転職の進め方を丁寧に【20代後半・アラサー編】

転職活動の進め方を丁寧に【20代後半へ】

いろいろな会社の人 転職

あなたは転職について「どのように進めたらいいんだろう?」「転職すべきか?」と悩んでいませんか?

あるいは、いざ転職をしようと求人情報を眺めているとどれを選んだらよいのかわからず、そのうちだんだん面倒になって結局「今の職場のままでいいや」とつい投げ出してしまいますよね。

しかし、この記事をご覧いただくと、とくに20代後半~アラサーにとっての転職の道筋が明らかになり転職の成功率が高まります。

なぜなら、私もかつてそれに悩んだ末に内定をとった経験があるからです。

具体的には以下のような流れで見ていきます。それではまいりましょう。

  • サラリーマンにとって転職は有効な武器
  • とくにアラサーに転職をすすめる理由
  • 迷う人も行動してみよう
  • 転職のメリットとデメリット
  • 転職活動の流れ
  • 面接対策でとくに重要なのは第一印象のよさと懸念点の解消
  • エピソードをストーリー式に使おう
  • オススメの転職エージェント
おすすめの転職エージェント4選(登録と利用は無料)

⇒国内最大手で選考データと実績と非公開求人がとても豊富。総合的には国内No1クラスの実績。


  • doda【求人数が多く幅広い層をカバー。高い満足度を誇るエージェントの定番。】

⇒人材会社としては国内大手できめ細かい対応に定評あり。地方への転職にも強い。


⇒IT/Webだけで4000以上もの求人数。エージェントは最新の技術に詳しく、年収アップの実績多数。各企業の方針や採用ポイントにも詳しい。


  • JAIC【34歳までのフリーターやニート、そして第二新卒に特化。】

⇒経歴に自信がない若者でも安心して使えるエージェント。対象年齢は18歳~34歳。求人は一定条件をクリアーしたところしか紹介しません。

「転職エージェントって何?」と思った方は下の記事をご覧ください。

20代後半~アラサーにとっての転職活動の進め方

さて、そもそも人間にとって最高の職場とはどんなところでしょうか。

普通に考えたら、収入が多くて、人間関係が良好で、終業時間は定時であがれて、ストレスも少ない職場でしょう。

もっとも、その中の収入一つをとってみても、たとえ今は優良企業だとしても今後も安定するとは限らないという現実があります。それは一昔前のシャープを見ても明らか。

しかし、会社の社長はそう簡単に会社を放り出せないとしても、従業員は転職すれば難局をしのぐことができます。これはサラリーマンにとって大きなメリットです。

20代後半~アラサーに転職をすすめる理由

海外企業の高層オフィスビル

まず現職に大きな不満をもっている人は転職すべきです。

大きな不満をもちながら現職にとどまってもよい成果は出せませんし、会社に対する大きな不満は所属する会社を変えないと解消されにくいからです。

それに日本社会では「第二新卒ではちょっと転職に早いし、35歳くらいからは転職が少しずつ厳しくなる」というのが定説です。ということは、その間の世代であるアラサーが転職にとってベストともいえるわけです。

1990年代の不景気の時期は新卒も中途も厳しい状況でしたが、現在は労働力として外国人を多く受け入れようとしているくらい人材は不足していますので30代の転職も心配ありません。

新卒学生は不景気のときでも好景気のときでも就活を行うもの。それをズラすとすれば、大学院への進学か就職留年くらいしかない。だから、新卒採用は運にも左右されやすい。

一方、転職者は転職する時期をある程度選ぶことができる。そのため転職は、自分の市場価値が高いとき、あるいは景気がよいときを見計らって転職することが基本線にある。

迷う人も行動してみよう

ここで転職について「現職に大きな不満はないものの、どうすればいいのか迷っている」という方もいると思います。

そういう方はケースバイケースですが、とりあえず転職活動をやってみていろんな人の話を聞いてみてはいかがでしょうか。

なぜなら、自社のよさと悪さは外に出て実際に他の会社といろいろ比べないとわかりにくいからです。

もし、転職活動をやってみて現職の方がよさそうなら、そのまま転職しないのもいいでしょう。

しかし、転職活動をやってみて他の会社の方がよさそうなら、転職してみてもいいでしょう。

そうやって転職活動をしていると、予想外に自分が評価されないこともあれば評価されることもあります。

こういった外部の評価を聞くことは現職に迷いをもっている人にとってプラスになるはずです。

そうやって自社に対する迷いを解消しないと仕事に集中できません。

ですから、迷っている人は試してみることをオススメします。

自分の中で、たとえば年収は○○万円以上で人事部の求人でなければ応募しない、というような判断軸をもっていた方がいいよ。

転職動機の王道は「現職でも頑張っているし会社から評価されているけれど、それだけでは満足できないので環境を変えたい(=転職したい)」というパターン。

現職がイヤで逃げたとネガティブに見られるのではなく、志望先にポジティブな思いを抱えていると見られた方が成功しやすいですよ。

転職のメリットとデメリット

転職のメリット

  • 収入がアップする
  • 人間関係を一新できる
  • 気持ちをリセットできる
  • 今までとは異なったスキルを身につけることができる

ここで「転職したとしても収入がアップするかわからないじゃないか」という聞こえてきそうです。

しかし、待遇は転職エージェントに聞けば、ある程度わかります。

そこで転職において収入アップを重視する方は、志望先が現職未満と判断すれば転職するのをやめればいいだけです。

転職の最大のデメリットはせっかく転職したのに現職未満の職場になってしまうこと。キャリアアップする転職よりもキャリアダウンする転職の方が楽だしね。

人間関係という曖昧な要素は事前調査ではわかりにくいけど、収入みたいな具体的な条件は事前にある程度わかるよね。

転職活動の流れ

次に転職の流れを大まかに見ていきましょう。これは年代や性別を問わず以下のようになります。

  1. 転職エージェントor転職サイトに登録(※注意)
  2. 求人の吟味
  3. 自己分析
  4. 転職市場の情報収集
  5. 履歴書と職務経歴書の作成
  6. 志望先にエントリー
  7. 面接対策
  8. 面接
  9. 内定獲得
  10. 退職手続き
  11. 引継ぎ期間
  12. 退職
  13. 転職先に入社

上の2~5は準備段階のようなもの。そこでは、

  • 自己分析(自分の適性や将来の希望を知る)
  • 相手を知る(転職市場を知って志望先が何をもとめているかを知る)
  • 自分の志望先に合った形で対策を練る

という計画性をもった方が成功率は高まります。

新卒学生や20代前半の転職者はまだ社会人としての経験がまだない分、選考で夢見がちなことを多めに語っても許される節があります。

もちろん、それ以上の年代の転職者が夢を語るのもいけなくはありませんが、20代前半のころよりは現実感をやや高めにすべきです。

具体的には、自分の短所と長所、課題、目的などをできる限り客観的に導き出すのです。

自分を客観視できる人は面接官からの評価も高めです。自分を客観視できれば、課題に直面したときでも自分で主体的に行動できると判断されるからです。

無鉄砲に応募しまくる⇒落ちまくる⇒志望度が低い会社から内定が出る⇒志望度が低いから仕事がイヤになる、という悪循環に陥らないようにするためにも転職活動には計画性が必要。

※転職エージェントと転職サイトの違い

転職サイトでは、求人を探すのも書類をつくるのも面接対策を行うのもすべて自力で行います。

また転職サイトに登録する際は職務経歴書や自己PRもつけることが基本です。そのため転職エージェントを使わない場合、最初に自己分析と転職市場の調査を行って、それをもとに職務経歴書や自己PRをつくる必要があります。

これに対して転職エージェントは専任のキャリアアドバイザーがついて書類づくりや面接対策を手伝ってくれます。場合によっては非公開求人も紹介されます。

非公開求人は条件がよい場合が多く募集枠も少ないです。それを公開すると基準に満たない人からの応募が殺到してしまうため、非公開にしているのです。

昨今ではニート・フリーターに特化した転職エージェントもあるように、エリートばかりを相手にしているわけではありません。

転職エージェントはこのページで紹介しているところなら無料で登録・利用できるのでかなりオススメ。

最初に転職サイトに登録してそこでよさげな求人を見つけて、そのあとに転職エージェントを使って応募するというパターンもあり。同じ求人なのに転職サイトからの応募では書類選考で落とされるとしても、転職エージェント経由だと通過する場合もあるよ。
確かにそういう場合はあるね。転職活動では少しでも確率を上げた方がいい。

選考を乗り越えよう

ペンと選考書類

上の箇条書き(転職活動の流れ)の中で重要なのはやはり職務経歴書の作成と面接対策。

サイトへの登録や退職は転職者の意思次第で自由にできますが、選考はあちらの判断に委ねられるからです。

前職での経験は志望先から評価される部分と大して評価されない部分とに分かれるのが普通。面接前は自分の経験を客観的に棚卸して、実際の面接では役立つ経験をPRしよう。
それは前職の会社で頑張ったか否かというより、志望先で必要とされる能力をアピールせよってことだね。
そのとおり。会社は問題や悩みをもっており、中途採用ではそれを解決してくれる人材をもとめている。

ただし、事前の情報収集もそれなりに重要。

そこが的外れだと選考で予想外に苦戦したり、入社後に「もっと調べておけばよかった」となってしまうからです。

転職活動は在職中に行うのが基本で、短い人で1ヶ月、長い人で数か月かかります。

会社を辞めてから転職活動を行うのはおすすめしない。辞めてから転職活動を行うと「どこでもいいから入社しないとヤバイ」と焦ってしまい、条件を妥協してしまうから。
そのとおりだね。自分に自信があるとしても在職中のまま転職活動した方がいいよ。

面接対策でとくに重要なのは第一印象のよさと懸念点の解消

次に面接対策で重要なのは第一印象と懸念点の解消。

第一印象とは、基本的なマナー、明るい表情と声、姿勢、清潔な身だしなみなど短い時間のうちに判断されやすい要素です。

面接では何を言ったかだけでなく、どんな雰囲気で話すかというような印象値もかなり重要です。

面接時の会話の基本はキャッチボール形式。自分に自信があるからといって、一方的に長々と話し続けるのはよろしくない。

普段(前職)の会社で自分が上役だと部下は要領を得ない話でも聞き続けてくれるけど、面接官とはそういう関係じゃないからね。

また、懸念点とは「(面接官から見て今回の志望者は)今までに2回転職しているから、うちの会社も早く辞めてしまわないかな」「うちの営業職はキツイけど大丈夫かな」といった心配事を意味します。

こういった懸念点は事前の自己分析と企業分析でわかる場合もありますが、当日の面接途中でわかる場合もあります。

ぜひとも解消できる方向で対策しましょう。

面接と聞くと、何か強制的に呼び出されて事細かに尋問されるイメージをもっている人がいるけど、自分という商品を売り込む活動ととらえるとなんだか気が楽になるよ。
面接はそんな商品(あなた)説明の場とマッチングの場みたいなもの。面接の日時や場所なんかも営業のアポイントメントに近い。少し気楽に考えた方がうまく行きやすい。

この捉え方においては、職務経歴書や履歴書は商品の企画書やカタログみたいなもの。そして面接は売り込むための提案(プレゼン)みたいなものです。

ただし、面接はプレゼンとはいっても、自分ばかりが一方的に話さないようにしましょう。

エピソードをストーリー式に使おう

それから面接ではストーリーをもっておくと効果的(職務経歴書でも有効)。

ストーリーとは、現職に入った理由とそこを辞めて志望先に入りたい理由と志望先で実現したいことを今までのエピソードやスキルを通じて筋の通った形で話すことです。

たとえば「私は〇年から〇年はA社で個人営業を務めました」「〇年から〇年はB社で法人営業を務めました」と単発的に語るのではなく、なるべくストーリーとしてつなげて語れるようにしましょう。

この場合、A社からB社へと転職した経緯は何なのか、法人営業から個人営業に移ったのはどういうことなのか、そこで何が身につき今回の転職に至ったか深堀りするのです。

筋の通ったストーリーを自分の中にもっていると、模範解答を暗記しただけでは対応できない面接官からの揺さぶりにもうまく対応できます。

オススメの転職エージェント3選

最後にオススメの転職エージェントを3つ紹介します。かつて私も助けられた経験があります。

「仕事をやめたい」「別の環境でやり直したい」「ステップアップしたい」と感じたら転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは無料ですぐに登録・利用できますので試してみてください。

実に多くの人が利用して転職に成功しています。

「転職エージェントって何?」と思った方は下の記事をご覧ください。
おすすめの転職エージェント4選(登録と利用は無料)

リクルートエージェント
【求人も求職者も幅広い層をカバー。定番の安心感。】

⇒国内最大手で選考データと実績と非公開求人がとても豊富。総合的には国内No1クラスの実績。


doda

【求人数が多く幅広い層をカバー。高い満足度を誇る。】

⇒国内大手できめ細かい対応に定評あり。地方への転職にも強い。


レバテックキャリア
【IT/Webのエンジニアやクリエイターに特化】
⇒IT/Webだけで4000以上もの求人数。エージェントは最新の技術に詳しく、年収アップの実績多数。各企業の方針や採用ポイントにも詳しい。


JAIC
【34歳までのフリーターやニート、そして第二新卒に特化。】

⇒経歴に自信がない若者でも安心して使えるエージェント。対象年齢は18歳~34歳。求人は一定条件をクリアーしたところしか紹介しません。

タイトルとURLをコピーしました