訳アリの食品や日用品を安く買って社会貢献しよう

20代半ばから30代前半で経歴に自信がなくてもよい仕事に就く方法

青い空 転職・起業

日本社会は転職を促す方に向かっている

「学歴に自信がないから転職は難しそう」

「つぶしの利かない職だから他業種への転職は無理そう」

「フリーター・フリーランスの経験があるから正社員の就職は難しそう」

このページにたどり着いた方々は自信がなくて転職に踏み出せないという方が多いはずです。

しかし、近年では社会全体が転職や回り道を許す風潮になってきました。

おそらく、これからの日本企業は「従業員のことは今までほど手厚く守らないけど、その代わり転職とか副業とか自由にしていいよ」という方へ変わっていくはずです。

また最近の日本政府は外国人労働者を受け入れようとしているほど人材は不足しています。

ですので、自信がないとしてもアラサー(第二新卒から30代前半くらい)のあなたなら結構な可能性があります。

その年代の転職は大丈夫、「すごい高望み」をしなければうまくいきます。むしろ、うまくいくか心配している時間がもったいないほどです。

ただ、転職活動にあたってはいくつか注意も必要です。

転職活動は協力者がいた方が効率的

まず気をつけたいのは「自分に自信がない」といっても、どのくらい自信がないかは人によって異なるということです。

たとえば、Aさんは自分では経歴に自信がないと思っていても、他人から見たらそんなに悪くないという場合があります。

さきほど述べた「高望み」についても人によって高望みのラインは異なります。

少しくらいの高望みなら大丈夫かも?

このように自分の良し悪しや適性は自分だけでは判断しにくいものです。

そこで転職活動においては転職エージェントに協力してもらうことをおすすめします。

転職エージェントはあなたの希望する業界に精通した情報をもち、あなたの転職力(経歴・年齢・スキルなど)に応じて動いてくれるからです。

もし、あなたの自己評価が高すぎると、書類選考の段階ばかりで落ちてしまうなど無駄な時間を過ごしてしまいます。

逆に自己評価が低すぎると転職先では強い不満をもつでしょう。

ですから、転職エージェントを利用して転職活動を合理化した方がよいのです。

また、あなたは自分に自信がないとしても立派な強みをもっているはずです。

こういった強みは伝え方や意欲次第では面接における立派な武器にもなります。

もちろん、挫折経験というネガティブに見られがちな経験でもプラスに換えることはできます。

しかし、一人ではそれを発掘したり、面接官にうまく伝える練習場所に欠けるのでエージェントに頼るべきなのです。

ビジネスマナーや身だしなみは専門的な第三者に見てもらってこそ身につくものなので、ぜひ見てもらいましょう。こういう基本的な要素は面接ではかなり重要です。

あとは当然、転職に意欲をもち、それをうまく面接官に見せる必要があります。

転職エージェントならばあなたの強みを見つけられますし、同時にそれを生かせる仕事も紹介してもらえます。

転職エージェントへの登録は無料であり、そこからの転職支援サービスの利用も無料です。

中には有料のエージェントもいますが、このページで紹介している転職エージェントは無料です。

転職エージェントは、転職者が入社したときに募集先の企業から報酬をもらうという形になっているので転職者の利用は無料なのです。

場合によっては転職エージェント経由の求人を推薦してもらえたり非公開求人がもちかけられるでしょう。

非公開求人とは通常では公開されていない求人を意味します。

非公開求人は、求職者が条件を満たしたり転職サイトに登録したりすると見ることができたり紹介されたりします。

一般に非公開求人は公開求人より魅力的な内容である場合が多いです。そういう求人を公開してしまうと応募者が殺到してしまうため、採用側の企業にとって選考が大変になってしまうからです。

非公開求人の紹介は経歴に自信がない人に対しても行われます。

転職エージェントは自分から積極的に利用しよう

転職エージェントを利用すると非公開求人の紹介に加えて、

  • 提出書類の添削
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 相談全般
  • 企業への応募
  • 企業との条件交渉

などを行ってもらうことができます。

私の知り合いの中には、転職エージェントの親身なサポートによって経歴がそこまでよいわけではないのに大手製造業への転職を成功させた人もいるほどです。

ただ、転職エージェントを利用する際は「受動的に紹介してもらう」というよりも、こちらから「利用してやる」くらいの意気込みのほうが成功しやすいと思います。

面談場所はエージェントの所属先企業のオフィスの個別ルームが多いですが、場合によってはカフェでの出張面談や電話面談にも応じてくれます。

とくに在職しながら転職する方は無駄な時間を使っている余裕はないと思うので、転職活動は合理化した方がいいです。

よくないのは失敗をおそれて行動を先送りしたり時間を無駄に消費することです。そのため「思い立ったが吉日」今すぐ行動しましょう。

ただし、今すぐ活動すべきとはいっても在職中の方は在職のまま転職活動した方がいいでしょう。

仕事を辞めた状態で活動すると「早く転職しないとヤバイ」と考えて、望ましくない仕事に就いてしまう可能性が高まるからです。

転職の1番のメリットは現職以上の職場・待遇にありつける可能性があること、逆に1番のデメリットは現職未満の職場・待遇になってしまうことですから、現職以上の職場・待遇であることは見極めたいものです。

「会社を辞めたいけど言い出せない、あるいは辞めさせてもらえない」という方は退職代行EXITに相談してもよいでしょう。こちらは退職に必要な手続き(担当者への連絡、貸与品の返却、書類の提出や受け取り)を代行するサービスです。「入社したばかり」「出社せずに辞めたい」「懲罰が気になる」といった事情にも対応してくれます。

転職エージェントのデメリット・欠点

転職エージェントの欠点は、たとえ有名企業所属のエージェントだとしても馬が合わない場合があることです。

エージェントにはどうしても当たりハズレや相性の良し悪しはあります。しかし、合わなければ代えてもらえるはずなので、そのときは代えてもらいましょう。

転職エージェントの利用戦略

転職エージェントでさえあれば、転職者はどこの会社のエージェントでもよいかといえば、それはありません。

一般に転職エージェントは

  1. 有名外資や総合商社などハイスペックの人向けのエージェント
  2. 幅広い層に対応するエージェント
  3. 第二新卒やフリーター、ニートなど若くて経験の浅い人を対象とするエージェント

の3種類があり、自分に合った層のエージェントを使うのが正攻法だからです。

このうち1.のエリート向けエージェントは転職力に自信がない方はやめておくべきです。

どんな人でも登録自体はできるはずですが、それなりの転職力がないとエージェントから求人は積極的に紹介されないからです。

この層は世間のごく一部ですから、あてはまらなくてもとくに心配ありません。

次に2.の幅広い層に対応するエージェントについては多くの人にオススメできます。

エージェントの数もかなり多いですが、基本的には実績あふれる大手企業のエージェントがいいです。

3.の新卒以外の若手については、あなたが若いのであれば(基本的には20代)利用する価値は大いにあります。

第二新卒やフリーター・ニートなど若い人はいくらでもやり直しはききます。

このように転職活動においては、自分の転職力や希望に合った転職エージェントを選び、そのもとで書類や面接について正攻法を学ぶしかありません。

そこで次の項目からは2.の幅広い層と3.の新卒以外の若手に対応するエージェントについて紹介していきます。

リクルートエージェントの特徴

まずはリクルートエージェントです。

新卒時にはまず反射的にリクナビに登録したという方は多いでしょう。

その延長で社会人になっても転職するなら、まずはリクナビNEXTに登録してみようと考える人は多いものです。

実際、非公開求人の数は業界最多ですし、対象の年齢層も業種も幅広いです。

このようにリクルートエージェントの対象層は広いため経歴に多少自信がない人でも紹介してもらえる可能性はあります。

エージェントの登録と利用は大卒でも高卒でも大丈夫です。

またリクルートは大手企業だけに全国16もの拠点で土日にも対応した相談を行ってくれます。

エージェントに登録している人は面接力向上セミナーにも無料で参加できます。

入力時間は数分ですので、ぜひこの機会に利用してみてください。

無料登録はこちらから

リクルートエージェント

dodaの特徴

次にdodaです。最近のdodaは成長著しく、さらに転職者の満足度が高いことでも知られています。

エージェントの登録と利用は大卒でも高卒でも大丈夫です。

大手の転職エージェントの中では少し間口が広いという感じがします。

実際、私のような経歴に自信がなかった者でも結構な数のオファーが来ました。

その中にはUターン・Iターン系の転職オファーもかなりありました。

dodaの求人ページは求人PRと求人詳細に分かれている場合が多いです。求人PRとは募集する企業側の自由な体裁で自社の魅力を宣伝するページです。これはネットショップでいうと楽天市場に近い雰囲気です。

一方、求人詳細とはdodaが決めた体裁に沿って示す仕事内容、対象となる人、待遇、会社の売上、選考プロセスなどといった求人の基本項目をいいます。こちらはAmazonのようなシンプルな雰囲気です。

リクナビネクストやマイナビ転職に比べると、そのサイトは求人PR以外は見た目も機能もややシンプルに設計されています。私はこのシンプルさが好きです。

シンプルさや転職者の満足度に惹かれる方は登録してみるとよいと思います。

無料登録はこちらから

doda

JAIC

JAICは、第二新卒(既卒も含む)・大学中退者(20代)や、就職が決まらない大学4年生、20代のフリーター・ニートに合った正社員求人を専門的に紹介しています。

JAICは待遇や職種といった表面的な情報だけでなく、経験豊富なキャリアコーディネーターが職場の雰囲気や働き方なども教えてくれます。

その結果、経歴に強い不安があった20代の多くが正社員に転職・就職できました。

経歴に強い不安があったというのは、入社1年目からの転職とかニート歴数年からの就職といったもの。

その就職成功率は約8割と高い水準で安定しています。

しかしながら、あなたは正社員求人ならどこでもいいわけではないと考えているでしょう。

たとえば転職サポートの募集職種といえば、営業が多いというイメージがあるかもしれませんが、JAICには事務やエンジニア系の募集も多くあります。

もし、やりたい仕事がわからなければ「成長できそうな仕事」という軸で探してもいいでしょう。若いうちに力をつけたらその後の選択肢も広がります。

JAICは外食、投資用不動産、アミューズメント業界など離職率が明らかに高い業界は紹介しません。

一般に転職エージェントは求職者が採用されるほど自分の評価も上がるため、とにかく採用してもらうことだけに尽くすという転職エージェントが一部にいることも事実です。

しかし、JAICでは採用後の定着率も重視しています。

そのため、紹介する企業は求人票に示した条件を守るかも注視しています。

JAICは一定基準をクリアした企業しか紹介しないのです。

また、求職者と相性がよさそうな企業をマッチングさせることにも力を注いでいます。

その成果は採用後の定着率の高さに表れているというわけです。

肝心の就職サポートについては書類の書き方はもちろん、ビジネスマナーや身だしなみといった基本的なことに始まり、企業分析も教えてくれます。

やはり転職活動は、どんな人でも基本的なことができているか否かが合否をわけやすいため、そういった基本はものすごく重要です。

ビジネスマナーや身だしなみは専門的な第三者に見てもらってこそ身につくものなので、ぜひ見てもらいましょう。

JAICは厚生労働省認定の職業紹介優良事業者になるなど丁寧な就職サポート事業は公的にも認められています。

JAICのオフィスは、神田神保町、新宿、池袋、横浜、大阪梅田、名古屋、博多などにありますから名古屋や博多などにお住いの方でも相談できます。

無料登録はこちらから

JAIC

タイトルとURLをコピーしました