社会の杜

トップページ > ビジネス:目次 > ビジネス:ITが効率化してきた一昔前と介在している現在

ITが効率化してきた一昔前と介在している現在

ITの性質は変化している


IT(情報技術)といえば、一昔前までコスト削減の手段としての色彩が強いものでした。人間が行っていた業務について、ITを通じて効率化させることでコストを削減してきたのです。

情報と文明しかし現在では、効率化としての側面もなお強いものの、ITを通じて人と人をつなげるとか、人と技術を画期的な形でつなげることで新たな可能性を創出するといった媒介としての面が強まっています。

いわゆるSNSは人々の間にシェアという価値観を根付かせ、他者との結び付きの機会を希薄ながらも増やしました。また、Youtubeやニコニコ動画に象徴されるように、違法なモノを含めて無料で利用できるコンテンツが増えました。

価格比較サイトにアクセスすれば、誰もが全国の小売店や飲食店の情報を一瞬にして得られます。

現代の情報や文明を振り返る


ITの成果は数値化できるので、人はITによって得られた時間や費用を明確に評価できます。
しかし、時間や費用を多分に節約できたところで、それで人生や企業経営がバラ色になるかといえば、そうでもないでしょう。現代人はITの成果を今一つ振り返ってみる必要があるわけです。

とくに現代の日本はモノも情報も大変に豊富なので、ITの成果を振り返りたい人や今までと違った刺激を受けたい日本人は、それらが不足している中近東やアフリカあたりに出かけるべきなのかもしれません。




はてなブックマークに追加 

サイトマップ   ウェブサイト運営目的

スポンサード リンク