転職に迷う20代から30代は幸せの要素を分解して検討しよう

転職は経験者が有利だが絶対的というほど有利ではない

経験 転就活
スポンサーリンク

転職は経験者が有利

転職はその業界の経験者が有利です。

未経験者を採用して一から訓練するのと、経験者に即戦力として職務に入ってもらうのとでは費用の面で違うからです。

よく求人には「未経験者歓迎」と書いてある場合がある。これは未経験者を優先的に採用するというより未経験者の応募も歓迎するという意味。経験者と未経験者がこの求人の枠を争う場合、経験者の方が有利。

また日本社会では、年下の者が年上に物事を教えるというのは抵抗があると考えられています。

要するに、年上の人が応募する職種においては経験があり、教育を大して経ずともすぐにでも職務に入れることが望ましいのです。

そのため、転職では未経験者は経験者よりも不利になりがちです。

しかし、経験者が有利とはいっても絶対的ではありません。それを解説いたします。

第二新卒クラスの若い人が経験や実績をアピールするのは難しい。この場合、意欲や柔軟性をアピールした方がいいだろう。

企業が中途採用にもとめるのは役立つ経験

まず、あなたが名門の企業や官庁で正規雇用者としての経験があるとします。

しかし、そこでの経験は本当に応募先の企業で即戦力というほどに役立つのでしょうか。

名門の企業や官庁に入った実績やそこでの経験は素晴らしいですが、それが応募先の企業で即戦力として役立つかどうかはまた別です。

前職が名門か否か、すごい経験か否かではなく、経験が応募先で役立つか否かを軸にして戦略を考えるべきです。

新卒は口八丁で受かることがある。でも、中途採用は自分が応募先のニーズに合致しているかがとても重要。
名門企業に入ったことは確かにすごいけど、そのすごさは個人ではなく組織の力によるもの。転職では個人として何ができるかが重要。
未経験でも仕事に関して胆力がある人は選考でも強さを発揮しやすい。胆力とは物怖じしない精神力のこと。

立派な経歴が慢心になる

それから前職が立派な経歴だと、つい慢心をもって態度が過剰に大きくなったり、入社後も伸びようとする意欲に欠けてしまう場合があります。

そうなると面接官からは「ウチになじめるのかな」「態度が大きくて扱いづらそう」と見なされて落とされてしまいます。

中途採用の面接では面接官の方が下の場合もある。このとき自分よりも若い面接官に対して態度が横柄なのはよくない。

前職に自信をもつのがすべて悪いわけではありませんが、面接では謙虚な点や、転職先の社風に合わせるだけの柔軟性も見せるべきです。

具体的には「これまでの経験を存分に活かしたいと思いますが、慢心せず当面は初心に戻って御社の方針を身につけ、御社に貢献いたします」という風に述べるのがよいでしょう。

経歴がスゴイ人はそれだけ期待のハードルも高くなる。
過去の実績は確かに重要だけど、そこばかり強調して今回の志望動機や志望先で何を実現したいのかをきちんと語れないと厳しいことになる。

同じ職種だとしてもやり方が異なる場合がある

さらに中途採用では同じ職種への転職だとしても会社によってかなり異なる面があります。

たとえば前職が法人営業で、中途採用の応募先も法人営業だとしても職務の細かい内容は違うかもしれません。

ちょっと極端ですが、高給で有名なキーエンスは法人営業がすごく合理的で有名です。

そこではとにかく無駄を省いて、買ってくれる見込みが高い顧客(購買の決定権がある人)にアプローチします。

また、営業職はキーエンスの標準化方針に沿って上からの管理や教育が厳しくなされるそうです。

このように同じ営業職でも中身は特殊という場合がありますから、転職先で役立てるか否か、なじめるか否かを軸に戦略を考えるべきでしょう。

キーエンス「一生食える」営業力の秘訣

参考:日経電子版 2019年5月31日

今の時代、環境や知識は激しく変化している。だから、現時点の知識より、入社後も積極的に学び続ける意欲が欲しいところ。

仕事内容のズレがもとめる人材像のズレにつながる

あるいは同じ販売職でも高級店と安売り量販店とでは仕事内容にズレがあります。

高級店は高級品を売り込むべく接客を重視しますが、安売り店は効率性重視の傾向があるからです。

もちろん、方針がそれだけ異なると、もとめる人物像も異なります。

同じ販売職から販売職への転職だと見なして甘く見ていると、よい結果は出ないかもしれません。

逆に異業種・異職種からの転職でも、意欲やもとめる人物像が合致すれば未経験でも採用されることもあるでしょう。

未経験の求人に応募する際は、今、自分がもっているスキルと経験と意欲が未経験分野でも存分に役立つとアピールするしかない。すでにその未経験分野について勉強を始めているくらいでないと厳しい。
未経験分野への応募や面接の際は前職での経験を否定するのではなく活かせるという方向で伝えるのが定跡。

ハードルが低い中途採用では経験はあまり重視されない

しかしながら、ハードルが低い中途採用では未経験でもそんなに問題がなかったりします。

ハードルが低い中途採用とは、不人気の企業や業種において大量の欠員が生じ、企業としてはとにかく早く補充したいときです。

こういう場合は未経験者であっても未経験としての不利度は下がります。

逆に人気の企業や業種では急迫感がないと中途採用のハードルは高くなります。

急迫感がないとは、差し迫った欠員はとくにいないだとか、新規事業に挑む計画もないので新卒以外に新たな人材は必要ない、といったことです。

こういう中途採用はかなり優秀な人物と経験をもとめます。

また会社の待遇も悪くないため離職率が低く、志望者は多いです。

しかしながら、会社側としては急迫感がないので、かなり優秀な人物がいなければ内定者はゼロなんてこともザラです。

難関系の中途採用はぜひとも転職エージェントの力を借りて、エージェント経由で応募してみてはいかがでしょうか。

好待遇の求人は非公開の場合も多いので、転職エージェントに頼るのは合理的な選択肢。
タイトルとURLをコピーしました