当サイト「社会の杜」のおすすめ記事のまとめ

新卒学生の内定率を高める武器的なサービス2選

新卒入社 転就活

新卒向けの就活サービスを厳選

新卒カードは基本的に人生で1度きり、そして日本では新卒時にどこに就職するかがその後の人生を大きく左右します。

とくに現代の新卒就活は情報戦と面接対策戦の様相を呈していますから、早めに(大学3年生から)対策しましょう。

今回はこの貴重な新卒カードを有効に使うためのサービスを2つ紹介します。

  • OfferBox(登録していると、企業から新卒予定の学生にオファーがかかります)
  • キャリアチケット(人事目線での面接対策、ES対策。日程調整や人事との連絡のサポート。特別推薦枠もあり。)

どちらも無料ですので気軽に登録・利用すべきです。

新卒でのよき就職は、よい収入や人間関係にもつながるところ。

ホワイト企業の方が人間関係はよいからね。

よい収入と人間関係があれば、精神面でも体力面でも健康を維持できます。

新卒の方々は就活を頑張って栄えある未来へのきっぷを手に入れましょう。

OfferBox

新卒学生を雇います

まずOfferBoxは、企業から新卒予定のあなたに直接声をかける仕組みです。

プロフィールの内容をきちんと埋めれば、かなり高い率でオファーを受け取ることができます。

プロフィールは動画や画像、スライドなども使うことができます。

このとき企業は一斉配信はできず、また送れるオファー数に制限がある仕組みになっています。

つまり、企業はむやみやたらにオファーを出さず、一人一人のプロフィールや自己PRを見たうえでオファーを出しています。

また、25項目からなる適性診断サービスもあり、それは自己PRや社会に出たときに役立つ仕組みになっています。

もらったオファーやあなたのプロフィールを見た企業はどんな業種に多いのかは、グラフでチェックすることができます。

もちろん、スマホからの操作にも対応しています。

あなたが企業からのオファーに興味をもったら選考が本格的にスタートします。

そこから特別日程として少人数の説明会に参加できたり、1次選考が免除にされたりする場合もあります。

企業にとっては自社サイトからの応募だけだと志望者が偏りがちですが、OfferBoxを利用すると多様な学生に出会えるそうです。

また学生にとってはエントリーが有名企業にばかり偏るなんてことがありますが、OfferBoxを利用すると思わぬ優良企業を発見できたりもします。

あなたの専攻や希望業種とは関連のない業種からもオファーがきますので有意義だと思います。

新卒就活生の4人に1人が無料登録、大手からベンチャー企業まであなたにオファーが届くスカウト型就活サイト【OfferBox】

キャリアチケット

相談

次は新卒予定の学生向けのサポートプログラムであるキャリアチケットです。

こちらは経験豊富なアドバイザーが人事目線で、ESや面接、企業の選び方に関するノウハウを教えてくれるなど内定率がアップする個別プログラム。

もちろん、面接対策後には担当者からフィードバックもありますので、あなた個人の課題を把握して本番に活かすことができます。

新卒就活生の多くはそれまで社会人と話した経験が少ないはず。でも、キャリアチケットの担当者は人事目線を意識した社会人だから、ちょっとした面談でも役立つことは多い。ネットで情報収集だけに勤しむだけでなく、こういう実地経験もつけた方がいい。

基本的にネットの就活情報は多くの人にあてはまる一般的な情報が多いのですが、就活ではあなただけに特化した個別アドバイスもかなり有効です。

これによって自分や、自分の身の回りの人では気づきにくい強みがわかります。

もちろん、就活やキャリア関連の相談にものってくれます。

よく就活の面接の最後には逆質問の時間がありますが、かなり尋ねにくい質問はだれしも抱えているはず。キャリアチケットではそういった聞きづらい情報も人事目線での回答がもらえます。

日程調整や人事との連絡もサポートしてくれますから、就活プログラムというよりも就活エージェントに近いといえます。

そこでは優良企業との人事とのつながりもあるため、場合によっては特別推薦枠がもらえます。とくに関東での就職には強く、早めの内定も期待できます。

筆者が思うに就活は、自分では自分を有能と思い込んでいても企業担当者とうまくコミュニケーションをとれないと、よい結果を得られません。

ですから、企業の人事目線でアドバイスしてくれるサービスはかなり貴重だと思います。

面談の場所は渋谷、秋葉原、池袋、大阪、横浜が基本ですが、福岡や仙台といった地方都市で開催してくれる場合もあります。

キャリアチケットはご利用は無料ですので、不安のある新卒予定の学生は早めに登録・利用してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました