転職に迷う20代から30代は幸せの要素を分解して検討しよう

なぜ銀行員や商社マンは出向させられるのか

銀行員の出向 ビジネス
スポンサーリンク

大手の銀行員や商社マンは出向する理由

大手の銀行や商社といえば就活生から人気があり、また高給で世間体もよい就職先として知られています。

とくに大手の銀行は新卒を多めに採る傾向があります。

しかしというか当然というべきか、こういった企業は入社時の採用区分や20代の実績によって20代後半には出世コースに乗れるかどうかが決まっています。

そのため、社員の多くには出向や転籍が待ち受けています。

今回はこちらについて解説します。

そういう名門企業の採用は身辺調査を行うという噂もあるけどハッキリしていない。

会社がピラミッド型組織であるがゆえの異動

会社の役職ピラミッド

そもそも上の画像のように一般に会社というのはピラミッド型の組織です。

つまり、組織の上に行くほど担当する人数が少ないのです。

そのため、人数を過剰に抱える大手企業でそれなりの年齢になっても出世コースに乗れていない人は取引先やグループ会社への出向や転籍が迫られるのです。

出向とは、業務命令によって自分の所属する企業以外の企業や役所で働くこと。

さらに転籍とは、現在所属する企業との雇用関係を終わらせて、新たに別の企業や役所に雇われること。

一般に出向や転籍においては年収が下がる傾向にあります。それは銀行にとっては人件費の削減を意味するので合理的ですが、させられる側にとってはネガティブにとらえられがちです。

しかし、出向や転籍は社員を外部でスキルアップさせるために行われる場合もあります。

とくに大きな企業や官庁に若手で出向したら、本体から期待されているといえます。

そこでは企業の融資や資金調達、決済などを担当することで成長できるはずです。また取引先との仲も深まります。

本体とグループ会社・取引先との関係

一般に大手企業の本体には優秀な人物が採用されるものです。

しかし、そのすべてを本体で雇用し続けられず、また外部の会社に放り出すのももったいないので本体の関連会社へ異動させるわけです。

大手企業の本体で中年になると外部の会社に放り出すという慣習が定着すると、新卒時に有能な人材が集まらない。そこで次善策としてグループ会社や取引先にそれなりに高い待遇で雇用させるのだ。

また銀行の取引先企業が銀行の人材を受け入れると、資金繰りに関してその銀行からはそう簡単に見捨てられません。そのため、銀行から出向してきた人材に支払う給料は高めだとしても受け入れるだけの価値があります。

銀行や商社に限らず新卒時に本体の総合職に有能な人材をたくさん集めて、彼らが30代~40代に達したらグループ会社の管理職や幹部に異動させるなんていうのは日本企業によく見られます。

つまり、新卒時において本体の会社は優秀な人材を集める装置として機能し、やがてそれを身内に振り分けるわけです。

銀行の今後

しかし、最近の銀行業務はオンライン化と自動化がすすんでいます。これによって社員が余ってきているのです。

こういった余剰社員や銀行の将来に明るさを見出せなくなった社員のなかには、出向や転籍という命令ではなく自主的に早い段階で銀行を辞める人も増えています。

おそらく、今後の銀行は新卒で採用する人材を減らす動きが続くと見られます。

タイトルとURLをコピーしました