転職に迷う20代から30代は幸せの要素を分解して検討しよう

新卒就活までにとるべき資格はTOEIC、入社までにとるべきは普免

英国の運転免許 転就活
スポンサーリンク

日本企業は新卒学生の資格に期待しない

新卒の就活において学生の資格に期待する日本企業はかなり少ないです。

大学教育の成果に期待する企業も少ないから、どこの大学に入ったかが就活エントリーでの足切り要素になっている。

日本企業は総合職採用といってそこそこの新卒学生を採ったら、入社後の研修と初期の配属先で仕事を教えて配置転換していく仕組みになっているからです。

このとき重視されるのは専門能力や資格ではなく、そこそこの学力と上役のいうことを素直に実行する能力。

ただし、入社試験や入社後の社会人生活を考えるとそれなりに対策しておいた方がよい分野があります。

その代表格がTOEICと普通自動車運転免許です。

TOEICは広い範囲で役立つ

まずTOEICは資格というより、英語のリスニング力とリーディング力を数値化したテストを意味します。

現代では大手企業はもちろん、中小企業でも英語を業務で使うことが増えているため、TOEICのスコアを昇進や待遇アップの条件にしている企業が多いです。

また商社や外資系企業では入社試験で英語が出題されますし、グローバル化にともなって今後は増えることが予想されます。

そのためTOEICについては日々、対策をすすめるべきです。

TOEICのリスニング対策としてオンライン英会話のhanasoを始めてみてはどう?
TOEICのリーディングの難易度は大学受験の知識が活かせる。でも、リスニングはネイティブスピーカーが流ちょうなスピードでしゃべるため、対策が必要。それにオンライン英会話を通じて英語を好きになった方がいい。
なおTOEICのスコアが明らかに高いと、英語に力を入れている企業の中途採用選考が少し有利になる。

普通自動車運転免許は新卒入社までにとろう

また、普通自動車運転免許も新卒入社までにとっておきたい資格です。

新卒就活時に普免をもっていたとしても選考が有利になることはほとんどないでしょうが、社会人になると免許を取りに行く時間があまりありません。

しかしながら、営業職やメンテナンス系の職種では社用車を運転することがもとめられるため、暇な学生時代のうちに取っておいた方がよいというわけです。

なお若くて暇な人が普通自動車運転免許をとる場合、合宿でとることをオススメします。

合宿免許は旅行気分で楽しいですし、合宿免許の安い料金は若い人限定のおトクな価格だからです。

運転免許は警察のお墨付きだけあって身分証明書としてもかなり便利。

資格は余計な存在になる場合がある

余談になりますが、筆者の知り合いには新卒時に大型二種免許をもっていたのに不動産会社に就職した人がいます。

大型二種はお客が乗ったバスを運転するのに必要な免許であり、取得にはそれなりの費用と時間がかかります。

バス会社に運転手として就職すると取得費用を会社が負担してくれたりしますが、その人は学生生活のなかで趣味でとっただけとのことです。

普免はものすごくありふれた免許ですが、大型二種はバスを運転するために必要なかなり専門的な免許です。

そのため、不動産会社の面接において大型二種をもっていることが知られると、「この人の就職の本命はバス会社なんじゃないの」と思われて落とされる可能性があります。

このように志望する業界や職種とあまりにかけ離れた資格をとる場合、履歴書には書かない方がよいでしょう。

免許をもっていないのにもっていると記載したら虚偽になりますが、もっているのに記載しないのは原則としては虚偽にはなりません。

暇な学生時代を活かし、そして社会人へ向けてよい習慣を身につけて社会人生活に備えましょう。

ちょっと細かいことをいうと、金融機関ではファイナンシャルプランナー2級以上、経理関係では簿記2級以上、不動産会社では宅建がちょっとした資格アピールになるよ。あくまで新卒の話ね。
ちなみに転職者の場合、資格取得に加えてそれを使った実務経験がないとPR効果は乏しい。
タイトルとURLをコピーしました