当サイト「社会の杜」のおすすめ記事のまとめ

面接での第一印象の重要性は新卒も中途採用も変わらない

握手 転就活
スポンサーリンク

中途採用でも第一印象が大事

新卒でも中途でも面接では第一印象が重要です。

これは実に多くの人事担当者が口をそろえていっていますし、ネットで検索しても賛同する意見は多いです。

私が今まで接した人たちについても第一印象がよかった人は、その後のパフォーマンスも平均的にはよかったと記憶しています。

一般に中途ではそういうポテンシャル的な要素よりも経歴・実績や年齢が重要ともいわれますが、それは書類選考の段階で選別されるものです。

そのため、中途採用でも面接に呼ばれたら基本的には第一印象が重要だといえます。

履歴書に書くべき職歴はそう簡単に積み上がりませんが、第一印象への対策は短期間でも簡単にできます。

それゆえ転職者は第一印象の対策はきちんとすべきです。

短い面接時間

さて私の今まで経験した面接において、その時間は非正規系で20分、新卒では20分~30分、そして中途採用では30分~40分くらいです。

おそらくこの傾向は日本企業ならどれも似たようなものでしょう。公務員試験の面接もそのくらいの時間でした。

これらを短いと思うか長いと思うかは人それぞれですが、私は短いと思います。

正直なところアルバイトの面接は受かっても落ちても人生に大きな影響を及ぼさないものですが、社員や公務員になるための面接の合否は一人の人生にとって非常に大きなものだからです。

それにアルバイト面接には準備も大して必要ではありませんが、社員になるための面接ではそれなりの準備が必要ですし、受けることができる数も限られています。

それを20分から40分程度で判断されるのですから、面接時間は短いと思うわけです。

現実には第一印象で判断されやすい

それにもかかわらず現実には第一印象が合否判定にとって大きな比重を占める傾向にあります。

というか、もし面接時間が60分という長さだったとしても30分のときと成果は大して変わらないでしょう。それなら企業から見たら短めでもいいわけです。

第一印象に自信のない応募者としては、もっと内面や人格の本質的なところを見てと思うでしょうが、残念ながら第一印象の比重が大きいことはある程度間違いありません。

面接で第一印象の良い人は、普段の仕事でも同僚にも外部にも好印象を与えやすいですし、精神面でも肉体面でも健康という見方が定着しているからです。

ただし、イケメンや美人でも第一印象はよくない人はいるように、それは雰囲気や表情から醸し出される部分もありますし、努力で改善できる部分もかなりあります。

この第一印象重視の風潮を変えたい人もいるでしょうが、変えるのはかなり難しいでしょう。

そのため現実的には自分の第一印象を上げることに努力の時間を費やす方が得策ですし、この方が入社後も役立つはずです。

面接ではじっくりと話せばわかってもらえると考えるのではなく、第一印象、最初の数分が大事と心掛けるべき。
たまに4回~6回も面接してかなり慎重に採用を決める企業もあるけど、そういう企業は例外だね。外資系のコンサルティング会社ではそのくらいはザラらしい。

バックオフィス系では第一印象の比重は下がるといわれるが

ここで気になるのは、中途採用では営業職や広報といった外部と積極的に携わる職種では第一印象が重視されるとしても、他の職種(バックオフィス系)ではどうなのだろうかという点です。

結論からいうと営業職や広報などよりは比重が下がる場合が多いといわれています。

バックオフィスの担当者は外部と直接相対することはあまりなく、速やかに粘り強く業務を進めていく必要がありますから、第一印象の比重が下がるのは当然といえば当然でしょう

具体的にどの程度下がるかは企業や面接官によって異なるでしょうが、それでもバックオフィス系を志望している方としても第一印象が良いに越したことはありません。

この第一印象は第三者に見てもらってこそ改善しやすいものなので苦手な人は転職エージェントに見てもらうべき。
タイトルとURLをコピーしました