どこに住むか迷ったときのチェックポイントを知ろう

転職エージェント【30代におすすめの4選】

転職エージェントの働きぶり 転職

今、あなたは仕事に関して悩んでいませんか?

その悩みはエージェントとともに転職活動を行って合理化すれば解決できる見込みが高いと思います。

なぜなら、かつての私も苦境から転職活動を成功させた経験があるからです。

今回の記事は、

  • 転職エージェントとはどういうサービスなのか
  • 転職エージェントのメリットとデメリットは何なのか
  • 転職エージェントを使うとしたらどのように使うべきか
  • オススメの転職エージェント4選

についてわかりやすく解説していくものです。

最終的にはあなたにとって一番よい選択をしてくださいね。

タイトルは30代向けとなっていますが、20代後半にも普通に通用します。

転職エージェント【30代向けのおすすめ4選】

転職エージェントとは、人材を欲しがっている企業から依頼を受け、それに適した人材(転職者)を企業に紹介するサービス。

転職エージェント

つまり、転職エージェントは人材と会社・職種へのマッチングを積極的に行うサービスといえます。

しかも、転職エージェントへの登録と転職支援サービスの利用は基本的には無料。

転職エージェントは、転職者が入社したときに募集先の企業から報酬をもらうという形になっているので転職者の利用料は無料なのです。

一部には有料のエージェントもありますが、このページの下部に記しているエージェントについては無料です。

転職エージェントがやってくれること

転職エージェントがやってくれるサービス内容は以下のとおり。

  1. メールや電話、面談を通じてのさまざまな求人案件の提示(場合によっては非公開求人が紹介される)
  2. 提出書類の添削
  3. 面接対策
  4. 企業の選考データの開示
  5. スケジュール調整
  6. 企業への応募
  7. 企業との条件交渉
  8. 相談全般

在職中のまま転職する人は無駄な時間を使っている余裕はありませんので、転職活動は合理化した方がいいです。

当サイトも含めてネットで示している転職情報は一般的なものが多い。この点、転職エージェントはあなたの今の状態や希望に沿って展開する個別サービス。
転職エージェントは離職中の方でも利用することができます。まあ一般論でいうと在職中のまま転職活動をした方が心にゆとりがあるため望ましいです。

後日、転職エージェントを私の知り合いにすすめると、その人は経歴がそこまでよいわけではないのに大手自動車会社の総合職に転職することができました。これには内心ちょっとだけ嫉妬したくらいです。

一般に非公開求人は公開求人より魅力的な内容である場合が多いです。

そういう求人を公開してしまうと応募者が殺到し、採用側の企業にとって選考が大変になってしまうからです。

いわゆるブラック企業は、大きめの費用がかかる転職エージェント経由では求人を積極的に出さない傾向がある。
ブラック企業は離職率が高く、せっかく採用したのにすぐに辞められたのでは割に合わないからね。

効率化しよう

転職書類

最近では人材不足感が高まっているため、20代から30代くらいの年代のあなたなら結構な可能性があります。その年代の時間は貴重ですから有効に使いましょう。

もちろん、転職エージェントは女性でも高卒者でも利用できます。

転職すると、精神面と体力面の健康、人間関係、キャリア・スキル、収入、どれも向上する可能性がある。定年を65歳~70歳と考えると、30代だってまだかなり若いよ。

日本には会社が約400万社、そのうち上場企業は約3700社もありますから、あなたにとって相性がよくない会社もあれば相性がよい会社もあります。

一人でそれを判断するのは至難の業ですが、転職エージェントなら、あなたにふさわしい会社をいくつも提示してくれます。

転職エージェントとの付き合い方

転職ノート

エージェントとは好感のもてる態度で接することも重要。

具体的には、

  • 希望をハッキリさせる
  • 履歴書や職務経歴書はきちんと書き込む
  • 身だしなみがきちんとしている
  • メールや電話の返信が早い
  • 連絡が遅い

このあたりができている人は転職成功率も高い傾向があるため、エージェントは積極的になります。

日本人は有能であっても謙虚さを美徳としている場合が多いですが、転職においては意欲や自己PRを積極的に見せた方がいいです。

転職エージェントのデメリット

いろんな職業の人

なお転職エージェントにはデメリットもあります。それはエージェント個人と馬が合わない場合があることです。

たとえば、転職希望者の要望を上手に聞き取ってくれなかったり、上から目線が強い場合もあります。その場合、こちらとしてもストレスがたまったり無駄な労力を使うことになります。

エージェントが大企業所属だとしても人間である以上どうしても当たりハズレや相性の良し悪しはあります。

しかし、エージェントと相性が合わなければ面と向かって申し出なくても別の人に変更してもらえます。これなら気まずくありません。

転職エージェントは利用者に積極的に連絡してくるように、利用者としても転職エージェントを積極的に使いましょう。このあたりは消極的になる必要はありません。

転職希望者の中には「大企業じゃないとイヤ」という人がいるけど、有名ではない会社の中にも優良企業はあるよ。
逆に大企業の中にも不評のところはあるし。企業名だけで選り好みせず調べてみよう。

最終的に選ぶのはあなた

ビジネスマン

転職エージェントの登録への入力時間は1分くらいで終わります。複数登録しても大丈夫です。

あなたにとって一番よい選択をしてください。

おすすめの転職エージェント4選(登録と利用は無料)

 

リクルートエージェント
【求人も求職者も幅広い層をカバー。定番の安心感。】

⇒国内最大手で選考データと実績と非公開求人がとても豊富。総合的には国内No1クラスの実績。


doda

【求人数が多く幅広い層をカバー。高い満足度を誇る。】

⇒国内大手できめ細かい対応に定評あり。地方への転職にも強い。


レバテックキャリア
【IT/Webのエンジニアやクリエイターに特化】
⇒IT/Webだけで4000以上もの求人数。エージェントは最新の技術に詳しく、年収アップの実績多数。各企業の方針や採用ポイントにも詳しい。


JAIC
【34歳までのフリーターやニート、そして第二新卒に特化。】

⇒経歴に自信がない若者でも安心して使えるエージェント。対象年齢は18歳~34歳。求人は一定条件をクリアーしたところしか紹介しません。

タイトルとURLをコピーしました