起業
スポンサーリンク

明らかな失敗パターンは避けよう

新卒のころからたびたび思っていましたが面接って難しいですよね。

たった30分ほどで自分を理解してもらい、他の候補者と比べられながら相手からOKをもらうわけですから。

しかし、新卒でも中途でも面接で落ちる際はある程度共通するパターンがあります。

中には例外的なことが原因で落ちる人もいるでしょうが、例外的なことは気にしない方がいいと思います。多くの不合格の要因は基本的なことにあるからです。

そこでまずは基本的なことにのみ絞って落ちる面接のパターンについて見ていきましょう。

面接に受かりたければ逆に落ちるパターンを反面教師にすればよいのです。

第一印象でマイナス

まずは第一印象のマイナスです。

第一印象とは、面接会場にたどり着き、面接官がいる部屋に入室して、「(挨拶・感謝)〇〇と申します。よろしくお願いいたします」「ご着席ください」までで決まる要素と考えてください。

要するに、基本的なマナー、明るい表情、姿勢、清潔な身だしなみなど一瞬で判断されやすい要素です。

面接は何を言ったかだけでなく、どんな雰囲気で話すか、声の抑揚、返答のタイミングというような印象値も重要です。

ここでやらかすと、以降の面接時間がスポーツでいう消化試合のような気の抜けたものになってしまいます。これは新卒だけでなく中途採用にもいえることです。

面接の最後に逆質問がなかった、あるいは事務的な対応で面接がすぐに終わったなど不合格の面接が短いといわれるのは、ここに原因がある場合が多いのではないでしょうか。

第一印象なんて薄っぺらで人間の本質ではないと考える方もいるでしょうが、そんな薄っぺらさすら対策できないようでは厳しいともいえます。

コミュニケーションの基本

さて、次に面接が始まってからです。

そもそも面接は英語では「interview(=たがいに見る)」というようにコミュニケーションの一種であり、たがいの理解を深める場です。

よって、会話のキャッチボールが上手くできないと落とされます。

圧迫面接みたいな一方的なパターンもあるけど、まずは相互理解が基本だ。

具体的には自己PRをいうべき場面ではないのに強引に自己PRを混ぜたとか(聞かれたことに応えていない)、要領を得ない話が一方的に続いたとかは厳しいものがあります。

普段(前職)の会社で自分が上役だと、部下はそれが要領を得ないつまらない話だとしても聞き続けてくれますが、面接はそういう関係にもとづく場ではないのです。

なお集団面接では、他の人が回答をしている最中も態度を見られていたりしますから気を抜かないようにしましょう。

志望先の会社の基本的なことを知らなかった

また面接にのぞむにあたっては志望企業の採用ページ(求める人材像)、商品・サービスの内容、会社の理念などを事前に調べるべきです。

そこでわかったことは面接で示して、自分と志望先の相性のよさや自分の理解度をアピールしましょう。

鉄道業や小売業など現業部門が身近にある場合は実際に訪れておいた方がよいでしょう。

この方が職場の雰囲気も感じ取れます。

他の志望先に一貫性や説得力が見えなかった

面接を受けていると高確率で「他にどんな企業や業種を受けているの?」「なぜ同業他社ではなく当社なの?」「弊社が第一志望?」と聞かれます。

ここでは転職理由や志望動機と絡めて志望先に対する熱意と矛盾のなさ(一貫性)を示すことが重要です。

たとえば「鉄道会社の現業職と食品会社の事務職を受けている」というと、面接官には不況に強い業種ならどこでもいいのかなと見なされる可能性があります。これでは熱意に欠けます。

それよりも、たとえば食品が好きで食品会社の面接を受けているなら「他に飲料会社や食品小売業を受けています」というと食品に対する熱意が見えます。

あるいは「広報力に自信がありますので、異業種ではありますが広報に力を入れている〇〇会社や〇〇会社を受けています」といってもよいかもしれません。

また、たとえば銀行の法人営業マンがまったくの異業種に転職する場合でも「私の法人営業の経験は〇〇という理由で別の業界でも大いに役立ちます」と説得できれば、合格の確率は高まるでしょう。

自分の強みを矛盾なくアピールできれば異業種でも射程圏に入るというわけです。

面接を受けている人が他の会社も受けていることは面接官も十分承知しているはずなので、そこでは熱意に矛盾を見せるべきではないのです。

ちなみに、私は昔まさにそのパターンで失敗したことがあります。

そんなに大した矛盾ではなかったと思いますが、倍率の高い企業だとちょっとしたミスでも結果に差がつくのでしょう。

組織の方針に合わせられなかった

一般に面接官はその組織の方針に沿って面接をするものです。これは一次面接の人事部にしても最終面接の役員にしても基本は同じでしょう。

そうなると、もしあなたが個人としては有能だったとしても、組織に合わないと見なされると採用を見送られる場合があります。

たとえば、事務職の採用面接において「最初はほとんどの内定者が現業につくけど、その後は個人の適性や希望によってさまざまなキャリアを歩める」と説明されたとします。

ここであなたが現業職のあとにマーケティング職に就くことを希望しており、その旨を伝えたにもかかわらず、面接官が面接内容からいってあなたを将来的には営業職にまわしたいと考えていたらどうでしょうか。

あなたが「組織の一員として働く以上、希望以外の職種に配属されたとしても前向きに職務をこなせます」と伝えられれば大丈夫でしょうが、組織の都合にうまく合わせられないと見なされると採用を見送られるでしょう。

組織には組織の都合があり、それは時と場合によって変わるので組織の都合をうまく汲み取って動ける人間でないと組織の一員にならせてもらえないのです。

また自己PRや自分の強みを話す場面においても、その企業の方針や欲している人材像に合わせた形でPRしないと効果が薄くなります。

したがって、面接前には組織の方針を確認し、面接中は面接官が欲している方向性を見極めながら話すべきです。

業界でも名の通った実力者が同業種に転職するなら「ワガママ」が通用するかもしれませんが、多くの人は組織の都合にある程度合わせる形で答えた方がよいと思います。

ただし、組織に合わせることは重要だといっても「何でもやります」だとあまりに漠然としており中途採用としては不適格かもしれません。「私の強みや希望は〇〇です」ということを話しつつも「組織の都合にも対処できます」と述べる方がよいでしょう。
疑問や懸念を解消できなかった

人間はだれしも欠点をもっています。ですので失敗もします。これはどうしようもありません。

失敗しない人は何にもしていない人といえるかもしれませんから失敗自体は恥じる必要はありません。

しかし、失敗を小規模でおさえたり繰り返さないためにも、そこからどう対処したかを面接官は聞いてくることが多いです。

また面接官としても「うちの会社の〇〇部門は結構キツイけど、この人はやっていけるのかな」という疑問・懸念をもっています。

これを解消したり、多少つまずいたとしても粘り強く対処できることを伝えられればよいのですが、できないと結果は厳しいものになるでしょう。

エピソードをうまく使えなかった

たとえば、コミュニケーション能力に自信のある人が「私はコミュニケーションに自信があります」といっても説得力がありません。

面接官とは初対面か2度目くらいの関係でしょうから、具体的なエピソードをもとにしながらコミュニケーション力があるということをアピールしないと説得力に欠けます。

ネガティブな要素はポジティブに見せた方がいい

転職の理由は、たとえば「現職は給料が安いから転職したい」と話すよりも「結婚や住宅購入が控えているから収入を上げたい」という方が前向きな感じがして好印象です。

あるいは「現職がいやだから、なんとなく環境を変えたい」と話すよりも「現職でも活躍しているけど、それを捨ててまでも魅力ある御社に入社したい」という方が好印象です。

実際、ポジティブな動機で転職した人の方が入社してからも上手くいく(満足する)確率は高いようです。

前職の職場の人間が酷い人だったとしても「紛れもない事実だから」という理由で転職面接でそれをいうのもよくありません。

ネガティブな発言をする人は協調性がないと見なされやすいからです。

また面接は基本的に受動的・消極的であるよりも主体性・積極性を見せる方がいいです。

仕事は他人から教えられるだけでなく自分から進んで経験して覚える必要もあるからです。

そのうえ技術や社会は変わりますから、それに応じて何歳のときでもどん欲に学ぶ姿勢は必要でしょう。

現代の医学では、脳は主語を理解できないため自分が発した言葉は自分に返ってくるという説があります。

つまり、「あの人はバカ」という悪口ばかりを言っていると、主語が取り払われて「バカ」ばかりが脳に入って自分に「バカ」と言っていると脳は判断してしまうということです。

説にすぎないので本当かどうかはわかりませんが、いずれにしても普段から前向きな方がいいことがあるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました