当サイト「社会の杜」のおすすめ記事のまとめ

商業出版の基本知識とそこに至るまでの道をまとめてみた【実体験】

高校生からわかる社会科学の基礎知識 ビジネス
スポンサーリンク

商業出版の経験からいえること

私は特別なコネもない状態から商業出版を果たしました。

その経験からいえる商業出版の概要をまとめました。

自費出版の意味

まず自費出版との違いですが、これはとても簡単です。

自費出版は、その名のとおり出版に関する費用を自分で負担して出版することです。

流通費用も支払えば自費出版の本でも一般の書店にも置いてもらえます。もっとお金を支払えば平積みにしてもらうことだってできます。

それは「割に合わない可能性が高い」ですが、お金次第で出版できてしまうことは確かです。

ただし、自費出版の本でも出版前には本文で違法行為をすすめていないかなど最低限のチェックはなされます。

ここで「割に合わない可能性が高い」という言葉が目にとまった方は多いと思います。

そう、自費出版は割に合わない可能性が高いです。

もし、割に合う本であれば商業出版してもらえるはずだからです。

商業出版をあきらめた本が自費出版されて、それが大ヒットしたというパターンもありますが、それはかなりのレアケースです。

商業出版の意味

そもそも商業出版とは、出版物の製作・流通・販促などに関する費用は出版社が負担する体系を意味します。

作者は、執筆時間や取材費用は自分で負担するとしても、出版物の製作・流通・販促などに関する費用を負担しないのです。

商業出版における出版社の負担額は1企画あたり数百万円といわれます。ですから、出版社が著者や企画の選定に慎重になるのは当たり前です。

商業出版はそれなりに難関ですから、ひとたび出版実績がつくと、売上は大したことがなくても、プロフィールに箔がついたり、その後のビジネスがしやすくなったりします。

ネット時代の現代でもその傾向はまだ続いています。

コンサルタントや出版サービス会社などに大金を支払えば商業出版はできなくはない。でも、そこまでお金を著者が負担してしまうと実質的には自費出版と変わらない…

商業出版への道

次に気になるのが、どうやったら商業出版できるのかということでしょう。

これはまず、マンガとフィクション(小説)とノンフィクション(政治経済・実用書など)にわけて考えるべきです。

というのも、初の出版であれば、マンガは出版社への持ち込みとコンテスト、フィクションはコンテスト、ノンフィクションは企画公募がそれぞれ主流になっているからです。

よくマンガ雑誌には「第〇回〇〇賞受賞作」という作品や「〇〇賞へ応募しませんか」という広告があるように、マンガ家のデビューはコンテストと出版社への持ち込みが主流です。

ノンフィクションの本は企画概要と短めのサンプル原稿と著者プロフィールの時点でどんな本かは大体わかりますが、マンガや小説はあらすじだけではよくわかりません。

とくにマンガは、ストーリーだけでなく絵や構成、セリフのセンスなども重要ですから、コンテスト形式で審査が行われやすいです。

1回目の出版で実績がある人の2回目以降の出版や、出版実績は1度もないけれども有名人で出版物が売れそうだという場合はフィクションでもノンフィクションでも出版社の側からオファーが来ます。

中にはブログを書いていたら、こちらからアプローチしていないのに出版社からお呼びがかかったというパターンも聞き及びます。

この種のオファーは本当のオファーである場合と、詐欺めいた自費出版や情報商材の場合がある。

フィクションとその作家の性質

以上のようにマンガおよびフィクションはコンテスト形式が主流です(マンガは出版社への持ち込みから発展する場合もあり)。

フィクションは作者の想像力次第で何でも書けます。現実では禁じられている殺人や賭博、あるいは現実には起こりえない魔法や超常現象など何を書いてもOKです。

出版社による自主規制はあります。また少年誌と大人向けでは表現に差があります。

また、マンガは面白かったり絵がうまければ作者の経歴などはあまり見ないものです。

マンガは、作者の経歴は関係なく作品が面白ければ(売れれば)それでOKという世界だといえます。

マンガは実力主義の度合いが強い世界。実績のある有名な漫画家が描いた作品でも、人気がないと短期間で連載があっさりと打ち切られる。
一般にマンガ家や小説家はペンネームを使うとともに顔も出したがりません。
これは

  • 個人情報を明かしたくない
  • 作品のイメージを壊したくない
  • 表現したり売り込みたいのは自分ではなく作品
  • 恥ずかしい

といった理由があります。

ノンフィクション本とその作家の性質

一方、ノンフィクションは現実に合わせて書かなければなりませんし、著作物には作者のプロフィールも書かなければなりません。

というか、ノンフィクションは学者や実務家が出す場合が多いですから、現実のビジネスや実績に役立てるためにはペンネームよりも本名の方が都合がいいでしょう。

実際、ノンフィクション本の企画審査では「この人は執筆に値する人か、読者が著者のプロフィールを見たときに説得力を感じるか」などプロフィールや実績もかなりチェックされます。

ノンフィクション本はプロフィールが大事であるがゆえに、作者のプロフィールは有名芸能人だけれども、実はゴーストライターが書いた自伝だったという場合もあったりする。まあ小説でも芸能人が書いたからこそ売れた作品もあるけど。

そのためノンフィクション本の出版希望者は実績を磨くとともに、出版社に企画書を送るのが正攻法です。

ただし、出版社の編集者はほぼ例外なく忙しいうえに、日々いろんな企画書が送られてきますから一つ一つをゆっくり審査できません。

そこでノンフィクションの出版企画書を送る場合、そのあたりに配慮した企画のまとめ方が必要です。そうでないと社内会議にかけられる前の段階でシュレッダー行きです。

出版希望者から見るとそれは「冷たい行為」に映りそうですが、出版社も営利企業で利益を上げないとつぶれますから、ある程度仕方がありません。

ただし、日本には数百もの出版社がありますから、あっちの出版社はダメだったけど、こっちではデビューできたというパターンもあります。ですから粘り強さも必要です。

ノンフィクション本の作者は大きな実績があると、過去に使った題材を使いまわしたりする。それによって生き延びている人・出版社もいる。

企画書に書くべき内容

具体的に企画書には書くべき項目は以下のとおりです。

  • 書名案
  • 企画概要
  • 類書
  • 理由背景
  • 著者プロフィールと実績
  • ターゲット層
  • 構成案(もくじなど)
  • 工夫点(著者として協力できる点)
  • 連絡先、SNS、運営サイト、住所など

まず書名案についてはあくまで仮のものです。書名・本のタイトルは本の売上にとって大きな比重を占めるので、企画がとおったとしても最終的には出版社が決めるのが普通です。

次に企画概要と類書は2つのパターンが考えられます。まず1つ目はすでに類書が多数ある分野に切り込んでいくこと、もう一つは類書がほとんどないような独自性の高い分野に切り込んでいくことです。

どちらがよいかといえば、プロフィールや実績に自信があれば類書が多数ある分野に乗り込んでいっても売上が見込めると判断されやすいです。

逆にプロフィールや実績に自信がないのであれば、独自性の高い分野に切り込んでいく方がよいかもしれません。私はこちらのパターンです。

あと、企画概要と理由背景については独りよがりにならない方がいいです。

というのも、作者がどんなに内容がよいと思っていても、読者目線で考えたときに売れると思われないと出版社は及び腰になってしまうからです。

企画書は、企画概要・理由背景と著者のプロフィールが大きな位置を占めるため、他の要素では差がつきにくいです。

企画書を送る

次に出版社に企画書を送ります。

このとき重要なのは、あなたが送ろうとしている企画書の内容と、出版社が対象としている領域を合わせなくてはならないということです。

極端な話、児童書ばかりを出版している出版社にビジネス書の企画書を送ってもほとんど意味がありません。

ですから、都内すべての出版社に企画書を送るべきではありません。というか最悪の場合、企画書を迷惑な形で送る人としてブラックリストに入れられてしまいますから、最低限のマナーは守るべきです。

講談社、小学館、集英社といった大手出版社に企画書を送りたいという人もいるでしょう。確かに大手は幅広いジャンルを出版していますが、著者に求めるプロフィール水準も高い場合が多いです。

また大手出版社といっても苦手なジャンルはあります。ですから、中小の出版社にも送るのが普通です。

昨今は電子メールでも企画応募を受け付けている出版社もあります。

ただし、電子メールの添付ファイルで企画書を送る場合は、出版社がウェブ上に公募アドレス(公募窓口)を設置していないと迷惑がられる可能性が高いですから注意しましょう。

なお同時期に同じ企画を複数の出版社に売り込むことは基本的には問題ありません。

当たり前ですが、ボツになった企画をふたたび同じ出版社に送るとか、他人の企画の明らかなパクリはいけません。

企画のたまご屋さんについて

最後に、商業出版をめざして企画書を送るのなら「企画のたまご屋さん」というサイトを利用するのも一つの手です。

こちらの利用料は出版に至った場合に印税のうち30%を支払うという体系です。出版に至らなければ費用を支払う必要がないのです。

フィクションも扱っていますが、ノンフィクションの方が通りやすいようです。

ちなみに私はこの「企画のたまご屋さん」のエントリーに落ちてから、その企画をいくつもの出版社に持ち込んでみました。

念入りにつくった企画書をいくつも出版社に送ると、たまに興味をもってくれる出版社が出てきます。このときの連絡はメールや電話で行われます。

ただし、その段階はあくまで「興味」にすぎないので最終的には「契約」に持ち込むことが重要です。

具体的には出版社の担当者と会ったりメールで交渉したりして、自分と企画によい印象をもってもらいましょう。

しかし、もし担当者によい印象をもってもらえたとしても、契約を結ぶには会社の会議で了承されなければなりません。

こればかりは祈るしかありません。

もし落ちたとしても、その企画書をさらに別の出版社に送るとか、別の企画を送るといったことも可能です。

このあたりは忍耐力や根性も必要です。

出版は執筆にしても契約にしても試行錯誤が重要だといえます。

タイトルとURLをコピーしました