社会の杜

トップページ > ビジネス:目次 > ビジネス:回転寿司店を取り巻く葛藤

回転寿司店を取り巻く葛藤

回転寿司店で注文を繰り返すことは合理的?


先日、『マツコ&有吉の怒り新党』というテレビ番組で「回転寿司店で流れている皿を取らず注文ばかりしている人に疑問をおぼえる。注文ばかりしているのなら回転寿司店に行く意味はない」という意見が取り上げられていました。

寿司冷静に考えると、同じ価格の商品なら、時間が経っている商品を取るよりも新鮮な商品を頼む方が合理的です。味覚が確かなら、あるいはあらためて注文する商品の方が必ず美味しいという思い込みがあれば、新鮮な商品の方が効用は高いに決まっています。

合理性を優先するか、倫理観を優先するか


しかし、それは経済的には合理的でも、人としてどうなのか。倫理的には自分の食べたい物が既に回っていれば、そちらを優先するべきだと考える人もいるでしょう。

その是非は難しいところです。




はてなブックマークに追加 

サイトマップ   ウェブサイト運営目的

スポンサード リンク