当サイト「社会の杜」のおすすめ記事のまとめ

未経験歓迎のエンジニア職の案内から考えた仕事の好循環

気合の入ったプログラマー 転就活
スポンサーリンク

文系出身者がプログラミング

私は学際系学部出身で学生時代はプログラミングをかじりましたし、こうしてウェブサイトも運営しています。

学際系とはさまざまな学問を複合的に学ぶ系統のこと。

ただし、プログラミングについてはあくまで「かじった」程度のものなので、業務で使えるレベルはありません。

しかし、転職サイトでは登録している経歴や特技欄ではまったくといってよいほどアピールしていないのにたまに来るんですよね。「未経験でも歓迎、一から育てて一人前のシステムエンジニアにします」というような中途オファーが。

その待遇は他の職種の中途オファーと同じくらい、大卒の中途では平均レベルくらいのものです。そのため食指が動きかけたこともあります。

というか最近ではエンジニアの実務経験が物足りなくても結構な待遇を用意している転職求人も見受けられます。

しかし、それでも応募には至らなかったのは学生時代のプログラミング経験からいうと、おそらく自分には適性がないと判断したからです。

学生時代も社会人になってからも経験がないのにシステムエンジニア系の未経験歓迎オファーが来た人は、一度は本屋や図書館などでプログラミングに関する本を読んでみるべきです。

あれに滅入るようならオファーを蹴るというのも有力な選択肢です。

逆に面白そうと思うなら未経験からでも挑戦する価値は十分にあるでしょう。

よいスパイラルを築ける職業に就きたい

さて、もしシステムエンジニアの待遇が他のオファーよりよかったとしても肝心な適性が自分にないと、「その仕事が不得意⇒仕事が嫌い⇒会社も嫌いになる⇒仕事がうまくいかない⇒周囲から不評」という負のスパイラルで仕事が長続きしないと思います。

逆に待遇が少し悪いとしても自分に適性があれば「その仕事が得意⇒仕事が好き⇒会社も好きになる⇒仕事がうまくいく⇒周囲から好評」という正のスパイラルを築けます。社会人がめざすのはこっちでしょう。

こちらのスパイラルに入ったら自分に自信がもてるのはもちろん、異性からもモテるでしょう。賃金アップだってのぞめます。

今、新卒の就活中の自分にもどってアドバイスできるのなら企業の知名度や待遇よりも、そのような正のスパイラルを築ける就職をめざせとアドバイスしたいですね。

プログラミングは必須のスキルか

そもそも現代の転職でどんな職種でも必要とされる最低限のスキルは、ワード、エクセル、パワーポイント、そして数理計算や読解を速くこなすような事務処理能力でしょう。

これに加えて、英語、プログラミング、簿記も含める説もあります。

要するに英語もプログラミングも全世界共通の言語であり、簿記はビジネスマンにとって常識だという話です。

簿記は初歩レベルなら難しくありませんし経理以外の人にも広く役立つでしょう。自社や志望先、投資先の財務データがわかるようになるからです。

英語は企業や職種によって大きく異なるという感じがします。一部の企業は全体的にかなり励行しているようですが、海外と関係のない職種や企業ではあまり必要性は感じません。

実際、ある転職エージェントも英語能力は明らかに抜きんでた能力でない限り採用において有利になることはあまりないといっていました。

ただし、英語はいつ必要に迫られるかわからないので標準レベルはめざしてもよいかもしれません。

未経験でも入社しやすいし高収入も射程圏

この点、プログラミングは高収入を得るとすればかなりのスキルが必要ですが、平均レベルの収入を得たいのなら未経験からの入社でも大丈夫です。

とくに若い世代に対する未経験歓迎の求人は多いように門戸は広いです。

そこではスキルだけでなく「好き」ということも重要です。

私の知り合いには入社時は普通レベルのスキルだったのに「好き」だったためにのめり込んで30代にして年収1000万円に達している人もいるくらいです。

それに、プログラミングは論理的思考力を向上させるので他の職種では直接役に立たないとしても間接的には役立つという指摘もあります。

私はプログラミングは不得手ですが分析や論理思考は割と得意ですので、もしかしたら気づかないうちに役立っているのかもしれません。

このようにプログラミングは広範囲で役立つと主張する意見があるため、小学校から大学までのどこかでプログラミングを必修化しよう動きも起きているようです。

ごく一部では幼児に習わせている親御さんもいます。

私もこの段階でうまくプログラミング教育されたら、かなり違っていたのかもしれません。

ちなみにプロサッカーの本田選手は最近になってプログラミングの猛勉強されているようです。

彼にはこれまでにプログラミングの経験があまりないとしても適性は大いにあったのでしょう。

「得意」を生かす方がよいキャリアが歩めるか

私の大学生時代の友人はプログラミングがかなり得意だったにもかかわらず、それとはまったく関係がないキャリアを積んでいます。

思考力の面で間接的には役立っているのでしょうけど、彼ほどプログラミングの素質がある人間だとこれはこれでもったいない気がします。

今後もプログラミングの需要は上がるといわれていますので、明らかに苦手とする人以外は鍛えたり、スクールや採用面接に挑むとよいと思います。

タイトルとURLをコピーしました