訳アリの食品や日用品を安く買って社会貢献しよう

SEOにいう内部対策と外部対策の戦略はビジネスにも役立つ

SEO対策に励む人 ビジネス

社会現象もSEOも内部要因と外部要因にわけて考えてみよう

社会における事象の過程や結果を考察する際には、内部対策と外部対策について分析してみると役立つことがあります。

これはSEOが参考になります。

SEOとは、検索エンジン最適化という意味。要するにWebページを検索結果の上位に表示させること。ここでヘマをやらかすと検索エンジン(とくにGoogle)からペナルティを受けるよ。SEOはネット運営を生業とする会社にとってメチャクチャ重要。

SEOには外部対策と内部対策がある

SEOは外部対策と内部対策に大別できます。

外部対策として代表的なのは「被リンク」と「ディレクトリ登録」です。

被リンクとは、他サイトから自分のサイトに対するリンクを意味します。

被リンクは自身のサイト・ページに対する人気投票のようなもので、自然なリンクもあれば業者に頼んで増やす意図的な被リンクもあります。

ここでリンクを業者から大量に購入したり、自作自演が過ぎるとペナルティーを受けます。

少しの自演なら大丈夫という説が有力。

逆に評価が高いのは政府機関や大手企業のサイト、有名ブロガーなど権威あるサイトからの自発的なリンクです。こういう方々からはそう簡単にはリンクがもらえません。

というか政府機関は、個人運営の営利サイトにリンクをつけると不公平だと文句をいわれるため、営利サイトに対するリンクは難しいものがあります。

なおディレクトリ登録とは、YahooカテゴリやDMOZなど様々なサイトを区分けしてリンクしているページに登録してもらうことです。

当然、登録しやすいディレクトリほど検索エンジンからの評価は低く、登録しにくいディレクトリほど検索エンジンからの評価は高い傾向があります。

外部リンクは他人任せの部分が大きくなる

ここで鋭い方は、サイト運営者にとって外部要因はコントロールしにくい一方で内部要因は変えやすいと気付かれたことでしょう。

被リンクとディレクトリ登録については、自演型の方法もありますが、基本は他サイトに任せるしかありません。

他人任せの被リンクというのは自演や購入によって強引にリンクを設置するのではなく、自分自身でサイトの魅力を高めて他人に自発的にリンクをつけてもらうという形だ。
営業マンの戦略にもプッシュとプルがあるね。プッシュは商品を積極的に売り込むこと、プルは自社と自分の魅力を高めて顧客の方からアプローチしてもらう形。

外部対策としてのSEOは、Googleのアルゴリズムが日々微妙に変動しているため正確なことは分からないのですが、とにかくサイト運営者がコントロールしにくい領域であることは確かです。

内部対策は自分でできる

他方、内部対策としては「コンテンツの充実」と「HTMLを正しく書いてクローラーに読み取ってもらいやすくすること」などがあります。

客観的に見て内部対策はサイト運営者にとって実施しやすい領域です。

「コンテンツの充実」はサイト運営者にとっての使命であり生命線です。これは文章を自力で魅力的に仕上げたり、オリジナルの画像や図表を数多く使うことです。

ウェブにおいては引用はOKだけどパクリはダメ。これは出版、論文、レポートなどでも同じ。

「HTMLを正しく書いてクローラーに読み取ってもらいやすくすること」とは、Webで文章を書く人はWebの文法を意識すべきだということです。

というのもWebにおいては独自の文法があって、人間にとっては同じに見える文章でも、それを読み取るコンピュータにとっては違う形で見えているのです。

具体的には、見出し、段落、文章の長さ、キーワードの頻度、強調語句の頻度、スペース(空白)などをコンピュータが読み取りやすいように書かないと検索エンジンからの評価が下がってしまうのです。

これはWebページを閲覧しているときに、右クリックしてソースを表示させるか、ブラウザの上部にある「表示」部分でソースを表示させたときに見えるアルファベットと記号だらけの文章を正しく書くべきだということです。

HTMLの改善はソフトや診断サイトを使えばそんなに難しいものではありませんが、意外とおろそかにしている方は多いです。

この点、SEOの内部対策を頑張ると、コンテンツの充実に伴う訪問者からの評価上昇⇒HTMLの正しさに伴う検索エンジンからの評価上昇⇒訪問者の増大という図式が成り立ちます。

つまり、自身の内部要因を充実させると外部からの評価が高まるわけです。

SEOの内部対策は被リンクと違って即効性に欠けるのですが、着実な成果が期待できるのです。

SEOは、外部と内部を分けて考えるというよりは、良好な循環を生み出すことに重きを置く方がよいのかもしれません。

内部要因の充実は外部要因の充実につながる

内部要因と外部要因の発想は政治経済にも応用できます。

たとえば、外部要因である景気や政策については一個人では到底コントロールできませんが、内部要因である自分自身の能力や行動、気持ちについては、ある程度変えられます。

個人はこれを意識すると、政治経済に対する見方や身の置き方が良い方向に変わるはずです。

タイトルとURLをコピーしました