社会の杜

トップページ > ビジネス:目次 > ビジネス:傘に対する感覚は仕事や財産と相関がある?

傘に対する感覚は仕事や財産と相関がある?

ビニール傘をなるべく買わない


私は、外出時に偶然にも傘を持ち合わせていなかったときに雨が降ってきた場合を除いて、ビニール傘を買わないことにしています。

和傘ビニール傘の中には一本数千円もする高級品もありますが、基本的には安っぽいですし、その安っぽさも積み重ねれば、一本の堅牢な傘を購入するよりも高くつくからです。また強風雨が過ぎ去った後、ビニール傘が路上に放置されている風景が嫌いだからです。ビニール傘は耐久性や愛着心に欠けるので、壊れても修理せずゴミと化しやすい商品といえます。

金持ちは管理能力やセンスが優れている?


推測の域を出ませんが、金持ちはビニール傘に頼る率が低いはずです。金持ちは美意識に欠ける安っぽい傘を使いたがらないということもありますが、金持ちは管理能力やセンスも優れているということも影響しているでしょう。

ただ、現代の場合はセンスや管理能力云々に関係なく、高価な傘を盗まれたり置き忘れたりするのが嫌だからビニール傘に頼るということも影響しているのでしょう。しかしながら、それらも含めて物に対するセンスや管理能力が問われているのかもしれません。

ビニール傘に頼る習慣をやめたところで金持ちになれるわけではありませんが、傘一本の扱い方を見つめ直すと世界が少し変わるかもしれませんよ。
※私自身は今のところ金持ちではありません。



はてなブックマークに追加 

サイトマップ   ウェブサイト運営目的

スポンサード リンク