転職に迷う20代から30代は幸せの要素を分解して検討しよう

仕事の悩みを職場のだれにも相談しづらいときにすぐにできるきこと

スポンサーリンク

仕事上の悩みのはけ口

仕事で何らかの悩みをもっている人は多いはず。というか、仕事に関していささかの悩みももっていない人なんて存在するんでしょうか。

おそらくいないでしょう。

しかし、その悩みを他人に話せるかに関しては人によって結構わかれるところだと思います。

基本的には他人に話せない悩みの方が深刻でしょう。他人には簡単に話せない事情があると、吐き出せない分、ストレスも大きくなりやすいです。

とくに男性だと弱いところを他人にさらけ出したくない人も多いはず。

今回はこういった悩みを軽くする方法や考え方を示してまいります。

悩みは完全に消せないが緩和することはできる

まずは悩みを紙に書き出してみましょう。それは悩みを完全に解決するとまではいきまんせんがストレスを和らげる効果があることが知られています。

ここでは逆に仕事に関してポジティブなこともメモしましょう。悩みというネガティブなことばかりを書き連ねると自分がダメ人間みたいに見えてくるからです。

ポジティブとは「自分はこの分野に関してはうまくできる」「同僚からは評判がよくなくても顧客からは褒められた」などちょっとしたことで構いません。

大丈夫、どんな人でもかならずよいところはあります(悪いところもかならずあります)。人間のよいところとダメなところは表裏一体だからです。完ぺきな人間など存在しません。

たとえば、傷つきやすい性格というのは、それだけよく気がつく感受性の強い性格といえます。

しかし、過去や未来について必要以上に思いをめぐらせて重荷を背負うのはやめましょう。

自分を過剰に裁いたり攻めたりすると前に進めなくなるからです。

もしかしたら、あなたの悩みははささいなこと、あるいは思い込みかもしれません。

もし職場の人間関係の悩みなら、だれからも好かれようとしない、よい人ばかりを演じようとしないことが重要です。自分にも他人にも完ぺきを求めなければ、気分は楽になるというものです。

そこでは、たとえば嫌な飲み会や休日行事などは断る勇気をもちましょう。

負けず嫌いの精神で突っ走る

なお負けず嫌いタイプの人は、そのマイナスを置き去りにするくらい頑張って悩みを忘れるというのもありです。

とくに自分の力でどうにもならないことは悩んでも意味がありません。

自分にできることから始めましょう。

長めの風呂と睡眠でストレス解消

「また明日から頑張んなきゃならない」という日はなるべく早く風呂に入ってすぐに寝ましょう。長めの睡眠はストレス解消になります。

体中の力を抜いて、最後に頭を空っぽにすれば、仕事の疲れもぐっすり眠れるでしょう。

それでもダメなら転職して環境を変えるべし

おそらく、こういったページを見てくれている人は優しい人だと思います。

にもかかわらず、どうしようもないほど職場が優しくないのだとすれば、転職して環境を変えるのもありだと思います。

私もかつて変えたことがあります。それは逃げではなく前向きな選択です。

その体験談は下に記してありますので参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました